IPv6とは

(最終更新日: 2021/3/1)

IPv6とは?

「IPv6」とは、IP(Internet Protocol:ネットワークに接続した端末がデータを相手に送るための規約) のバージョン6です。

IPが送信元や宛先を特定するために使う番号を「IPアドレス」といいます。ネットワークでは、宛先のIPアドレスを指定してデータを送信することで、端末間の通信を実現します。その役割から、IPアドレスはネットワーク上の住所ということができます。

現在は、IPのバージョン4「IPv4」が、インターネットで広く利用されています。インターネットの普及によって、IPv4のIPアドレスが枯渇するおそれが出てきたため、IPv6が開発されました。近年、スマートフォンを代表とする携帯端末や、IoTの広がりによってインターネットにつながる機器が爆発的に増えています。このような状況において、すでにIPv4のIPアドレスが枯渇した地域も現れてきており、IPv6への関心が高まっています。

コーヒーブレイク:イメージコーヒーブレイクコーヒーブレイク:イメージ

コーヒーブレイク:イメージ

「IPv4」「IPv6」と聞いたとき、他のバージョンの存在が気になりませんか?
実は、IPには、バージョン0からバージョン9まであるんです。

バージョン0~3は、バージョン4を開発している途中に付与されたバージョンです。
バージョン5、およびバージョン7~9は実験用のプロトコルに付与されたバージョンです。
したがって、一般的に広く使われているのは、バージョン4とバージョン6の2つだけです。

IPv4とIPv6の違い

IPv4とIPv6には、どのような違いがあるのでしょうか。それでは、IPv6が誕生するきっかけとなったIPアドレスの数から見ていきましょう。

IPアドレスの数

IPアドレスは、端末を特定する目的で使用するため、1台1台に異なるアドレスが付与されます。
IPアドレスの数は、IPアドレスの長さ(ビット長(*1))で決まります。IPアドレスの数に関して、IPv4とIPv6とで以下のような違いがあります。

IPアドレスの長さ IPアドレスの総数 IPアドレスの在庫
IPv4 32ビット長 2の32乗(約43億) 枯渇するおそれがある(*2)
IPv6 128ビット長 2の128乗(約340兆×1兆×1兆) 事実上無限

(*1) 数を2進数で表したときの桁数を「ビット長」といいます。たとえば「8ビット長の数」は、8桁の2進数で表される数(例:10101010) のことです。
(*2) アジア太平洋地域でのIPv4アドレスは、在庫がなくなりつつあります。詳しくはこちらをご覧ください。

IPv4とIPv6の違い:イメージ

IPアドレスは、2進数で表現できます。しかし、0と1が何十個もならんだ数は、なかなか覚えにくいものです。
そのため、IPアドレスには表記ルールが存在します。IPv4とIPv6それぞれの表記を見ていきましょう。

IPアドレスの表記

IPv4:「xxx.xxx.xxx.xxx」形式

8ビットごとに "." で区切り、それぞれを10進数(0~255)で表します。

(例) 192.0.2.100

IPv6:「xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx」形式

16ビットごとに ":" で区切り、それぞれを16進数(0000~ffff)で表します。

(例) 2001:0db8:0000:0123:4567:89ab:cdef:ffff

1つの ":" で区切られたフィールドが "0" で始まる場合、先頭から連続する "0" は省略できます。

(例) 2001:0db8:0111:1111:0001:0001:0001:0001 → 2001:db8:111:1111:1:1:1:1

すべて0のフィールドが連続する箇所は、 "::" として省略できます。
ただし、省略できるのは1箇所だけです。

(例) 2001:0db8:0000:0000:0000:0000:0001 → 2001:db8::1
(例) 2001:0db8:0000:0000:0001:0000:0000:0001 → 2001:db8::1:0:0:1

最後に、IPで使われている主なインターネット接続方式を見ていきます。
IPv4とIPv6では、単に接続する方法が違うというだけでなく、通信速度にも違いが出てくることに注目してください。

インターネット接続方式

以降、NTTのフレッツ網を使用する前提で説明します。

主なインターネット接続方式として、「PPPoE」と「IPoE」があります。これら2つの接続方式について紹介します。
IPv4では、PPPoEだけを利用できます。一方、IPv6では、PPPoEとIPoEの両方を利用できます。

PPPoE

PPPoE(Point-to-Point Protocol over Ethernet)は、PPP(Point-to-Point Protocol)という規約をLANの規格であるイーサネットに適用したものです。

