株式会社エクスプローラ

ヤマハルーターとの親和性が高い多機能UTMを導入
「LANマップ」でネットワークとセキュリティーの一元管理を実現

  • ◎既存のヤマハネットワーク機器との親和性を考慮しUTMアプライアンス「UTX100」を導入
  • ◎「UTX100」1台で多様なサイバー攻撃に対応、UTM専用窓口による手厚いサポートも魅力
  • ◎ルーター連携機能で「LANマップ」によるセキュリティーとネットワークの一元管理を実現

導入の背景

小規模拠点向けUTMアプライアンス導入でセキュリティーを強化

函館を拠点とし、コーデックシステムやテスト信号発生器など高精細映像製品の提供や設計受託などを手がける少数精鋭の技術者集団 株式会社エクスプローラ。数年前より、ルーター/スイッチ/Wi-Fi用TAなど社内ネットワークはすべてヤマハ製品で構築し、標準提供されるWebアプリケーション「LANマップ」でネットワーク全体の“見える化”を実現していました。増加するフィッシングなどサイバー攻撃に対しセキュリティー強化を検討するなか、小規模企業に必要とされるセキュリティー機能が1台に凝縮されたUTMアプライアンス「UTX100」の導入を決めました。

選定の理由

「LANマップ」による“ネットワーク見える化”に対応する多機能UTM

映像系ネットワーク製品の開発もおこなっている同社はネットワークに習熟した社員も多く、社内ネットワークの構築・管理は自社でおこなっています。ネットワークを見える化することで運用管理の負担を軽減する「LANマップ」の活用を念頭に、ネットワーク機器はヤマハ製品で統一してきました。
セキュリティー強化に向けたUTMアプライアンスとして「UTX100」を選定したのも、「LANマップ」に対応しネットワークとセキュリティーの一元管理を実現することが主な理由でした。このほか、ファイアウォール機能に加え、マルウェアや標的型攻撃など様々な脅威に対抗するアプリケーションコントロール、URLフィルタリング、侵入防止(IPS)、アンチウイルス、アンチボット、アンチスパムなど、充実のセキュリティー機能が自社の要件を満たしていることなどを評価しました。

「LANマップ」による“ネットワーク見える化”に対応する多機能UTM

導入後の効果

「LANマップ」による一元管理で、インシデント発生を表示&早期対処へ

シンプルなGUIの設定画面が用意される「UTX100」。自社でセキュリティーからルーター連携まで簡単に設定し、スピード導入を実現しました。このほか、ヤマハが公開している豊富な技術資料や「UTX100」のメーカー直営お客様相談センターの存在も、自社導入・運用を進めるうえで大きな助けになりました。

導入後の効果
導入後の効果

「UTX100」が検知したセキュリティーインシデントはルーター(RTX830)のダッシュボードに表示されることから、普段はルーターのダッシュボードをウォッチし、万が一セキュリティーインシデントが表示された場合のみ、ドリルダウンして「UTX100」のGUIで確認するという2段構えで管理しています。日常的な管理はすべてLANマップで一元的におこなえるため、重大インシデントの発見が遅れ被害が拡大してしまうリスクを排除します。

導入後の効果

ユーザーの声

SSL通信の可視化やAD連携によるユーザー管理にも挑戦したい

導入して3ヵ月近くが経過しましたが、フィッシング検知など当初の導入目的を果たすことができました。通信状況の可視化機能もネットワークを管理するうえで大変参考になります。今後はSSL通信の可視化についても導入を進める予定で、AD連携によりユーザー単位でのセキュリティー情報取得にもチャレンジしたいと思います。「UTX100」のセキュリティーエンジンはセキュリティー大手のチェックポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社製で、メーカー直営のUTM専用窓口もあり、安心して利用できます。

導入企業様

株式会社エクスプローラ

株式会社エクスプローラ

設立当初より“世の中にないものを作りあげる”会社を目標に、北海道函館の地に根を張り高付加価値技術を提供する技術者集団。ソフトウエア設計(APLソフト/ドライバソフト/ファームウェアなど)、ハードウエア設計・製造(通信・画像・音声処理などデジタル回路設計/アナログ回路設計/高速インターフェース回路設計/通信・画像・音声処理などのFPGA設計/DSP設計/システム基盤設計)、ODM/EMS(開発設計受託)、自社製品設計・製造(コーデック製品)など、幅広い事業を展開。1992年3月設立。

所在地
〒041-0801北海道函館市桔梗町379-22 函館テクノパーク内
Webサイト

(2021年09月07日掲載)


メール

ご相談・お問い合わせ