VRRPと併用する冗長構成

本設定例では、ルーターのL2MSマスター機能・Luaスクリプト機能と、L2スイッチのL2MSスレーブ機能を使用しています。L2MSを使って、ルーターから、スイッチが持つ機能の設定を行います。

ルーターの対応機種は、RTX1210RTX1200(Rev.10.01.16以降)、RTX810NVR700WNVR510NVR500FWX120です。

L2スイッチの対応機種は、SWX2200-8GSWX2200-24GSWX2200-8PoEです。

L2MSマスター(ルーター)とL2MSスレーブ(L2スイッチ)の対応リビジョンは、技術資料「L2MS」でご確認ください。

図 Luaスクリプト構成図1 図 Luaスクリプト構成図2 図 Luaスクリプト構成図3 図 Luaスクリプト構成図4

ルーターを2台とSWX2200を2台利用したWAN、LAN両方を冗長化する構成です。
SWX2200(1) - Hub間、SWX2200(1) - ルーター(1)間のポートを、Luaスクリプトを使用して監視します。
ポートのダウンを検出した際には、該当するSWX2200-8G(2)のポートを開放し、通信経路を確保します。 また、ルーター(1)のWAN回線が不通となった場合には、ルーター(2)側のバックアップ回線に切り替わります。

本設定例は、SWX2200 - ルーター間を監視するLuaスクリプト例(1)を1つと、SWX2200 - Hub間を監視するLuaスクリプト例(2)をHubごとに計3つ使用します。

光回線に接続するためには、別途ONUが必要です。
NVR700Wは、本体のONUポートに小型ONUを装着することで、光回線に接続できます。

対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX1200 RTX810 NVR700W コマンド設定例
Luaスクリプト例
L2MSマスター機能、
Luaスクリプト機能
L2スイッチ SWX2200-8G SWX2200-24G SWX2200-8PoE L2MSスレーブ機能

ルーター(1)の設定例

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.252/24
lan shutdown lan1 2
ip lan1 vrrp 1 192.168.100.254 priority=200
ip lan1 vrrp shutdown trigger 1 pp 1
WANインターフェースの設定
(LAN2ポートを使用)
pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pppoe auto disconnect off
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPに接続するID) (ISPに接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
ppp ipv6cp use off
ip pp mtu 1454
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
ip route default gateway pp 1
NATの設定 nat descriptor type 1 masquerade
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.100/24 gateway 192.168.100.254
DNSの設定 dns server (ISPより指定されたDNSサーバーのIPアドレス)
dns private address spoof on
フィルターの設定 ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip filter 1010 reject * * udp,tcp 135 *
ip filter 1011 reject * * udp,tcp * 135
ip filter 1012 reject * * udp,tcp netbios_ns-netbios_ssn *
ip filter 1013 reject * * udp,tcp * netbios_ns-netbios_ssn
ip filter 1014 reject * * udp,tcp 445 *
ip filter 1015 reject * * udp,tcp * 445
ip filter 1020 reject 192.168.100.0/24 *
ip filter 1030 pass * 192.168.100.0/24 icmp
ip filter 2000 reject * *
ip filter 3000 pass * *
ip filter dynamic 100 * * ftp
ip filter dynamic 101 * * www
ip filter dynamic 102 * * domain
ip filter dynamic 103 * * smtp
ip filter dynamic 104 * * pop3
ip filter dynamic 105 * * netmeeting
ip filter dynamic 106 * * tcp
ip filter dynamic 107 * * udp
ip pp secure filter in 1020 1030 2000
ip pp secure filter out 1010 1011 1012 1013 1014 1015 3000 dynamic 100 101 102 103 104 105 106 107
L2MSの設定 switch select (SWX2200(1)のMACアドレス)
switch control function set port-use 3 on
switch control function set port-use 4 on
switch control function set port-use 5 on
switch select (SWX2200(2)のMACアドレス)
switch control function set port-use 3 off
switch control function set port-use 4 off
switch control function set port-use 5 off
switch control use lan1 on
Luaスクリプトのスケジュール設定 schedule at 1 startup * lua /swx2200_lua_vrrp_rtx1200_port1.lua
schedule at 3 startup * lua (Luaスクリプト例(2) ファイル名1)
schedule at 4 startup * lua (Luaスクリプト例(2) ファイル名2)
schedule at 5 startup * lua (Luaスクリプト例(2) ファイル名3)

