IPv4ネットワークを介したIPv6通信

IPsecトンネル(IPv6 over IPv4)機能の対応機種は、RTX5000RTX3500RTX1210RTX1200RTX830RTX810NVR700WFWX120です。

図 IPv4ネットワークを介したIPv6通信

IPsecを利用した、IPv6 over IPv4トンネリングの基本的な構成です。
LAN側にIPv6のネットワークを利用している場合でも、IPv4のネットワークを介して拠点間で通信できるようになります。
なお、本設定例では、各拠点のLAN側ネットワークからインターネットへのアクセスは行いません。

光回線に接続するためには、別途ONUが必要です。
NVR700Wは、本体のONUポートに小型ONUを装着することで、光回線に接続できます。

本機能の対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
拠点1 RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W FWX120 コマンド設定例  
拠点2 RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W FWX120 コマンド設定例  

拠点1 ルーター(1)

ゲートウェイの設定 ip route default gateway pp 1
ipv6 route default gateway tunnel 1
LANインターフェースの設定 ipv6 prefix 1 2001:1::/64
ipv6 lan1 address 2001:1::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1
WANインターフェースの設定 pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPへ接続するID) (ISPへ接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp mtu 1454
ip pp secure filter in 1010 1011 2000
ip pp secure filter out dynamic 100 101 102 103
netvolante-dns hostname host pp (ネットボランチDNSに設定された名前) # 注釈1
pp enable 1
VPN(IPsec)の設定 tunnel select 1
ipsec tunnel 1
ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive log 1 off
ipsec ike keepalive use 1 on
ipsec ike pre-shared-key 1 text (パスワード)
ipsec ike remote address 1 (対向ルーターのネットボランチDNSに設定された名前)
tunnel enable 1
ipsec auto refresh on
フィルターの設定 ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip filter 1010 pass * * udp * 500 # 注釈2
ip filter 1011 pass * * esp # 注釈2
ip filter 2000 reject * *
ip filter dynamic 100 * * www
ip filter dynamic 101 * * domain
ip filter dynamic 102 * * tcp
ip filter dynamic 103 * * udp
DNSの設定 dns server (ISPより指定されたDNSサーバーのアドレス)
dns private address spoof on

拠点2 ルーター(2)

ゲートウェイの設定 ip route default gateway pp 1
ipv6 route default gateway tunnel 1
LANインターフェースの設定 ipv6 prefix 1 2001:2::/64
ipv6 lan1 address 2001:2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1
WANインターフェースの設定 pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPへ接続するID) (ISPへ接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp mtu 1454
ip pp secure filter in 1010 1011 2000
ip pp secure filter out dynamic 100 101 102 103
netvolante-dns hostname host pp (ネットボランチDNSに設定された名前) # 注釈1
pp enable 1
VPN(IPsec)の設定 tunnel select 1
ipsec tunnel 1
ipsec sa policy 1 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive log 1 off
ipsec ike keepalive use 1 on
ipsec ike pre-shared-key 1 text (パスワード)
ipsec ike remote address 1 (対向ルーターのネットボランチDNSに設定された名前)
tunnel enable 1
ipsec auto refresh on
フィルターの設定 ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip filter 1010 pass * * udp * 500 # 注釈2
ip filter 1011 pass * * esp # 注釈2
ip filter 2000 reject * *
ip filter dynamic 100 * * www
ip filter dynamic 101 * * domain
ip filter dynamic 102 * * tcp
ip filter dynamic 103 * * udp
DNSの設定 dns server (ISPより指定されたDNSサーバーのアドレス)
dns private address spoof on

[注釈の説明]

注釈1:

ネットボランチDNSへ名前を登録する手順

(1) 名前の設定
 まず、次のコマンドを実行してください。
 pp select 1
 netvolante-dns hostname host pp [HOSTNAME]
 HOSTNAMEには登録したい名前を設定してください。

(2) ネットボランチDNSへの登録
 次のコマンドを実行してください。
 netvolante-dns go pp 1
 このときに、ルーターはネットボランチDNSに対して登録を行います。
 登録が成功すると、設定の変更を保存するかどうかを確認しますので、
 'y'と入力し、設定を確定してください。
 名前はHOSTNAME.aa0.netvolante.jpと設定されます。
 詳細はhttp://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/NetVolanteDNS/netvolante-dns-use-command.html
 を参照してください。

注釈2:

VPN(IPsec)に関係するパケットを通過させる設定です。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。