LANマップでネットワーク全体を可視化 : Web GUI設定

管理番号:YMHRT-20191

本設定例の対応機種は、RTX1210RTX830NVR700WNVR510です。

構成図

ヤマハルーターは、「LANの見える化」を提供するためのWebアプリケーション「LANマップ」を搭載しています。
本設定例では、LANマップを表示するための手順をご紹介します。
LANマップでは、以下のようなことが可能です。

  • ネットワーク全体を可視化
  • ネットワーク機器の設定
  • ネットワーク異常の確認
  • ネットワーク内の機器および端末について、詳細情報の一覧を表示

技術情報:LANマップ機能

ネットワークの管理を行うルーターを「マスター」、ルーターから管理される機器を「スレーブ」と呼びます。
マスターとスレーブの対応情報は、技術資料「L2MS」でご確認ください。

設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX830 NVR700W NVR510 Web GUI設定例 LANマップ機能

ルーターの設定例

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

下記の設定(Config)を取り出すことができます。

LANマップの設定

1. ルーターの設定画面を開きます。

説明画像

2.「LANマップ」をクリックします。

説明画像

3.「設定」をクリックします。

説明画像

4.「L2MSを有効にするインターフェース」の「LAN1」を選択して、「設定の確定」をクリックします。

説明画像

5. LANマップが表示されます。

説明画像

LANマップのカスタマイズ

LANマップをより見やすく、管理しやすくするために、一例として、ルーターに接続しているPCの情報をカスタマイズする方法をご紹介します。

説明画像

1.「機器一覧」をクリックします。

説明画像

2. カスタマイズしたい機器の「編集」をクリックします。

説明画像

3. 機器情報の編集をして「確定」をクリックします。ここでは、機器の種類とコメントを追加します。
   ※コメントに"設置場所"などを記載しておくと、トラブルの切り分けに便利です。

説明画像

4.「閉じる」をクリックします。

説明画像

5. 機器一覧で「閉じる」をクリックします。

説明画像

6. 機器の種類とコメントが表示されるようになりました。

説明画像

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。