ルーター(2)の設定例

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.253/24
ip lan1 vrrp 1 192.168.100.254
ip lan1 vrrp shutdown trigger 1 pp 1
WANインターフェースの設定
(LAN2ポートを使用)
pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pppoe auto disconnect off
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPに接続するID) (ISPに接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1438
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
ppp ipv6cp use off
ip pp mtu 1438
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
ip route default gateway pp 1
NATの設定 nat descriptor type 1 masquerade
DNSの設定 dns server (ISPより指定されたDNSサーバーのIPアドレス)
dns private address spoof on
フィルターの設定 ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip filter 1010 reject * * udp,tcp 135 *
ip filter 1011 reject * * udp,tcp * 135
ip filter 1012 reject * * udp,tcp netbios_ns-netbios_ssn *
ip filter 1013 reject * * udp,tcp * netbios_ns-netbios_ssn
ip filter 1014 reject * * udp,tcp 445 *
ip filter 1015 reject * * udp,tcp * 445
ip filter 1020 reject 192.168.100.0/24 *
ip filter 1030 pass * 192.168.100.0/24 icmp
ip filter 2000 reject * *
ip filter 3000 pass * *
ip filter dynamic 100 * * ftp
ip filter dynamic 101 * * www
ip filter dynamic 102 * * domain
ip filter dynamic 103 * * smtp
ip filter dynamic 104 * * pop3
ip filter dynamic 105 * * netmeeting
ip filter dynamic 106 * * tcp
ip filter dynamic 107 * * udp
pp select 1
ip pp secure filter in 1020 1030 2000
ip pp secure filter out 1010 1011 1012 1013 1014 1015 3000 dynamic 100 101 102 103 104 105 106 107
pp enable 1

Luaスクリプト例(1)

設定値 -- 出力する SYSLOG のレベル (info, debug, notice)
log_level = "info"
--[[
SWX2200-8GのMACアドレス
mac_sw1にSWX2200(1)のMACアドレス、mac_sw2にSWX2200(2)のMACアドレスを設定
]]
mac_sw1 = "(SWX2200-8G(1)のMACアドレス)"
mac_sw2 = "(SWX2200-8G(2)のMACアドレス)"
メインルーチン

while (true) do
  SW1 = nil
  --RTX1200 LAN1 port1 がリンクダウン(SW1 の detect down ログを監視)
  log = "%p" ..mac_sw1.. "%p: detect down"
  rt.syslogwatch(log, 1)

  -- RTX1200 LAN1 port2 の shutdown を解除 --
  rt.command("no lan shutdown lan1 2")
  rt.syslog(log_level,"no lan shutdown lan1 2")

  -- SW2 発見ログを監視 --
  log = "%p" .. mac_sw2.. "%p: find switch"
  rt.syslogwatch(log, 1)
  rt.sleep(2)

  --[[
  SW1のMACアドレス検索。発見できなかった場合、SW1のport1ケーブルの切断
  ではなくSW1の電源が切断されていると判断し、SW2のport3,4,5 をリンクアップ
  ]]
  rtn,str = rt.command("show status switching-hub macaddress " ..mac_sw1)
  if (rtn) and (str) then
    port = string.match(str,"port (%d):")
    if (port == nil) then
      SW1="PW-down"
      rtn, str = rt.command("switch select " ..mac_sw2)
      if (rtn) then
        rt.command("switch control function set port-use 3 on")
        rt.syslog(log_level,"SW2 port-use 3 on")
        rt.command("switch control function set port-use 4 on")
        rt.syslog(log_level,"SW2 port-use 4 on")
        rt.command("switch control function set port-use 5 on")
        rt.syslog(log_level,"SW2 port-use 5 on")
      end
    end
  end

