WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) (RTX1200 GUI設定例)

本設定例は、以下の機種に対応しています。

対応機種: RTX1200 WLX302

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 構成図

RT連携機能を利用して、WLX302のコンフィグを経路指定でRTX1200にバックアップします。経路は、LAN1インターフェースのポート1を LAN1:1、ポート2を LAN1:2 と表記します。経路指定でコンフィグを保存しておけば、WLX302が故障した際に本体を入れ替えても保存時の状態に復旧することができます。

WLX302をお買い上げいただいた状態、または cold start コマンドを実行した直後の状態では、工場出荷設定として LANポートのIPアドレスが 192.168.100.240 に設定されています。WLX302が工場出荷状態でRT連携によりルーターの制御下に入ると、LANポートのIPアドレスはDHCPクライアントとしてIPアドレスを取得する設定に自動的に変更されますのでご注意ください。
WLX302のIPアドレスを設定する場合はこちらを参照ください。

※WLX302には電源アダプタが付属されておりませんので、SWX2200-8PoE または、電源アダプタをご用意いただく必要がございます。

RTX1200の設定例

RT連携機能の設定

1.設定画面を開きます。
(1) RTX1200の電源が入っていることを確認します。
(2) RTX1200のLAN1に接続されているパソコンでWebブラウザを起動して「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(3) インターネットアドレスに「http://192.168.100.1/」と半角英字で入力してから、「OK」をクリックします。
(4) パスワード入力画面が現れたら、「OK」をクリックします。

図 RTX1200 ログイン認証画面

2.RTX1200の設定画面のトップページが表示されます。「管理者向けトップページへ」をクリックします。

図 RTX1200 トップページ

3.パスワード入力画面が現れたら、「OK」をクリックします。

図 RTX1200 管理者認証画面

4.管理者向けトップページが表示されたら「スイッチ連携機能」の「スイッチ制御」をクリックします。

図 RTX1200 管理者向けトップページ

5.「スイッチの管理」項目の「設定」をクリックします。

図 スイッチ制御 1

6.「LAN1」の「使用する」を選択して、「確認」をクリックします。

図 スイッチ制御 2

7.設定内容を確認して、よろしければ「登録」をクリックします。

図 スイッチ制御 3

8.WLX302本体の SLAVE ランプが点灯し、連携機能が動作したことを確認できます。「メイン画面に戻る」をクリックします。

図 スイッチ制御 4

WLX302の設定をバックアップする

1.LAN1インターフェースの「実行」をクリックします。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 1

2.トポロジー画面が表示されます。RTX1200のアイコンをクリックします。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 2

3.RTX1200の詳細表示に切り替わります。RTX1200の筐体部分をクリックします。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 3

4.「スイッチの管理情報」画面が表示されます。「APの管理情報」項目で、コンフィグを保存したいWLX302の「指定方法の変更」欄にある「実行」をクリックします。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 4

5.指定方法を経路指定に変更します。「はい」をクリックします。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 5

6.APの指定方法が変更されたことを確認します。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 6

7.「スイッチの管理情報」画面が表示されます。「APの管理情報」項目で、コンフィグを保存したいWLX302の「設定」欄にある「保存」をクリックします。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 7

8.設定を保存するWLX302とコンフィグファイル名を確認して、よろしければ「実行」をクリックします。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 8

9.コンフィグの受信が開始されます。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 9

10.コンフィグの受信が完了した後、ファイルに保存されます。

図 WLX302のコンフィグをバックアップする(経路指定) 10