スマートL2スイッチ

SWX2210-16G

  • 希望小売価格: 64,000円(税抜)
  • JANコード:49 57812 63598 1

ルーターとの連携、自立性を高めたスマートL2スイッチ 【LANポート数:16】

LAN構築相談窓口
  • ネットワークの見える化機能に対応
  • スイッチ機能の強化
  • 自立運用可能な設定機能
  • ファンレス設計で動作周囲温度50℃まで対応
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

小規模オフィスネットワーク構成例

小規模オフィスネットワーク構成例

ネットワークの見える化機能に対応

従来の『SWX2200シリーズ』と同様にL2MSマスターの見える化機能「LANマップ」からの設定や端末の管理機能に対応しています。スイッチで起きているループなどの障害を「LANマップ」で確認することができ、ネットワーク管理者の管理、運用の負担を軽減します。
また、L2MSマスターで「SWX2210シリーズ」の設定を管理・保存することが可能です。スイッチ本体に異常があった場合でも、スイッチ本体を入れ替えてL2MSマスターから保存している設定を転送することで、すみやかに新しいスイッチで運用することができます。

スイッチ機能の強化

従来の『SWX2200シリーズ』で対応していた「VLAN」や「QoS」などの機能を継承。高いセキュリティー性の保持、帯域の有効活用にお役立ていただけます。さらにリンクアグリゲーション機能を搭載し、経路の冗長化も可能。安定したネットワーク構築に貢献します。

「QoS」は、『SWX2200シリーズ』ではDSCP(DiffServ Code Point)値による優先制御のみの対応でしたが、「SWX2210シリーズ」では、CoS(IEEE 802.1p Class of Service)値による優先制御やDSCP、CoS値による送信キュー割当、WRR(Weighted Round Robin)重み付け制御にも対応しました。これらの方式に対応することで、従来よりも帯域を有効に活用することが可能になりました。また、「リンクアグリゲーション」はスタティックによる設定に対応しています。経路の冗長化が必要なネットワークで利用することで、安定したネットワークの運用が可能になります。

SWX2210 インターネットマンション構成イメージ

SWX2210 インターネットマンション構成イメージ

自立運用可能な設定機能

従来の『SWX2200シリーズ』にはないWeb GUIとTELNETによるCLIの設定機能を搭載し、さまざまな機能の設定をスイッチ単体で行えるようになりました。
ダッシュボード機能ではスイッチのリソース、機器情報やログの確認が可能です。また、TELNETによるCLI設定では、複数のスイッチを効率よく設定することも可能です。

ファームウェアアップデートによる機能追加

『SWX2210シリーズ』において、下記機能を追加するためのファームウェア公開をしています。

対象ファームウェア:
  • Rev.1.02.05以降
追加機能:
  • 監視手法の利便性向上
    SNMPによるネットワーク管理機能
    ※SNMPを搭載することで、省エネ法の区分が変更になります。
  • セキュリティ機能の強化
    ACL(IPv4/IPv6/MAC)
  • マルチキャストスヌーピングによる通信帯域の有効活用
    IGMPスヌーピング、MLDスヌーピング
  • 優先制御をよりシンプルに
    送信キュー割当て方式としてポート優先度を追加

 

ファンレス設計で動作周囲温度50℃まで対応

ファンレス設計で動作周囲温度50℃まで対応しています。また、5年間の無償保証が標準で付属します。
静音性を求められる会議室ではもちろん、パソコン等の周辺機器の発熱で高温になりやすい設置環境でも、これまで以上に安心してご利用いただけます。

ハードウェア/性能

機能


メール

ご相談・お問い合わせ