株式会社ビジネス・アソシエイツ

社内ネットワークをクラウドサービス利用からヤマハルーターでの自社構築に変更し、大幅なコスト削減とフレキシブルな拠点数増減対応を実現。

導入の背景

セミナーを通してヤマハのネットワーク製品と出会う

5年前のルーター入れ替え前に、SCSK社主宰のセミナー株式会社匠技術研究所主催のヤマハルーター設定スクール などに参加してヤマハルーターの勉強をしたところ、これなら自社構築できると判断できました。「LANの見える化」もこのセミナーで知り、必要な機能だと思い、スイッチもヤマハ製品を導入していくことにしました。

[導入イメージ]
導入イメージ

導入後の効果

ヤマハルーターで社内ネットワークを自社構築

従来は回線/ネットワーク機器/保守がセットになったクラウドサービスを利用していました。しかし、自社だけの社内ネットワークを構築したところ、1拠点あたり月額数万円かかっていた費用を大幅に低減することができました。さらには、拠点の増減や海外や自宅からのVPN接続をフレキシブルに設定可能に。従来はクラウド業者へ依頼しなくてはいけなかった作業も、自社で簡単に設定できるようになりました。海外などルーターのない環境からも、VPNクライアントソフトウェアを使いリモートワークの環境をフレキシブルに構築できます。また、ヤマハネットワーク製品の「見える化」機能で社内ネットワークトラブルに対応が可能となりました。LUAスクリプトを用いて死活監視などを行い、リアルタイムに社内ネットワークを監視できます。その結果、ネットワーク障害への対応を迅速に行えるようになりました。

ヤマハスイッチ/無線LANアクセスポイント導入による更なるネットワーク環境の向上

オフィス移転にあわせて、LAN環境もヤマハスイッチSWXシリーズで構築しました。従来のクラウドサービスでは社内LAN環境のサポートはなく、別個に契約しようとするにはコスト面で負担になっていたからです。ヤマハスイッチSWXシリーズによる「LANの見える化」により簡単にLAN環境のトポロジーが表示され、PCなどの接続端末も見えるようになったため、LANケーブル抜けなどトラブル発生時もすぐに原因箇所が特定でき、社内LANにおけるトラブルが少なくなりました。

無線LANアクセスポイントWLX402導入による「無線LANの見える化」

ルーターとスイッチのヤマハ製品導入にあわせて無線LANアクセスポイントもヤマハ WLX402を導入しました。社内には無線速度の速いPCと遅いPCがあったため、「無線LAN見える化」画面で原因を調査。電波強度やチャネル変更、PC側の無線ドライバをIEEE802.11ac固定にするなどの対策を取り解決しました。「無線LAN見える化」機能により問題点を即座に確認ができ、適切な対策を素早くとることが可能になりました。

ユーザーの声

分からないことは「ヤマハルーターお客様ご相談センター」で直ぐに解決

設定などで困ったこと、分からないことがあれば「ヤマハルーターお客様ご相談センター」に問い合わせをしています。無償サポートにも関わらず素早く適切な回答を返してくれており、非常に満足しています。当社はPlaza-iというERPパッケージを核にそのプラットフォームの構築も担っております。ヤマハの高品質なネットワーク製品の導入展開を行い、高機能かつ安定的に稼働する基盤の構築の展開を今後も進めてまいります。

株式会社ビジネス・アソシエイツ 技術サポート部
大川様 仁科様 根本様

導入企業様

株式会社ビジネス・アソシエイツ

所在地
〒140-0002 東京都品川区東品川1-2-5 リバーサイド品川港南ビル3階
プロフィール
株式会社ビジネス・アソシエイツは1987年設立より業務アプリケーション・パッケージを作り続け、多くのお客様に提供してきました。それまでのノウハウを結集して1999年に完成・発売開始した特定業態の日本の中堅・中小企業、海外進出企業、外資系企業向け100%オリジナルERPパッケージがPlaza-iです。「熟知した自社パッケージを活用した、最適なソリューションの提供」をモットーに、コンサルティング、導入支援、移行支援、導入・移行確認、運用サポートまで一貫したソリューションを提供しています。
Webサイト

(2018年01月24日掲載)