LAN管理とは

(最終更新日: 2021/04/12)

LAN管理とは?

「LAN管理」とは、LAN(Local Area Network)の構成を把握し、状態を監視・制御することです。

たとえば、社内のLANでこんな経験はありませんか?
社員は年々増加し、それに伴い増える端末とスイッチ。部門の再編成があればフロアレイアウトの変更。 徐々に変更が加えられていき、もはや、どこに何の機器が接続されているかが分からなくなってきた…
いったい現在は、どんなLANの構成になっているのだろう?何とかしなければと思いつつ、日々の業務に追われてあとまわし。

説明画像

そんなある日、突然、ノートパソコンが社内のサーバーにつながらなくなり、社員は大混乱!
このままでは業務に支障が出てしまう。早急に復旧しなければ!しかし、この障害の原因が何なのか、見当もつかない…

専任のネットワークエンジニアがいない企業では、ネットワークのトラブル解決には、なかなか苦戦するものです。
こんなとき、

  • LANの構成がどうなっているのか
  • どこで障害が起こっているのか

が分かると、解決の糸口がつかめます。

ヤマハのほとんどのネットワーク製品は、LAN管理をサポートする「LANの見える化」機能を搭載しています。

LANの見える化とは?

「LANの見える化」とは、LANを構成している機器がどのように配置され、どういった状況にあるのかを可視化することです。
ヤマハのLANの見える化は、「LANマップ」と呼ばれる機能により提供されています。

LANマップ

「LANマップ」は、LANの見える化を提供するためのWebアプリケーションです。マスターとなるヤマハルーターやヤマハスイッチのWeb GUIで利用できます。
LAN全体の接続状態を一括で把握できるため、トラブルが発生している箇所を特定するのに役立ちます。

LANマップ活用例の一部をご紹介します。

  • マスターやスレーブに接続した端末まで含めた、LANの構成を閲覧する
  • スレーブのヤマハネットワーク機器を、直接制御する
  • スレーブのヤマハネットワーク機器のWeb GUIにアクセスする
  • ネットワークの異常を把握する
説明画像 説明画像

LANマップの詳細は、 LANマップ機能 をご覧ください。
LANマップを表示するための手順は、LANマップでネットワーク全体を可視化 : Web GUI設定 をご覧ください。
ヤマハネットワーク機器のマスターとスレーブの対応情報は、 L2MS をご覧ください。

LANマップの活用例

一覧マップ:LANの構成を表示

「一覧マップ」は、LANに接続されているすべての機器を、一画面にまとめて表示します。
機器の表示範囲や機器情報の表示を切り替えて、見やすいようにカスタマイズできるので便利です。

説明画像

スレーブの管理:スレーブ機器の設定を変更

LANマップから直接、スレーブのヤマハネットワーク機器の管理(IPアドレスの変更やCONFIGの操作)ができます。
スレーブ機器のWeb GUIを開く必要がないので便利です。

説明画像

LANマップから、スレーブのヤマハネットワーク機器のWeb GUIを開くこともできます。
スレーブ機器のIPアドレスが不明な場合に便利です。

説明画像

スナップショット:ネットワークの異常を検知

「スナップショット」は、"現在のネットワークの接続状態" と "LANマップで事前に保存したネットワークの接続状態" とを比較して、変化があった場合にその差分を表示します。 たとえば、スレーブ機器のLANケーブルが抜けてしまったときや、LANケーブルの接続ポートが変更されたときに、LANマップにネットワークの異常として自動表示されます。
管理者に代わってネットワーク構成を監視してくれるので、便利です。トラブル発生時には、原因究明の糸口として活用できます。

説明画像

ヤマハルーターをお使いでないユーザーのために

Yamaha LAN Monitorの紹介

「Yamaha LAN Monitor」は、LANマップと同様に、LANの見える化を実現するWindowsアプリケーションです。

マスターとなるヤマハルーターやヤマハスイッチに代わって、ヤマハスイッチやヤマハ無線LANアクセスポイントの情報や接続機器を監視・制御できます。

主な機能

  • ネットワークトポロジーを把握し、ネットワーク全体を可視化
  • ヤマハスイッチ、ヤマハ無線LANアクセスポイントのポートの状態、帯域使用量、PoE給電状態などを確認
  • ヤマハスイッチ、ヤマハ無線LANアクセスポイントのWeb GUIを呼び出して、設定を表示 / 変更
  • スナップショットによる、ネットワーク異常の自動検知やトラブル発生時の原因究明

詳細は、 Yamaha LAN Monitor をご覧ください。

説明画像

ヤマハ ネットワーク製品のメリット

ダッシュボードでルーターを監視

「ダッシュボード」とは、様々なガジェット(ウインドウ)を利用して、ルーターの状態や運用管理・トラブルシューティングに有用な情報を表示するWebアプリケーションです。 各ガジェットのパラメーターがしきい値を超えると、警告文が表示されます。環境に応じたガジェットを選択しておけば、管理者に代わってルーターを監視してくれます。

詳細は、 ダッシュボード機能 をご覧ください。

説明画像

オススメ情報

次のうち、あなたがこのページを訪れた目的はどれでしょうか?
該当のボタンをクリックしてください。

LAN管理について、もっと詳しく学びたい
説明画像

あなたにオススメのページ:

LAN管理するための設定方法を知りたい
説明画像

あなたにオススメのページ:

対応製品一覧

ヤマハ ネットワーク製品の「LANの見える化」に関する対応状況です。製品の詳細な情報を知りたい場合は、各製品をクリックしてください。

ルーター・UTM・ファイアウォール

製品 LANマップ
スイッチ制御GUI (*1)
LANマップ Light (*2) Yamaha LAN Monitor
ギガアクセスVPNルーター
RTX1220

RTX1220

マスター(LANマップ)
スレーブ

ギガアクセスVPNルーター
RTX830

RTX830

マスター(LANマップ)
スレーブ

ギガアクセスVPNルーター
RTX5000

RTX5000

ギガアクセスVPNルーター
RTX3500

RTX3500

LTEアクセスVoIPルーター
NVR700W

NVR700W

マスター(LANマップ)
スレーブ

ギガアクセスVoIPルーター
NVR510

NVR510

マスター(LANマップ)
スレーブ

ブロードバンドVoIPルーター
NVR500

NVR500

マスター(スイッチ制御GUI)

UTMアプライアンス
UTX200

UTX200

スレーブ (*3)

UTMアプライアンス
UTX100

UTX100

スレーブ (*3)

ファイアウォール
FWX120

FWX120

マスター(スイッチ制御GUI)

L3スイッチ

製品 LANマップ
スイッチ制御GUI (*1)
LANマップ Light (*2) Yamaha LAN Monitor
スタンダードL3スイッチ
SWX3200-52GT

SWX3200-52GT

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

スタンダードL3スイッチ
SWX3200-28GT

SWX3200-28GT

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

ライトL3スイッチ
SWX3100-18GT

SWX3100-18GT

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

ライトL3スイッチ
SWX3100-10G

SWX3100-10G

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2スイッチ

製品 LANマップ
スイッチ制御GUI (*1)
LANマップ Light (*2) Yamaha LAN Monitor
インテリジェントL2 PoEスイッチ
SWX2310P-28GT

SWX2310P-28GT

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2 PoEスイッチ
SWX2310P-18G

SWX2310P-18G

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2 PoEスイッチ
SWX2310P-10G

SWX2310P-10G

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2スイッチ
SWX2310-52GT

SWX2310-52GT

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2スイッチ
SWX2310-28GT

SWX2310-28GT

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2スイッチ
SWX2310-18GT

SWX2310-18GT

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2スイッチ
SWX2310-10G

SWX2310-10G

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2スイッチ
SWX2300-24G

SWX2300-24G

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

インテリジェントL2スイッチ
SWX2300-16G

SWX2300-16G

スレーブ

マスター
スレーブ

スレーブ

スマートL2スイッチ

製品 LANマップ
スイッチ制御GUI (*1)
LANマップ Light (*2) Yamaha LAN Monitor
スマートL2 PoEスイッチ
SWX2210P-28G

SWX2210P-28G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

スマートL2 PoEスイッチ
SWX2210P-18G

SWX2210P-18G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

スマートL2 PoEスイッチ
SWX2210P-10G

SWX2210P-10G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

スマートL2スイッチ
SWX2210-24G

SWX2210-24G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

スマートL2スイッチ
SWX2210-16G

SWX2210-16G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

スマートL2スイッチ
SWX2210-8G

SWX2210-8G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

スマートL2 PoEスイッチ
SWX2200-8PoE

SWX2200-8PoE

スレーブ

スレーブ

スレーブ

スマートL2スイッチ
SWX2200-24G

SWX2200-24G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2スイッチ

製品 LANマップ
スイッチ制御GUI (*1)
LANマップ Light (*2) Yamaha LAN Monitor
シンプルL2 PoEスイッチ
SWX2110P-8G

SWX2110P-8G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2スイッチ
SWX2110-16G

SWX2110-16G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2スイッチ
SWX2110-8G

SWX2110-8G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2スイッチ
SWX2110-5G

SWX2110-5G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2 PoEスイッチ
SWX2100-10PoE

SWX2100-10PoE

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2 PoEスイッチ
SWX2100-5PoE

SWX2100-5PoE

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2スイッチ
SWX2100-24G

SWX2100-24G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2スイッチ
SWX2100-16G

SWX2100-16G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

シンプルL2スイッチ
SWX2100-8G

SWX2100-8G

スレーブ

スレーブ

スレーブ

無線LANアクセスポイント

製品 LANマップ
スイッチ制御GUI (*1)
LANマップ Light (*2) Yamaha LAN Monitor
WLX413

WLX402

スレーブ

スレーブ

スレーブ

WLX402

WLX402

スレーブ

スレーブ

スレーブ

WLX313

WLX313

スレーブ

スレーブ

スレーブ

WLX212

WLX212

スレーブ

スレーブ

スレーブ

(*1) LANマップは、スイッチ制御GUIのスレーブ管理機能に加えて、端末の管理も行うことができます。
(*2) LANマップ Lightは、LANマップを簡略化したもので、スイッチ単体での見える化が可能です。
(*3) ブリッジモードでの運用時に限ります。

メール

ご相談・お問い合わせ