シンプルL2スイッチ

SWX2100-5PoE

  • 希望小売価格: 39,000円(税抜)
  • JANコード:49 57812 61397 2

IPカメラに最適なPoE対応5ポートスイッチ

LAN構築相談窓口
  • IEEE 802.3at対応
  • IPカメラネットワークに最適なPoEスイッチ
  • 「LANマップ」機能に対応
  • CONFIGスイッチによる簡易設定
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

ツール/資料

Yamaha LAN Monitor
Yamaha LAN Monitor は、パソコン上でヤマハスイッチやヤマハ無線LANアクセスポイントの情報や接続機器を監視、制御するソフトウェアです。

技術資料
設定やご注意といった、『SWX2100シリーズ』をお使いいただく際に役立つ情報を紹介しています。

IEEE 802.3at対応

SWX2100-5PoEは、1個のアップリンクポートを除くすべてのポートでIEEE 802.3atに対応し、各ポート最大30Wの給電が可能です。装置全体の給電能力は最大70Wです。

IPカメラネットワークに最適なPoEスイッチ

ヤマハルーターと組み合わせることで遠隔地からのネットワーク監視や給電状態の見える化を実現でき、PoE受電機器が異常状態に陥った時には、遠隔からPoE給電の操作により受電機器を復旧させることが可能です。また、ヤマハルーターのカスタムGUI、Luaスクリプト機能で遠隔監視、自動復帰を自動化することも可能です。
さらに、Yamaha LAN Monitorでも同様のことが可能です。
SWX2100-5PoEはファンレスで最大40℃の動作環境条件温度に対応しており、IPカメラなどが使用されるネットワークに最適です。

IPカメラネットワークに最適なPoEスイッチ

「LANマップ」機能に対応

『SWX2100シリーズ』は、『RTX1210』『NVR700W』『NVR510』もしくは『SWX2300シリーズ』との併用で、「LANマップ」機能をご利用いただけます。LAN内のネットワーク構成をわかりやすくグラフィカルに表示でき、ネットワーク管理者の管理、運用の負担を軽減します。

CONFIGスイッチによる簡易設定

本体前面にあるCONFIGスイッチで簡単に本製品の動作を設定できます。起動時にCONFIGスイッチの設定を読み取り、その設定に従い動作します。
CONFIGスイッチでは、以下の設定を「ON / OFF」で指定できます。

1.L2MS(Layer2 Management Service)機能
2.フロー制御
3.Auto MDI/MDI-X
4.ループ検出機能
5.低消費電力モード

CONFIGスイッチによる簡易設定

ハードウェア/性能

機能