ループ検出機能を設定する

管理番号:YMHSW-3725

本設定例では、ルーターのL2MSマスター機能と、L2スイッチのL2MSスレーブ機能・ループ検出機能を使用しています。

ルーターの対応機種は、RTX1210RTX1200RTX830RTX810NVR700WNVR510NVR500FWX120です。

L2スイッチの対応機種は、SWX2200-8GSWX2200-24GSWX2200-8PoEです。

L2MSマスター(ルーター)とL2MSスレーブ(L2スイッチ)の対応リビジョンは、 技術資料「L2MS」でご確認ください。

図 ループ検出機能を設定する

ループ検出機能では、誤ってループ状態が構成されブロードキャスト/マルチキャスト・ストームが発生した場合に、自動的にループが発生したポートを一定時間シャットダウンすることができます。
この動作により、ネットワーク全体が利用できなくなる状態を防ぐことができます。

ループを検出した場合、ループが発生しているポートのうち番号の大きいものから順に、ループが停止するまでリンクダウンしていきます。ループ発生時にもルーターと通信できるようにしておくため、アップリンクポートはポート1を使用することが推奨されます。

ここでは以下の設定を行う手順を例に説明します。

  • ループ状態を検出した場合に、自動で1200秒間ポートをシャットダウンするように設定

本設定例では、ルーターからSWX2200を選択する方法として、MACアドレスを指定して選択方法と、接続したポートを指定して選択する方法、2通りの方法をご紹介します。

対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 コマンド設定例 MACアドレスを指定
コマンド設定例 接続したポートを指定
L2スイッチ SWX2200-8G SWX2200-24G SWX2200-8PoE

ルーターの設定例(SWX2200のMACアドレスを指定する場合)

switch selectコマンドでSWX2200のMACアドレスを指定して、設定するSWX2200を選択する場合の設定例です。

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.1/24
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
L2MSの設定 switch control use lan1 on
SWX2200の設定 switch select (SWX2200のMACアドレス)
switch control function set loopdetect-linkdown linkdown-recovery
switch control function set loopdetect-recovery-timer 1200

ルーターの設定例(SWX2200を接続したポートを指定する場合)

switch selectコマンドでSWX2200を接続したポートを指定する場合の設定例です。
SWX2200をルーターのLAN1 ポート1に接続した場合の設定例を以下に示します。

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.1/24
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
L2MSの設定 switch control use lan1 on
SWX2200の設定 switch select lan1:1
switch control function set loopdetect-linkdown linkdown-recovery
switch control function set loopdetect-recovery-timer 1200

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。

メール

ご相談・お問い合わせ