PPPは、もともと電話回線などを使用したインターネット接続で利用されていた規約であり、ユーザー認証やIPアドレスの付与などの機能があります。インターネットに接続するユーザーは、プロバイダーと契約したときに通知されたユーザーIDとパスワードを使って、PPPの認証を行います。

PPPoEを使用する場合、ユーザーは、網終端装置を経てインターネットへ接続します。プロバイダーを経由してインターネットに接続するユーザーが多い場合、網終端装置が混み合うことがあります。このような網終端装置の混雑が、インターネットが遅いと感じる原因のひとつです。

インターネット接続方式:イメージ

IPoE

IPoE(Internet Protocol over Ethernet)は、IPをイーサネットで使用する方式です。PPPoEのようなユーザー認証はありません。

IPoEの最大の特徴は、直接インターネットへアクセスできることです。網終端装置を経由しないため、PPPoEと比較すると、理論上、通信速度は速くなります。

IPoEによるインターネット接続は、IPv6でだけ利用できます。IPv6に対応していないサーバーへはアクセスできません。しかし、現在はIPv4からIPv6へ移行する過渡期であるため、まだIPv6に対応していないサーバーも一定数存在します。この問題を解決する手段として、「IPv4 over IPv6」という技術があります。後ほど詳しく紹介します

インターネット接続方式:イメージ

IPv6のメリットとデメリット

  • メリット
    • IPoE方式でインターネットに接続すると、IPv4よりスムーズに通信できます。
    • IPマスカレード(NAPT)を使わずに、すべての端末がインターネットへアクセスできます。(*)
  • デメリット
    • すでにIPv4によるネットワークを構築している場合、IPv6によるネットワークを構築するには、最初からネットワークを構築し直す必要があります。
    • IPv4だけに対応しているサーバー(サイト)には、アクセスできません。

(*)「IPマスカレード(NAPT)」とは、IPアドレスを節約することができる技術です。IPv6では、IPアドレスの数が理論上無限であるため、IPマスカレードを使う必要がありません。ただしIPマスカレードは、セキュリティーの面でも一定の役割を果たしています。そのため、IPv6でIPマスカレードを使わない場合は、ファイアウォールを適切に設定する必要があります。

IPv4とIPv6の共存

IPv4とIPv6は、互換性のない異なる技術で成り立っています。そのため、たとえばIPv4の接続を待ち受けているWebサーバーに対して、IPv6では接続できません。
ただし、WebサーバーがIPv4とIPv6の両方に対応している場合は、IPv4でもIPv6でも接続できます。このように、単一の機器にIPv4とIPv6を共存させることを「デュアルスタック」といいます。

IPv4とIPv6の共存:イメージ

PCがIPv4とIPv6の両方に対応している場合、IPv6に対応したサーバーに対して、IPv6を使用してアクセスします。一方で、IPv4だけに対応したサーバーは、IPv4でアクセスしますので、アクセスが遅いと感じるかもしれません。それを解決するのが、先ほど紹介した「IPv4 over IPv6」です。

「IPv4 over IPv6」とは、IPv4パケット(*)をIPv6で包んで送信する技術です。送信するデータをIPv6で包むことで、IPoE方式のインターネット接続を利用できるようになります。IPv4 over IPv6を利用した場合、VNEとよばれる回線接続業者が、包んでいたIPv6の情報を外し、IPv4パケットとしてサーバーに転送します。この技術を使えば、IPv4だけに対応したサーバーへも、高速な通信が期待できるIPoE方式で接続できます。
IPv6対応サーバーにはIPv6で接続し、IPv4対応サーバーにはIPv4 over IPv6で接続する技術は、「MAP-E (Mapping of Address and Port Encapsulation)」、「DS-Lite (Dual-Stack Lite)」などがあります。

(*) IPを用いて送信するデータを「パケット」といいます。

IPv4とIPv6の共存:イメージ

IPv4 over IPv6

まとめ

  • IPv6とは、IPというプロトコル(規約)のバージョン6です。
  • IPv4では、IPアドレスの数が約43億個であり、枯渇するおそれがあります。一方、IPv6では、IPアドレスの数が約340兆×1兆×1兆個であり、事実上無限です。
  • IPv4とIPv6とで、IPアドレスの表記が異なります。IPv4では、IPアドレスを8ビットごとに "." で区切り、それぞれを10進数で表します。一方、IPv6では、16ビットごとに ":" で区切り、それぞれを16進数で表します。
  • 主なインターネット接続方式として、PPPoEとIPoEがあります。IPv4では、PPPoEだけを利用できます。一方、IPv6では、PPPoEとIPoEの両方を利用できます。
  • PPPoEでは、網終端装置の混雑により、通信速度が低下することがあります。一方、IPoEでは、網終端装置を経由しないため、理論上、通信速度は速くなります。
  • IPv4とIPv6を共存させることができます。共存させるための技術として、単一の機器にIPv4とIPv6を共存させる「デュアルスタック」や、IPv4パケットをIPv6で包んで送信する「IPv4 over IPv6」があります。

