無線LANコントローラー機能を使用してアクセスポイントを管理 : WLX202 Web GUI設定

管理番号:YMHAP-4302

本設定例の対応機種は、WLX202です。

図 無線LANコントローラー機能を使用してアクセスポイントを管理 : WLX202 Web GUI設定 構成図

無線LANコントローラー機能を使用して、無線アクセスポイント同士で無線設定を制御し、管理する設定例です。
1台のWLX202をController-AP、残りのWLX202をMember-APとして設定します。Controller-APは、Member-APの管理・制御を行います。

Controller-APは、自身のコンフィグを複数のMember-APに一斉送信して、簡単に設定を同期できます。以下の設定項目については、個々のMember-APごとに設定ができるため、柔軟に各アクセスポイントを管理できます。

   ・IPアドレスの設定

   ・チャンネルの設定

   ・送信出力の設定

   ・WLX202の名称

   ・設置場所

Controller-APの故障や予期せぬ通信障害が発生した場合、 代替Controller-APは、Controller-APとしての機能を代行します。これにより、無線LANによる通信を継続できます。

技術情報:無線LANコントローラー機能

本設定例ではWLX202のコンフィグとして次の内容を設定しています。

   ・SSID:Yamaha

   ・無線LANモジュール:2.4GHz、5GHz

   ・認証方式:WPA2パーソナル (WPA2-PSK)

   ・暗号方式:AES

※ご利用の無線端末に対応した無線LAN設定を行ってください。

※WLX202には電源アダプターが付属されておりませんので、以下のいずれかをご用意いただく必要がございます。

無線LANコントローラー機能の注意事項

  • Controller-APからMember-APにコンフィグを送信すると、Member-APですでに行われていた設定はすべて消去されます。
  • WDSと併用はできません。WDSを使用するアクセスポイントは、無線LANコントローラー機能のグループに追加しないでください。

設定手順について

本設定例は、以下の流れで設定します。
WLX202は、工場出荷時のIPアドレスが 192.168.100.240/24 です。3台のWLX202のIPアドレスが重複することを防ぐため、はじめはWLX202(1)だけをネットワークに接続し、WLX202(2)とWLX202(3)は接続しません。WLX202(1)のIPアドレスを変更したあと、WLX202(2)とWLX202(3)を接続し、無線LANコントローラー機能を使用して一括でそれぞれのIPアドレスを変更します。

図 設定手順

本設定例のWeb設定画面について

WLX202のWeb設定画面は、選択した内容に応じて、動的に設定項目が増減することがあります。本設定例では、必要な設定値を入力したあとの状態の画面を掲載しており、画面を開いた時点とは異なる場合があります。

WLX202(1)の設定例

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

IPアドレスを変更する

図 設定手順①

1. 設定画面を開きます。
(1) WLX202(1)をネットワークに接続し、電源が入っていることを確認します。
(2) WLX202(1)と同じネットワークに接続されているパソコンでWebブラウザーを起動し、「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(3) インターネットアドレスに「http://192.168.100.240/」と半角英字で入力し、「OK」をクリックします。
(4) パスワード入力画面が現れたら、ユーザー名に「admin」と入力し、パスワードは空欄のまま「OK」をクリックします。

図 WLX202 ログイン認証画面

2. WLX202の設定画面のトップページが表示されます。「ネットワーク設定」をクリックします。

図 IPアドレスを変更する 1

3.「LANポート設定」をクリックします。

図 IPアドレスを変更する 2

4.「IPアドレス(IPv4)」に変更したいIPアドレス(IPv4)とネットマスクを入力します。本設定例では、IPv4アドレスに「192.168.100.241」、ネットマスクに「24」を入力して、「設定」をクリックします。

図 IPアドレスを変更する 3

5.「設定」をクリックします。

図 IPアドレスを変更する 4

6. IPアドレスを変更しました。
※この画面はIPアドレスの取得設定タイミングによって、表示されない場合があります。

図 IPアドレスを変更する 5

SSID 管理

1. 新しいIPアドレスを指定して、設定画面を開きます。
(1) Webブラウザーの「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(2) インターネットアドレスに「http://192.168.100.241/」と半角英字で入力し、「OK」をクリックします。
(3) パスワード入力画面が現れたら、ユーザー名に「admin」と入力し、パスワードは空欄のまま「OK」をクリックします。

図 SSID 管理 1

2.「無線設定」をクリックします。

図 SSID 管理 2

3.「SSID 管理」をクリックします。

図 SSID 管理 3

4.「追加」をクリックします。

図 SSID 管理 4

5.「VAP1 設定」に必要事項を入力して、「設定」をクリックします。

バインドする無線モジュール 2.4GHz, 5GHz
SSID 任意のSSID名
認証方式 WPA2-PSK
※選択すると「PSK(事前共有鍵)」以下の項目が表示されます。
暗号化方式 AES
PSK(事前共有鍵) 任意のパスワード
図 SSID 管理 5

6. 無線LANアクセスポイントの設定は完了しました。

図 SSID 管理 6

無線LANコントローラー機能を設定する

1. WLX202(2)とWLX202(3)をネットワークに接続します。

図 設定手順②図 設定手順③

2.「無線コントローラー」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 1

3.「基本設定」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 2

4.「コントローラー設定」項目の「役割」で「Controller-AP」を選択して、「設定」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 3

5. 役割をController-APに変更しました。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 4

6.「グループ定義」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 5

7.「発見したAP一覧」からグループに追加したいアクセスポイントのチェックボックスにチェックを入れて、「設定」をクリックします。
※グループに追加したいアクセスポイントが表示されていないときは、しばらく待ってから再度このページを開いてください。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 6

8. グループ定義が完了しました。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 7

9. 代替Controller-APに指定したいアクセスポイントのラジオボタンを選択して、「設定」をクリックします。本設定例では、WLX202(2)を代替Controller-APに指定します。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 8

10. グループ定義が完了しました。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 9

11.「AP情報設定」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 10

12. 各APの「IPアドレス(IPv4)」列にある空欄に設定したいIPアドレス(IPv4)を入力して、「設定」をクリックします。本設定例では、WLX202(2)に「192.168.100.242」、WLX202(3)に「192.168.100.243」を設定します。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 11

13. AP情報の設定が完了しました。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 12

14.「無線設定」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 13

15. 無線LAN環境に合わせて各アクセスポイントを設定して、「設定」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 14

16. 無線設定が完了しました。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 15

17.「設定送信」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 16

18. 設定を送信したいアクセスポイントのチェックボックスにチェックを入れて、「設定」をクリックします。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 17

19. 設定の送信が完了しました。

図 無線LANコントローラー機能を設定する 18 図 設定手順④

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。