仮想ルーター

vRX新製品

ヤマハハードウェアルーターの機能・性能を仮想環境上でも
仮想ルーター「vRX」登場
対応仮想環境:Amazon EC2, VMware ESXi


  • 仮想環境上でも柔軟なネットワーク設計が可能
  • 複雑なネットワークをかんたんに構築可能
  • テレワークに最適なセンタールーターとしても利用可能
  • 1台の仮想マシンサーバー上で多数の『vRX』を動作可能
  • 2021年1月、VMware ESXi版『vRX』登場予定
 

vRX とは?

『vRX』は、これまでハードウェアとして提供してきたヤマハルーターの標準的な機能を搭載したソフトウェアルーターです。従来のハードウェア型ヤマハルーターとソフトウェアの大半を共通化しており、高い評価を得ていた機能をそのまま使うことで、さらに柔軟なネットワーク構築を可能にします。

『vRX』には、Amazon EC2で動作するAmazon Web Services(AWS)版と、ローカル仮想化プラットフォーム上で動作するVMware ESXi版の2種類があり、クラウド・オンプレミス(自社運用型)の両方の仮想環境でご利用いただけます。

『vRX』の導入によって、企業ネットワークをかんたんに仮想化し、多様な環境に存在するネットワーク同士をヤマハルーターだけで安定的にかつ確実に相互接続できるようになります。

『vRX』は、従来のハードウェア型ヤマハルーターと共通のコマンド体系ですので、ハードウェア型ヤマハルーターで培った設定ノウハウを活かしたネットワーク構築が可能です。

※AWSは、Amazon Web Services, Inc. が提供するクラウドコンピューティングサービスです。
※VMware ESXiは、VMware, Inc. が提供する仮想化プラットフォームです。

仮想環境上でも柔軟なネットワーク設計が可能・複雑なネットワークをかんたんに構築可能

複数の物理拠点、あるいは複数のAmazon Virtual Private Cloud(以下、VPC)を相互に接続するなど、複雑なネットワーク構成もかんたんに構築できます。
(AWS版の場合)

・テレワークに最適なセンタールーターとしても利用可能

高いスケーラビリティが必要なテレワーク用VPNの収容に最適なセンタールーターとして利用可能です。テレワークの導入で、在宅勤務者によるスマートフォンやPCからのリモートアクセスVPNの同時接続数が増加した場合、ハードウェアルーターを買い替えることなく、ライセンスを買い足すだけでVPN対地数を拡張することができます。

・1台の仮想マシンサーバー上で多数の『vRX』を動作可能

1台の仮想マシンサーバー上で複数の『vRX』を動作させ、拠点や業務システムごとに専用の仮想ネットワークを構築することで、セキュリティー向上や運用負荷の軽減を実現します。また、個々の『vRX』に独立したルーティングテーブルを保持できる構成のため、拠点や業務システムごとに独立した経路制御を行うことも可能です。
(VMware ESXi版の場合)

ルーターを仮想化することのメリット・スケーラブルなスペック選定

『vRX』を動作させているインスタンスタイプ/マシンの性能次第で、速度やVPN対地数といったスペックを目的のネットワーク規模に応じて自由に拡張できます。マシン選定の際の目安となる性能指標は、発売に合わせて順次公開する予定です。

スケーラブルなスペック選定例

・マネジメント用コンソール/サーバ管理ソフトウェアからの一元管理

『vRX』も、仮想化プラットフォーム上で1台の仮想マシンとして動作しますので、AWS マネジメントコンソール/VMware vCenter Serverから各種サーバーと同じく一元管理できます。

Amazon Web Services(AWS)のコンソール画面

参考資料

利用規約 [PDF:827KB]
Amazon Web Services(AWS)版『vRX』の利用規約です。

利用規約 [PDF:542KB]
VMware ESXi版『vRX』の利用規約です。

 

仮想ルーター『vRX』トライアルライセンスのご案内

仮想ルーター『vRX』を本格利用前に20日間まで無償でお試しになれる「トライアルライセンス」のWeb申請ページが開設されましたのでご案内いたします。

品名 品番 ライセンス価格 有効期間
vRX基本ライセンストライアル版 vRX-TR-B1 無料 最大20日間
vRXオプションライセンスVPNトライアル版 vRX-TR-V1 無料 vRX-TR-B1が有効な間

※Amazon Web Services(AWS)版『vRX』をご利用される場合、アマゾン ウェブ サービス(AWS)のAWSアカウントとAmazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) 、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) の環境の作成、設定が必要です。
※VMware ESXi版『vRX』をご利用される場合、VMware ESXiのインストール、仮想マシンおよび仮想ネットワークの作成が必要です。
※トライアルライセンスは、Amazon Web Services(AWS)版『vRX』とVMware ESXi版『vRX』をそれぞれお試しいただけるよう、1回のユーザー登録につき1度ずつ配布します。
※ VMware ESXi版『vRX』のトライアルライセンスは、2021年1月提供開始予定です。
※トライアルライセンスの速度は10G bit/s、VPN対地数は100となります。

ぜひこの機会に、仮想ルーター『vRX』の魅力的な機能を存分にお試しください。

 


メール

ご相談・お問い合わせ