株式会社コナカ

12年前に構築した拠点間網“壊れないルーター”で安定稼動

紳士服チェーンのコナカが本社と店舗をつなぐ情報通信ネットワークを構築したのは2006年のこと。
以来、大きなトラブルもなく稼動し続けている。その要因の1つに挙げられるのが頑丈なVoIPルーターだ。

導入の経緯

大手紳士服専門チェーンのコナカ。全国の店舗がつながる現在のネットワーク基盤を構築したのは実に12年前、2006年までさかのぼる。それ以来、大きなトラブルもなく、同社の事業を静かに支え続けてきた。
ネットワークの更改を検討し始めた当初、コナカの情報システム部は既存の情報系ネットワークだけの刷新を考えたが、それだけでは費用対効果が小さく、経営層の了解を得られずにいた。そこでNTT東日本神奈川事業部に相談したところ、浮上したのがVoIPによる内線電話網の構築だった。それまで外線で行っていた拠点間通話をVoIPで内線化。情報系ネットワークに統合することにより、シンプルなネットワーク構成で、通信コストを大幅に削減できることを知った。

株式会社コナカ総本店の外観

横浜市戸塚区に立地するコナカ本社。店舗も兼ねたこの建物内に同社の情報システム部が設置され、400を超える全店舗のVoIPルーターを遠隔監視している

安定稼動し続けるVoIPルーター

当時、コナカは約300店舗を運営し、このうち約270店舗は東日本エリアに立地していた。その東日本エリアの店舗と本社を結ぶネットワークには、NTT東日本の「フレッツ・VPNゲート」を採用した。フレッツ光ネクストをアクセス回線に用いるリーズナブルなセンタ-エンド型のVPNサービスだ。センタ拠点となる本社側には、NTT東日本の広域イーサネット「ビジネスイーサ ワイド」を選択している。 一方、西日本エリアについては、その頃は店舗数が30ほどと多くはなかったこともあり、センタ側もアクセス回線にフレッツ光を用いる構成を選んだ。具体的には「フレッツ・VPNワイド」とそのオプションの東西接続サービスを利用し、東日本エリアの本社と接続している。
VoIPルーターについては、ヤマハ製品を採用した。当時、トンネリング機能を標準搭載するVoIPルーターをラインナップするベンダーは、ヤマハだけだったからだ。本社には「RTV700」、店舗には「RT58i」を導入し、店舗側はその後、同じヤマハの「NVR500」にリプレースしている。本社にはヤマハの電話帳サーバー「RTV01」も設置した。これにより、内線電話番号の一括管理が可能となり、通話コストだけでなく管理コストも削減できた。RTV01は近いうちに後継機である「YSL-V810」に置き換えられる予定だという。
本社の遠隔監視サーバーには、システムインテグレーターのSCSKが提供するソフトウェア「RT-MasterPro」がインストールされている。同ソフトは、遠隔から複数拠点のヤマハ製ルーターへのコンフィグの送信や取得、ファームウェアのバージョンアップ、監視が行えるもので、コナカの情報システム部はこれを利用してVoIPルーターのリモート保守を行っている。
なお、各店舗にはクレジットカード決済のためCAT端末を設置している。そのため、セキュリティを第一に考え、店舗のPCからはインターネット接続ができないようにしている。
2005年に検討が始まったネットワークの刷新は、およそ1年を掛けて2006年に完了した。その結果、通信コストと管理コストの削減、ネットワーク構成のシンプル化などの効果を得ることができた。
そして、そのネットワークは、利用する回線網のバージョンアップを行い現在まで安定稼働し続けている。その要因は複数あるが、コナカ管理本部情報システム部 部長代理の湖中龍介氏はVoIPルーターが頑丈で壊れないことを最初に挙げ、「水没でもしない限り、ずっと動き続けるのではないでしょうか」と笑ってみせる。

図表 コナカのネットワーク構成図

図表:コナカのネットワーク構成図

導入後の効果

12年の運用経験は未来に生きる

コナカは現在、「紳士服コナカ」のほか、デザイン性の高いスーツを販売する「スーツセレクト」、オーダースーツの「DIFFERENCE」など、顧客ターゲットの異なる店舗を展開し、合計店舗数は400を超えるまでになった。
ワイシャツやネクタイなどのインターネット販売もすでに行っており、今後は顧客が自宅にいながらにしてきちんと採寸できる仕組みを構築し、スーツのインターネット販売にも乗り出すことを計画している。
「その一方で、店舗の重要性も認識しています。生地の手触りを感じたいというお客様や店舗スタッフのアドバイスを受けたいというお客様も多くいらっしゃるので、店舗がなくなることはありません」と湖中氏。
トラフィックが飛躍的に増大していく中、コナカのネットワークにも変化が必要とされる日が遠からず訪れるだろう。約12年間も安定稼動するネットワークを構築し、運用してきた経験は、未来のネットワークを作る際にも生きるはずだ。

導入企業様

株式会社コナカ

株式会社コナカ

所在地
神奈川県横浜市戸塚区品濃町517-2
設立
1973年
導入の経緯と成果
情報系ネットワークと統合した内線VoIP網を構築。通信コストと管理コストの削減などの効果を得た。
そのネットワークは現在まで約12年間稼動し続け、コナカの事業を支え続けている。
システム概要
・VoIPルーター「NVR500」400台以上
・VoIPルーター「RTV700」4台
・電話帳サーバー「RTV01」2台
・IP-VPN「フレッツ・VPN ゲート」
・IP-VPN「フレッツ・VPNワイド」
・広域イーサネット「ビジネスイーサ ワイド」
・ヤマハルーター遠隔管理ソフトウェア「RT-Master Pro」
Webサイト
湖中龍介氏 コナカ 管理本部
情報システム部 部長代理
湖中龍介 氏

記載されている会社名・製品名は、各社の商標、または登録商標です。
この記事は、株式会社リックテレコムの許可により「月刊テレコミュニケーション(2018年06月号)」の記事を転載したものです。
無断転載を禁じます。

(2018年07月10日掲載)