プライム・ストラテジー株式会社

海外のグループ企業との社内ネットワークをVPNで接続

採用の経緯と課題

TCOの削減とネットワークの拡張

日本本社を移転する際、業務拡大の為増床が予定されていました。連動してネットワークも拡張する必要がありましたが、機能、品質、メンテナンスしやすさの追及と共に初期投資、運用コストを抑えたいと考えました。

安定稼動すること

情報通信機器に詳しい従業員は多いのですが、社内システム、とりわけネットワークに関しては安定的に動作することが前提と考えており、専任で管理する人員のアサインはしたくないと考えています。

手間をかけずに設定できること

社内ネットワークは人員の増加や、今回のような海外拠点とのVPN接続の必要性の発生など、業務拡大に応じて変化しますが、そのたびにマニュアル片手に試行錯誤するのは人的投資の無駄と考えています。

課題の解決

機能・品質の維持、安価な導入コスト

ヤマハ製品に品質面、機能面で信頼もあり、ルーター、スイッチ、無線LANアクセスポイントなどヤマハ製品に統一して導入することで、ネットワーク全体をLANマップで見える化することができました。また初期投資、運用コストも抑えることができました。

ヤマハルーターを10年前から使用

一部のネットワークでは10年前からヤマハルーターを使用しておりました。そのころから歴代ヤマハルーターは稼動開始後リブートすることなく、稼動しております。

ログとネットの情報量の多さ

ヤマハのルーターは必要充分なログが取得でき、コマンドでも、GUIでも設定ができるだけではなく、インターネットで、製品名にやりたいことを添えて検索するとたくさんの設定例や技術情報が得られる点もネットワーク管理の省力化につながっています。

導入後のネットワーク構成図

ヤマハ製品の導入効果

  • 日本法人本社、インドネシア法人間をヤマハ製品でVPN接続し、低コストでハイパフォーマンスなネットワークを実現
  • 日本法人本社内のネットワーク機器をヤマハ製品で統一することで管理工数を軽減
  • ヤマハネットワーク製品を活用することで、安定したネットワーク運用の実現

ユーザーの声

「プライム・ストラテジーは事業拡大により日本法人の本社を増床移転しました。社員数が年々増加する中で、上場を視野に置いた経営が求められるようになり、社内ネットワークについては運用負担を軽減しつつ、ネットワークを拡張していく必要がありました。そこで、長年使用しているヤマハのルーターをアップグレードし、スイッチと無線LANもヤマハ製品で統一することにしました。また、同時に子会社のインドネシア法人及びデータセンターとのVPN接続を行いました。ネットワーク機器をヤマハ製品で統一することで、安定したハイパフォーマンスなネットワークを統一された管理画面で管理できるようになりました。今回のネットワーク改修により、ネットワークの拡張と運用負担の軽減を両立することができました。」

左)プライム・ストラテジー株式会社
代表取締役 中村 けん牛氏
右)PT. Prime Strategy Indonesia
President Director
Daeng Marowa, M.Eng氏

導入企業様

情報通信業
プライム・ストラテジー株式会社
PT. Prime Strategy Indonesia

所在地
東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア イーストタワー18F
設立
2002年12月
資本金
4千万円
プロフィール
プライム・ストラテジー・グループは、国内法人およびアジアに拠点を構えるグローバル企業のクラウドコンピューティングに関する課題解決をお手伝いするクラウドインテグレータです。東京、ニューヨーク、シンガポール、ジャカルタに拠点を構え、クラウドインテグレーションサービスを提供しています。主な事業は、クラウドプラットフォームを活用したMSP事業とCI事業とSI事業の3つです。
Webサイト

記載されている会社名・製品名は、各社の商標、または登録商標です。
この活用事例の著作・制作は、SCSK株式会社です。
ヤマハ株式会社は、SCSK株式会社の許可を得て、ホームページ掲載を実施しています。

(2018年02月27日掲載)