高速回線(光ファイバー)を利用する : NVR500 Web GUI設定

本設定例は、以下の機種に対応しています。

対応機種: NVR500

図 電話とインターネットを接続する構成

安全にインターネットを利用する基本的な構成です。
ファイアウォールの機能によってインターネットからの不正な侵入を防ぎ、安全にインターネット接続が楽しめます。
ISDN回線やADSL/FTTH回線を契約していて、電話を使うときにはこの構成がおすすめです。
ISDN回線を利用する場合はこちらを参照してください。この例ではNVR500を使ってFTTH回線に接続しています。

設定を行った場合に追加されるIPフィルターについては、
NVR500 GUI「プロバイダ情報の設定」で設定されるIPフィルターの解説をご覧ください。

NVR500の設定例

インターネット接続設定

1.「プロバイダ情報の設定」を選択します。

図 NVR500 設定画面トップ

2.ブロードバンド回線自動判別の表示を確認して「次へ」をクリックします。

図 回線自動判別

3.Bフレッツ/ADSLを使用する場合は、一番上の項目を選択して「次へ」をクリックします。

図 プロバイダの設定1/4

4.契約しているプロバイダの情報を設定します。
必要な項目の入力が完了したら「次へ」をクリックします。

図 プロバイダの設定2/4

5.プロバイダとの契約内容にしたがってDNSの設定を行います。
項目を入力したら「次へ」をクリックします。

図 プロバイダの設定3/4

6.内容を確認して「設定の確定」をクリックします。

図 プロバイダの設定4/4

7.「接続」をクリックするとプロバイダに接続します。

図 プロバイダの登録