無線LANアクセスポイントをDHCPサーバーとして利用 : WLX202 Web GUI設定

管理番号:YMHAP-4315

本設定例の対応機種は、WLX202です。

図 無線LANアクセスポイントをDHCPサーバーとして利用 : WLX202 Web GUI設定 構成図

無線LANアクセスポイント(WLX202)のDHCPサーバー機能を使用して、無線LANを構築する設定例です。
2台のWLX202をそれぞれDHCPサーバー、DHCPリレーエージェントにしています。

DHCPサーバー機能を使用することで、別途DHCPサーバーを設けることなく、無線LANアクセスポイントから無線端末にIPアドレスを配布できます。既存の有線LANに無線LANアクセスポイントを追加する場合など、既存のルーターの設定を変更したくないときにご利用いただくと便利です。

また、複数の無線LANアクセスポイントでローミングしている場合、1台をDHCPサーバーとして設定し、他をDHCPリレーエージェントとして設定することで、無線端末が無線LANアクセスポイント間をローミングしても同じIPアドレスを使用できます。広範囲で無線LANを運用したいときにご利用いただくと便利です。

技術情報: DHCPサーバー機能

※WLX202には電源アダプターが付属されておりませんので、以下のいずれかをご用意いただく必要がございます。

設定手順について

WLX202は、工場出荷時のIPアドレスが 192.168.100.240/24 です。
2台のWLX202のIPアドレスが重複することを防ぐため、はじめはWLX202(1)だけをネットワークに接続して、WLX202(2)は接続しません。WLX202(1)のIPアドレスを変更したあと、WLX202(2)を接続してIPアドレスを変更します。

本設定例ではWLX202のコンフィグとして次の内容を設定しています。

ご利用の無線端末に対応した無線LAN設定を行ってください。

   ・無線LANモジュール:2.4GHz、5GHz

   ・認証方式:WPA2パーソナル (WPA2-PSK)

   ・暗号方式:AES

本設定例のWeb設定画面について

WLX202のWeb設定画面は、選択した内容に応じて、動的に設定項目が増減します。
本設定例では、必要な設定値を入力したあとの状態の画面を掲載しており、画面を開いた時点とは異なる場合がありますのでご注意ください。

WLX202(1)の設定例

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

図 設定手順①

IPアドレスの変更

1. 設定画面を開きます。
(1) WLX202(1)をネットワークに接続して、電源が入っていることを確認します。
(2) WLX202(1)と同じネットワークに接続されているPCでWebブラウザーを起動し、「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(3) インターネットアドレスに「http://192.168.100.240/」と半角英字で入力してから、「OK」をクリックします。
(4) パスワード入力画面が現れたら、ユーザー名は「admin」を入力して、パスワードは空欄のまま「OK」をクリックします。

図 WLX202 ログイン認証画面

2. WLX202の設定画面のトップページが表示されます。「ネットワーク設定」をクリックします。

図 IPアドレスの変更 1

3.「LANポート設定」をクリックします。

図 IPアドレスの変更 2

4.「ネットワークの設定」に必要事項を入力して、「設定」をクリックします。

IPアドレス(IPv4) 192.168.100.241 (WLX202(1)の新しいIPアドレス)
ネットマスク 24
デフォルトゲートウェイ 192.168.100.1 (ルーターのIPアドレス)
DNSサーバー 192.168.100.1 (ルーターのIPアドレス)
図 IPアドレスの変更 3

5.「設定」をクリックします。

図 IPアドレスの変更 4

6. IPアドレスが変更されました。
この画面はIPアドレスの取得設定タイミングによって、表示されない場合があります。

図 IPアドレスの変更 5

DHCPサーバー機能の設定(DHCPサーバーにする場合)

1. 新しいIPアドレスを指定して、設定画面を開きます。
(1) Webブラウザーの「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(2) インターネットアドレスに「http://192.168.100.241/」と半角英字で入力し、「OK」をクリックします。
(3) パスワード入力画面が現れたら、ユーザー名に「admin」を入力し、パスワードは空欄のまま「OK」をクリックします。

図 DHCPサーバー機能の設定 1

2. WLX202の設定画面のトップページが表示されます。「拡張機能」をクリックします。

図 DHCPサーバー機能の設定 2

3.「DHCPサーバー」をクリックします。

図 DHCPサーバー機能の設定 3

4.「DHCPサーバー」の「サーバー設定」に必要事項を入力して、「設定」をクリックします。

DHCPサーバー機能 DHCPサーバー
IPアドレスの範囲 192.168.100.101 - 192.168.100.191 / 24
図 DHCPサーバー機能の設定 4

5. DHCPサーバーの設定が変更されました。

図 DHCPサーバー機能の設定 5

SSIDの設定

1.「無線設定」をクリックします。

図 SSIDの設定 1

2.「SSID 管理」をクリックします。

図 SSIDの設定 2

3.「追加」をクリックします。

図 SSIDの設定 3

4.「VAP1 設定」に必要事項を入力して、「設定」をクリックします。

バインドする無線モジュール 2.4GHz, 5GHz
SSID 無線LANアクセスポイントを識別するための名前
認証方式 WPA2-PSK
PSK (事前共有鍵) 無線LANアクセスポイントに接続するためのパスワード
内蔵DHCPサーバー 使用する
図 SSIDの設定 4

5. WLX202(1)の設定は完了しました。

図 SSIDの設定 5

WLX202(2)の設定例

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

図 設定手順②

IPアドレスの変更

WLX202(1)と同様の手順で設定します。
ただし、手順4ではWLX202(2)の「IPアドレス(IPv4)」として、「192.168.100.242」を入力してください。

IPアドレス(IPv4) 192.168.100.242 (WLX202(2)の新しいIPアドレス)
ネットマスク 24
デフォルトゲートウェイ 192.168.100.1 (ルーターのIPアドレス)
DNSサーバー 192.168.100.1 (ルーターのIPアドレス)
図 IPアドレスの変更

DHCPサーバー機能の設定(DHCPリレーエージェントにする場合)

WLX202(1)と同様の手順で設定します。
ただし、手順1ではWLX202(2)のインターネットアドレスとして、「http://192.168.100.242」を入力してください。
また、手順3の「サーバー設定」では、以下の値を入力してください。

DHCPサーバー機能 DHCPリレーエージェント
DHCPサーバーアドレス 192.168.100.241 (WLX202(1)のIPアドレス)
図 DHCPサーバー機能の設定

SSIDの設定

WLX202(1)と同様の手順で設定します。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。