高速回線(光ファイバー)を利用する : Web GUI設定

管理番号:YMHRT-3991

本機能の対応機種は、RTX1210RTX1200RTX830RTX810NVR700WNVR510NVR500FWX120です。

図 インターネットを利用する基本的な構成

インターネットを利用する基本的な構成です。
ヤマハルーターを使えば、FTTH(光ファイバー)回線等を使用した高速通信が可能です。
ファイアウォール機能が、インターネットからの不正な侵入を防ぎ、安全なネットワークを実現します。

光回線に接続するためには、別途ONUが必要です。
NVR700WとNVR510は、本体のONUポートに小型ONUを装着することで、光回線に接続できます。

設定を行った場合に追加されるIPフィルターについては、Web GUI「プロバイダー接続」で設定されるIPフィルターの解説をご覧ください。

本機能の対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
RTX1210 RTX830 NVR700W NVR510 Web GUI設定例  

ルーターの設定例

下記の設定(Config)を取り出すことができます。

インターネット接続設定

1. ルーターの設定画面を開きます。

図 ルータートップページ1

2.「かんたん設定」をクリックします。

図 ルータートップページ2

3.「プロバイダー接続」をクリックします。

図 プロバイダー接続画面1

4.「新規」をクリックします。

図 プロバイダー接続画面2

5.「LAN2」が選択されていることを確認して、「次へ」をクリックします。
  RTX830, NVR700W, NVR510の場合は、「WAN」が選択されていることを確認してください。

図 プロバイダー接続画面3

6. ブロードバンド回線自動判別の表示を確認して、「次へ」をクリックします。

図 プロバイダー接続画面4

7.「PPPoE 接続」を選択して、「次へ」をクリックします。

図 プロバイダー接続画面5

8. プロバイダーへの接続情報を入力して、「次へ」をクリックします。

設定名 任意の設定名
ユーザーID プロバイダーから指定された接続用のID
接続パスワード プロバイダーから指定された接続用のパスワード(または自分で変更したパスワード)
PPインターフェースのIPアドレス 自動取得する
図 プロバイダー接続画面6

9. プロバイダーとの契約内容にしたがい、DNSサーバーアドレスの設定をして、「次へ」をクリックします。

図 プロバイダー接続画面7

10. フィルターの設定をします。
  本設定例では、「推奨のIPフィルターを設定する」を選択します。
  入力したら「次へ」をクリックします。

図 プロバイダー接続画面8

11. 表示された設定内容がプロバイダーから送付された設定資料と合っているかどうか確認します。
  問題なければ、「設定の確定」をクリックします。

図 プロバイダー接続画面9

12. プロバイダー接続の設定が完了しました。

図 プロバイダー接続画面10

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。