  --[[
  RTX1200 LAN1 port1 がリンクアップ
   SW1 の電源投入によって復旧した場合 → SW2のport8の復旧ログを監視
   SW1 のport1ケーブルが復旧した場合 → SW1のport1の復旧ログを監視
  ]]
  if (SW1 == "PW-down") then
    log = "%p" ..mac_sw2.. "%p: PORT8 link up"
    rt.syslogwatch(log, 1)
  else
    log = "%p" ..mac_sw1.. "%p: PORT1 link up"
    rt.syslogwatch(log, 1)
  end

  --[[
  ループを防ぐため、上記ログが出たらすぐにSW2とRTX1200の設定を初期状態に戻す
  SW1 の電源投入によって復旧した場合、SW2のport3,4,5とRTX1200のLAN1 port2を
  リンクダウンさせる
  SW1 のport1ケーブルが復旧した場合、RTX1200のLAN1 port2をリンクダウンさせる
  ]]
  if (SW1 == "PW-down") then
    rtn, str = rt.command("switch select" ..mac_sw2)
    if (rtn) then
      rt.command("switch control function set port-use 3 off")
      rt.syslog(log_level,"SW2 port-use 3 off")
      rt.command("switch control function set port-use 4 off")
      rt.syslog(log_level,"SW2 port-use 4 off")
      rt.command("switch control function set port-use 5 off")
      rt.syslog(log_level,"SW2 port-use 5 off")
    end
  end

  rtn, str = rt.command("lan shutdown lan1 2")
  rt.syslog(log_level,"lan shutdown lan1 2")
  rt.sleep(3)
end

Luaスクリプト例(2)

設定値 -- 出力する SYSLOG のレベル (info, debug, notice)
log_level = "info"
--[[
監視するポート(3,4.5のいずれかを指定)
]]
port = "(監視するポート番号)"
--[[
SWX2200のMACアドレス
mac_sw1にSWX2200(1)のMACアドレス、mac_sw2にSWX2200(2)のMACアドレスを設定
]]
mac_sw1 = "SWX2200-8G(1)のMACアドレス"
mac_sw2 = "SWX2200-8G(2)のMACアドレス"
指定したスイッチのポートをUP/DOWNする関数

function port_use(on_off, sw, port, swname)
  rtn, str = rt.command("switch select " ..sw)
  if (rtn) then
    rt.command("switch control function set port-use "..port.." "..on_off)
    rt.syslog(log_level, swname.." port-use "..port.." "..on_off)
  end
end

メインルーチン

while (true) do
  -- SW1 port のdown監視 --
  log = "%p" ..mac_sw1.. "%p: PORT" ..port.. " link down"
  rt.syslogwatch(log, 1)
  rt.sleep(1)

  -- SW2 port をリンクアップ --
  port_use("on", mac_sw2, port, "SW2")

  -- SW1 port のup監視 --
  log = "%p"..mac_sw1.."%p: PORT" ..port.. " link up"
  rt.syslogwatch(log, 1)

  -- SW2 port をリンクダウン --
  port_use("off", mac_sw2, port, "SW2")

  --[[
  上記のSW1 port5 のup 検知が遅れた場合、まれにループが始まりSW2の設定が
  正常にできない場合がある。
  その場合は、SW2の同期処理が終了するまでSW1のポートを閉じてループを回避する。
  ]]
  rtn, array = rt.syslogwatch("sync start", 1, 6)
  rt.sleep(1)
  if (rtn > 0) then
    port_use("off", mac_sw1, port, "SW1")
    d = 0
    while (d < 1) do
      rt.syslogwatch("sync done", 1)
      d = d + 1
    end
    rt.sleep(1)
    port_use("on", mac_sw1, port, "SW1")
  end
end

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。