長年利用されてきたIPv4を捨てて、いきなりIPv6に移行することはできません。
IPv4からIPv6へ移行する過渡期においては、IPv4を利用するサーバーへの接続を維持しつつ、IPv6にも対応していく方法が求められます。

オススメ情報

この章では、あなたの目的に合わせて、オススメの情報をピックアップしてご紹介します。

次のうち、あなたがこのページを訪れた目的はどれでしょうか?
該当のボタンをクリックしてください。

◆IPv6について、より詳しく知りたい:

IPv6について、もっと詳しく学びたい
オススメ情報:イメージ

あなたにオススメのページ:

※対応している製品は、対応製品一覧でご確認ください。

◆IPv6によるネットワークを構築したい:

ヤマハ ネットワーク製品のメリット

IPv6によるネットワークの構築をお考えなら、ヤマハ ネットワーク製品がオススメです。この章では、ヤマハ ネットワーク製品のメリットを2点に絞ってご紹介します。

わかりやすいWeb GUIで初心者にもやさしいIPv6関連の設定

1点目のメリットは、ルーターを設定しやすいことです。ヤマハルーター(一部機種を除く)にはWeb GUIが用意されています。そのため、ヤマハルーターに慣れていない方でも、簡単にIPv6関連の設定ができます。

では、どんな感じか見てみましょう。下の画面は、RTX1210のWeb GUIのサンプルです。

ヤマハ ネットワーク製品のメリット:イメージ

ヤマハルーターのWeb GUIは、対話式で段階を踏んで設定できるのが特長です。

それでも、もし、設定に迷っても安心です。
ヤマハのホームページでは、ネットワーク機器、ネットワーク構成など、さまざまな利用シーンに合わせた設定例(Web GUIやCLIの設定手順)を提供しています。

IPv6に対応したネットボランチDNSサービス

2点目のメリットは、ネットボランチDNSサービスが、IPv6に対応していることです。IPoEを利用した拠点間VPN接続にご利用いただくことで、より高速な拠点間接続を実現します。

ネットボランチDNSサービスについては、こちらをご覧ください。

ネットボランチDNSサービスは、本サービスに対応したルーターにて、無料(*)、無保証の条件でご利用いただけます。ご利用にあたっては、必ず 利用規約をご確認ください。なお、予告なくサービスを停止する場合がありますので、ご注意ください。

(*)プロバイダーとの契約内容によっては、別途、通信料が必要です。

対応製品一覧

IPv6に対応しているヤマハ ネットワーク製品は、以下のとおりです。詳細な情報を知りたい場合は、各製品をクリックしてください。

ルーター・ファイアウォール

製品 Web GUI 対応 インターネット接続方式 IPv6
VPN接続方式
IPv6
ネットボランチDNSサービス
IPv6 PPPoE IPv6 IPoE
ギガアクセスVPNルーター
RTX5000

RTX5000

IPsec
IPIP
L2TPv3

ギガアクセスVPNルーター
RTX3500

RTX3500

IPsec
IPIP
L2TPv3

ギガアクセスVPNルーター
RTX1210

RTX1210

(*)



MAP-E対応

IPsec
IPIP
L2TPv3

ギガアクセスVPNルーター
RTX830

RTX830

(*)



MAP-E対応

IPsec
IPIP
L2TPv3

LTEアクセスVoIPルーター
NVR700W

NVR700W

(*)



MAP-E対応

IPsec
IPIP
L2TPv3

ギガアクセスVoIPルーター
NVR510

NVR510

(*)



MAP-E対応

IPIP
L2TPv3

ブロードバンドVoIPルーター
NVR500

NVR500

(*)

IPIP

ファイアウォール
FWX120

FWX120

(*)

IPsec
IPIP

(*) IPv6関連機能は、プロバイダー接続設定など、一部の設定にだけ対応しています。
メール

ご相談・お問い合わせ