リテール向けソリューション

安心&確実な拠点間通信で、多拠点展開の小売業を力強くサポート

各地に展開する店舗や営業所などのネットワーク管理は、企業にとって大きな負担です。ヤマハのリテール向けネットワークソリューションは、豊富なラインナップと使いやすい管理機能で、中・小規模の小売業の多拠点ネットワーク構築・運用を効率化します。

拠点規模や利用形態に合わせて選べる豊富なラインナップ

拠点規模や利用形態に合わせて選べる豊富なラインナップ

ヤマハのルーターRTXシリーズは、スループットやVPN対地数の違いにより、センターネットワークで利用できる機種から拠点ネットワークに最適な機種までをライナップ。各拠点の規模や用途に応じて幅広く機種選定が可能です。VoIP等の電話機能を必要とする環境には、ネットボランチシリーズが最適です。また、セキュリティーを重視する環境では、既存のネットワーク設定を変更することなく追加可能なファイアウォールもラインアップしています。

さらにくわしい製品情報はこちらへ

「LANマップ」でネットワーク機器の運用管理を簡単に

ヤマハのルーターの「LANマップ」機能を使用すれば、LANに存在するヤマハネットワーク機器、端末を表示して、LAN全体を可視化できます。Web GUI からヤマハネットワーク機器の設定、ネットワークの異常を簡単に確認することで、専門知識を持った管理者がいない中・小規模企業や店舗でも、スマートなネットワーク管理が実現できます。

「LANマップ」でネットワーク機器の運用管理を簡単に

バックアップ機能で信頼性の高いネットワークを実現

ヤマハのルーターはインターネットVPN、IP-VPN網、広域イーサネット網、ISDN網、LTE/3G携帯電話網等の多彩なサービスに対応しています。回線障害時には、ISDN網やLTE/3G携帯電話網でバックアップすることが可能です。多彩なサービスとバックアップ機能を利用することで安価に信頼性の高いネットワークを実現できます。

バックアップ機能 対応製品
VRRP RTX5000RTX3500RTX1210RTX830RTX810NVR700W
フローティングスタティック RTX5000RTX3500RTX1210RTX830RTX810NVR700W
ネットワーク経路のバックアップ RTX5000RTX3500RTX1210RTX830RTX810NVR700W
LAN/PP/トンネルインターフェースのバックアップ RTX5000RTX3500RTX1210RTX830RTX810NVR700W
ISDN(i)へのバックアップ RTX5000RTX3500RTX1210
無線WANへのバックアップ RTX1210RTX830RTX810NVR700W
バックアップメール通知 RTX5000RTX3500RTX1210RTX830RTX810NVR700W
かんたん設定ページ(GUI)を使用してのISDN環境への手動バックアップ NVR500

LTE/3Gモバイルインターネット接続

ヤマハのルーターのUSBポートにUSB接続型データ通信端末を接続することで、LTE/3G携帯電話網を利用した無線WAN接続が可能です。有線回線未提供エリアや、工事現場や臨時店舗などにも回線設置工事なしで、ブロードバンドネットワークを構築できます。
NVR700Wでは、USB接続型データ通信端末を使わずに、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクおよびそのMVNO事業者のLTE/3G携帯電話網から直接アクセスが可能です。

LTE/3Gモバイルインターネット接続

拠点間をつなぐ多彩なネットワークソリューション

店舗と物流倉庫、データセンター、本社事務所までをトータルに結ぶ統合拠点間 通信ネットワークソリューションをご紹介します。複数の地域に拠点を持つ販売・流通業、小売業などにおすすめです。

  • ・本社や店舗、倉庫などの多拠点間をインターネットVPNで接続
  • ・回線障害時には、LTE/3G携帯電話網や専用線でバックアップしてアクセスを継続
  • ・有線回線未提供エリアや、臨時店舗には、LTE/3G携帯電話網が利用可能
拠点間をつなぐ多彩なネットワークソリューション

「見える化」機能で店舗ネットワークの効率よい運用管理が可能

エンジニア不在の小規模拠点でも「見える化」機能で安定した運用管理が可能です。個人営業の事務所や小売店舗などにおすすめです。

  • ・LANマップで端末部分まで含めたネットワークの見える化
  • ・ヤマハPoEスイッチでIPカメラなどの端末の生存確認(死活監視)
  • ・ネットボランチ電話番号を利用したインターネット電話機能でコスト削減
「見える化」機能で店舗ネットワークの効率よい運用管理が可能
LANマップ

LANマップではWeb GUIからヤマハネットワーク機器の設定、ネットワークの異常の確認などがより簡単にできます。ネットワークに存在するネットワーク機器、IPカメラ、POS等の端末を表示してネットワーク全体を可視化できます。※対応するルーターは「RTX1210」「RTX830」「NVR700W」「NVR510」です。

IPカメラなどの端末の生存確認(死活監視)

ヤマハルーターと組み合わせることでネットワーク監視や給電状態の見える化を実現でき、PoE受電機器が異常状態に陥ったときには、PoE給電の操作により受電機器を復旧させることが可能です。また、ヤマハルーターのカスタムGUI、Luaスクリプト機能で遠隔監視、自動復帰を自動化することも可能です。

ネットボランチ電話番号を使った無料インターネット電話

ネットボランチシリーズのルーター同士ならば通話料無料のインターネット電話が可能。ネットボランチDNSサービスから無料で取得できるネットボランチ電話番号を用いて、一般家庭やSOHOから他拠点ネットワークまで簡単に電話のネットワークを構築することができます。