Oracle Cloud Infrastructure Classicの仮想ネットワーク(IPsec)を設定する

本設定例では、IPsecトンネル機能を使用しています。

本機能の対応機種は、RTX5000RTX3500RTX1210RTX830NVR700Wです。

構成図

ヤマハルーター(以降、ルーター)とVPN接続するための、Oracle Cloud Infrastructure Classic(以降、OCI Classic)の設定手順を紹介します。

OCI Classicの設定を行う前に、ルーターの以下の情報をご準備ください。

  • WAN側アドレスとして使用する固定グローバルIPアドレス
  • LAN側ネットワークアドレス(192.168.100.0/24)

本設定例について

  • OCI Classicの仮想ネットワークとの接続を保証するものではありません。
  • 2019年2月11日現在の仕様に基づいて記載しています。確認しているファームウェアは下記のとおりです。今後、サービス内容の変更や、仕様変更などによって接続できなくなる可能性があります。
    RTX5000 Rev.14.00.26
    RTX3500 Rev.14.00.26
    RTX1210 Rev.14.01.28
    RTX830 Rev.15.02.03
    NVR700W Rev.15.00.14
  • OCI Classicに関する情報および設定方法については、日本オラクル株式会社にお問い合わせください。
  • 下記の設定手順は、Windows 10、Internet Explorer 11 で表示した画面を使用しています。

OCI Classicの設定例

Instanceを作成する

1. OCI Classic にログインします。
    ※このとき、「User ID」と「Identity Domain」が正しく選択されていることを確認してください。

説明画像

2.「Compute Classic」をクリックします。

説明画像

3.「Open Service Console」をクリックします。

説明画像

4.「Instances」タブの「Create Instance」をクリックします。

説明画像

5. 必要事項を入力して、「Download」をクリックします。

Instance Name 任意の設定名
SSH Key Enter New SSH Key name
説明画像

6. ダウンロードしたファイルは、適宜、PCに保存します。

説明画像

7.「Create」ボタンをクリックします。

説明画像

8. 作成したInstanceが表示されていることを確認します。これでInstanceの設定は完了です。

説明画像

Networkを作成する

1.「Network」タブをクリックします。

説明画像

2.「IP Network」 > 「IP Networks」をクリックします。

説明画像

3.「Create IP Network」をクリックします。

説明画像

4. 必要事項を入力して、「Create」をクリックします。

Name 任意の設定名
IP Address Prefix 10.1.0.0/24
説明画像

5. 作成したIP Networksが表示されていることを確認します。

説明画像

6.「Virtual NIC Sets」をクリックします。

説明画像

7. vNICsetが作成されていることを確認します。

説明画像

VPNaaSを作成する

1.「VPN」 > 「VPNaaS」 > 「VPN Connections」をクリックします。

説明画像

2.「Create VPN Connection」をクリックします。

説明画像

3. 必要事項を入力して、「Create」をクリックします。

Name 任意の設定名
IP Network 上の手順(「Networkを作成する」の手順4.)で作成した設定名を選択
vNICsets 上の手順(「Networkを作成する」の手順7.)で確認した設定名を選択
Customer Gateway ルーターのWAN側IPアドレス
Customer Reachable Routes 192.168.100.0/24
Pre-shared Key 事前共有鍵 (ルーターにも同じ文字列を設定)
Specify Phase 1 IKE Proposal チェックを入れる
Specify Phase 1 IKE Proposal > IKE DH Group 5
Specify Phase 2 ESP Proposal チェックを入れる
説明画像

4. 作成したVPN Connectionsが表示され、その「Public IP」にグローバルIPアドレスが表示されることを確認します。

説明画像

5. 接続先のルーターの設定が正常に完了すると、以下のようにVPNトンネルがUPします。

説明画像

以上で、OCI Classicの設定は完了です。

続けてルーターの設定を行う場合は、こちらをご覧ください。
なお、ルーターがNAT boxの下にある場合の設定は、こちらをご覧ください。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。