仮想ルーター

vRX新製品

ヤマハハードウェアルーターの機能・性能をクラウド上でも
仮想ルーター「vRX」登場


  • クラウド上でも柔軟なネットワーク設計が可能
  • 複雑なネットワークをかんたんに構築可能
  • スマホやタブレットとも直接VPN接続可能
  • ヤマハルーターの設定ノウハウを継承
 

Amazon Web Services(AWS)版仕様

動作保証対象となるEC2インスタンスタイプと各インスタンスの仕様は以下の通りです。

EC2名 速度 CPU数 メモリ
t3.medium 5G bit/s 2 4G
C5.large 10G bit/s 2 4G
C5.xlarge 10G bit/s 4 8G

発売開始時の仕様(C5.xlargeを選択した場合)は以下の通りです。

C5.xlargeを選択した場合のvRXの仕様 最大値
LANインタフェース数 4
IPv4スループット 20 Gbit/s
IPsecスループット 2 Gbit/s
VPN対地数(IPsec) 6,000
VPN対地数(マルチポイントトンネル) 100
VPN対地数(L2TP/IPsec) 1,000
VPN対地数(最大設定可能数) 6,000

※インスタンスタイプにより、発揮できる性能が異なります。
※必要なVPN対地数や速度に応じたライセンスの購入が必要です。
※スループット値は、RFC2544に準じた測定値(NATなし、フィルターなし、双方向)です。
※本スペックは発売時には変更される可能性があります。