スマートL2 PoEスイッチ

SWX2221P-10NT新製品

  • 希望小売価格: 145,000円(税抜)
  • JANコード:49 57812 67410 2

オフィスへのWi-Fi 6 無線LANアクセスポイント導入時に最適な2.5ギガビット/10ギガビット対応スマートL2 PoEスイッチ

LAN構築相談窓口
  • 8個の2.5ギガビットポートで同時に30W給電が可能
  • 10ギガビットに対応したコンボポートを2個搭載
  • PoEスケジューリングや死活監視、自動復旧に対応
  • IEEE802.1X認証に対応
  • キッティング作業の負荷を大幅に軽減する機能搭載
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

中規模オフィスネットワーク構成例

中規模オフィスネットワーク構成例

小規模オフィスネットワーク構成例

小規模オフィスネットワーク構成例

Wi-Fi 6 対応無線LANアクセスポイント導入時に最適なハードウェア仕様

Wi-Fi 6 対応無線LANアクセスポイントの多くが、有線LANは2.5ギガビットに対応し、給電は30Wに対応したPoE給電機器を必要とします。
『SWX2221P-10NT』は、2.5ギガビットに対応したポートを8個、10ギガビットに対応したコンボポート(RJ-45ポートとSFP+スロット)を2個搭載しています。また、8個の2.5ギガビットポートで同時に30W給電可能で、給電容量を気にすることなく、Wi-Fi 6 対応無線LANアクセスポイントや高性能なIPカメラなどのPoE受電機器を最大8台収容できます。さらに、アップリンクポートとして10ギガビット対応のポートを利用することで、複数の2.5ギガビット通信をボトルネックなく上位のネットワーク機器へ転送します。

Wi-Fi 6 対応無線LANアクセスポイント導入時に最適なハードウェア仕様

PoE受電機器の運用を便利にする機能を搭載

『SWX2221P-10NT』は、給電をスケジューリングできる機能や死活監視する機能など、PoE受電機器の運用を便利にするPoE給電制御に対応しています。
給電のスケジューリング機能は、指定した時間帯だけPoE給電を有効にすることが可能です。例えば、オフィス業務の平日の就業時間のみ無線LANアクセスポイントへ給電することで、就業時間外の電力消費を削減し、無線LANの不正使用を未然に防ぎます。さらに、ヤマハ無線LANアクセスポイントと連携する「LLDP自動設定機能」を使用することで、給電停止タイミングをヤマハ無線LANアクセスポイントへ事前に通知することもできます。その際、ヤマハ無線LANアクセスポイントは、給電が停止される前にログを自動保存することで、ログ消失を防ぐことが可能です。

PoE受電機器の運用を便利にする機能を搭載

また、死活監視する機能を使用することで、ハングアップした無線LANアクセスポイントやIPカメラへのPoE給電を自動的にOFF/ONし、再起動できます。死活監視の方法は、PINGによる疎通確認だけでなく、端末からのLLDP定期通信の監視にも対応しています。監視する端末のIPアドレスを指定することなく、GUI上で死活監視したいポートをワンクリックするだけで設定が完了し、簡単にPoE受電機器の監視体制を構築できます。また、ヤマハ無線LANアクセスポイントと連携する「LLDP自動設定機能」を使用することで、接続されたヤマハ無線LANアクセスポイントを自動的に認識しLLDPによる死活監視を開始します。これにより、ヤマハ無線LANアクセスポイント追加時の設定業務の負荷を軽減できます。

PoE受電機器の運用を便利にする機能を搭載

安全性の高いネットワークを実現するセキュリティー機能を搭載

『SWX2221P-10NT』はIEEE802.1X認証に対応し、強固なネットワークセキュリティーを実現します。さらに、ヤマハ無線LANアクセスポイントと連携する「LLDP自動設定機能」を使用することで、RADIUSサーバーと認証局を内蔵しているヤマハ無線LANアクセスポイントと接続するだけでRADIUSサーバー情報を自動的に登録することができ、複雑なセキュリティー設定を簡単に行えます。
またIEEE802.1X認証だけでなくACLも搭載し、シンプルなフィルタリング処理により、不正な端末からの通信をブロックします。

安全性の高いネットワークを実現するセキュリティー機能を搭載

保守・運用業務を軽減する機能

『SWX2221P-10NT』では、無償のPCアプリケーション「Yamaha LAN Monitor」の最新バージョン(2022年3月より提供予定)をご利用いただくことで、個別にIPアドレスの設定をすることなく、複数台のスイッチのCONFIG管理やファームウェアの一括更新を実現し、キッティング作業の負荷を大幅に軽減します。他の当社スイッチ製品のラインアップでも順次対応する予定です。

また、LANの見える化機能「LANマップ」での管理にも対応しています。上位のヤマハルーターやインテリジェントL2スイッチ、L3スイッチと組み合わせることで、本機に接続された端末を含め、LAN全体のネットワーク状態を確認できるため、トラブル対応や日頃の保守・運用業務の負荷を大幅に軽減します。さらに、本製品は、ループの発生や機器の故障などをブザーで知らせる機能にも対応しているので、万が一障害が発生した場合にも障害発生箇所を迅速に特定し、トラブル時の対応負荷を軽減できます。

保守・運用業務を軽減する機能

壁やラックへの設置金具を同梱

『SWX2221P-10NT』は、ウォールマウント用とラックマウント用の金具を同梱しているため、別途オプション品を準備することなく、壁やラックへの設置が可能です。

ウォールマウント用金具

ウォールマウント用金具

壁設置のイメージ

壁設置のイメージ

ラックマウント用金具

ラックマウント用金具

ハードウェア/性能

機能


メール

ご相談・お問い合わせ