ルーターを経由して無線LANアクセスポイントのWeb GUIにアクセス : ルーター + WLX302 Web GUI設定

管理番号:YMHAP-4330

本設定例では、ルーターのLANマップ機能と、無線LANアクセスポイントのL2MSスレーブ機能を使用しています。
LANマップ機能では、無線LANアクセスポイントとの通信にL2MSマスター機能を使用しています。

ルーターの対応機種は、RTX1210RTX830NVR700WNVR510です。

無線LANアクセスポイントの対応機種は、WLX302です。

L2MSマスター(ルーター)とL2MSスレーブ(無線LANアクセスポイント)の対応リビジョンは、技術資料「L2MS」でご確認ください。

図 ルーターを経由して無線LANアクセスポイントのWeb GUIにアクセス : ルーター + WLX302 Web GUI設定 構成図

L2MSを利用して、ルーターのLANマップからWLX302のWeb GUIにアクセスします。
ルーターのLANマップでは、ルーターとWLX302のトポロジーや機器の状態を確認できます。

WLX302をお買い上げいただいた状態、または cold start コマンドを実行した直後の状態では、工場出荷設定として LANポートのIPアドレスが 192.168.100.240 に設定されています。WLX302が工場出荷状態でL2MSによりルーターの制御下に入ると、LANポートのIPアドレスはDHCPクライアントとしてIPアドレスを取得する設定に自動的に変更されますのでご注意ください。

WLX302のIPアドレスを設定する場合は、こちらを参照ください。

技術情報:L2MS

※WLX302には電源アダプターが付属されておりませんので、以下のいずれかをご用意いただく必要がございます。

対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX830 NVR700W NVR510 Web GUI設定例 LANマップ機能
無線LANアクセスポイント WLX302 L2MSスレーブ機能

ルーターの設定例

下記の設定(Config)を取り出すことができます。

LANマップの設定

1.ルーターの設定画面を開きます。

図 RTX1210トップページ1

2.「LANマップ」をクリックします。

図 RTX1210トップページ2

3.「設定」をクリックします。

図 LANマップ画面1

4.「L2MSを有効にするインターフェース」の「LAN1」を選択して、「設定の確定」をクリックします。

図 LANマップ画面2

5.LANマップが表示されます。
また、WLX302本体の SLAVE ランプが点灯し、L2MSマスターと連携して動作したことを確認できます。

図 LANマップ画面3

WLX302のWeb GUIにアクセスする

1.WLX302のアイコンをクリックします。

図 LANマップ画面4

2.「無線APの設定」をクリックします。

図 LANマップ画面5

3.WLX302のWeb GUIが表示されます。この画面でWLX302の設定を行うことができます。

図 WLX302のWeb GUIにアクセスする

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。