インテリジェントL2 PoEスイッチ

SWX2310P-10G

  • 希望小売価格: 115,000円(税抜)
  • JANコード:49 57812 62451 0

全ポートから給電可能なL2 PoEスイッチ

LAN構築相談窓口
  • セキュリティー機能の強化
  • 充実した管理/設定機能
  • 精度の高い端末の死活監視機能
  • パフォーマンス観測
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

インターフェース

LANポート数 10 (※4)
SFPスロット数 2 (※4)
SFP+スロット数 -
microSDスロット 1スロット(SDHC対応)
コンソールポート 1ポート(RJ-45), 1ポート(USB mini-B)
オートネゴシエーション
Auto MDI/MDI-X

PoE

PoE給電可能ポート 8(ポート1~8, IEEE802.3at 準拠)
給電方式 Alternative A(データ線 1, 2, 3, 6 利用)
最大給電能力(1 ポートあたり) 30W
最大給電能力(装置全体) 124W

性能

スイッチング容量 20Gbit/s
転送能力 (※1) 14.88Mpps
レイテンシー(10G/1000M/100M/10M) (※2) -/3.4μs/6.4μs/38.0μs
最大MACアドレス登録数 16384
フレームバッファー 1.5MB
ジャンボフレーム対応サイズ 最大10,240byte

リンクアグリゲーション

リンクアグリゲーション スタティック設定, LACP(IEEE 802.3ad)

Layer2

VLAN ポートベースVLAN, タグVLAN(IEEE 802.1Q), プライベートVLAN, Voice VLAN, マルチプルVLAN
最大VLAN数 256(VLAN ID 1〜4,094) (※6)
スパニングツリー STP(IEEE 802.1D) (※5), RSTP(IEEE 802.1w) (※5), MSTP(IEEE 802.1s)
ループ検出

Layer3

基本設定 -
デフォルトG/W 冗長化 -
スタティックルーティング -
ダイナミックルーティング -

IPマルチキャスト

Layer2 IGMP Snooping(v1/v2/v3), MLD Snooping(v1/v2)
Layer3 -

制御

ACL IPv4 ACL, IPv6 ACL, MAC ACL
QoS 送信キュー割当て(CoS, DSCP, ポート優先度), ポリシーベースQoS(個別ポリサー, 集約ポリサー), プレマーキング(CoS, ToS, DSCP), リマーキング(CoS, ToS, DSCP), スケジューリング(SP, WRR), 輻輳制御(Tail Drop), シェーピング(ポート単位, 送信キュー単位)
フロー制御 IEEE 802.3x(全二重), バックプレッシャー(半二重), HOLブロッキング防止
ストーム制御

管理/設定

管理プロトコル SNMP(v1/v2c/v3/Private MIB), RMON(v1/v2)
セキュリティー, 認証機能 ポート認証(IEEE 802.1X認証, MACアドレスベース認証), Web認証, ポートセキュリティ
プログラム管理 TFTPによる更新, Web GUIによる更新, microSDカードからの更新/起動
ロギング機能 メモリに蓄積, SYSLOGでの出力, 定期的なログのバックアップ機能
ログ記憶容量 最大10,000行
サポート機能 ポートミラーリング, ポートシャットダウン, リンクスピードダウンシフト, パケットカウンタ, 省電力モード(IEEE 802.3az EEE), DHCPクライアント, 時刻管理(手動設定, SNTP)
L2MSマスター (※3) L2MSスレーブの管理, LANマップLight(スレーブ/端末管理, スナップショット, メール通知, 機器一覧, タグVLAN設定, マルチプルVLAN設定, 一覧マップ)
L2MSスレーブ (※3) L2MSマスター(※7)の Web GUI による状態表示, ネットワーク構成表示
スタック -
CONFIGスイッチ -
設定手段 Web GUIによる設定, コンソール/TELNETによるコマンドを使用した設定, TFTPによるダウンロード/アップロード, microSDカードからのコピー/起動
GUIの推奨ブラウザー ・Windows: Internet Explorer 11, EDGE, Google Chrome, Mozilla FireFox ・MAC: Safari 7.0 以上 ・iOS: Safari 7.0 以上 (※8)

ハードウェア

状態表示ランプ(前面) POWER, microSD, MODE, LAN PORT, SFP PORT (PORT表示ランプはMODEボタンによりLINK/ACT(SPEED), PoE, VLAN, STATUS設定を切替えて表示)
動作環境条件 周囲温度 0〜50℃, 周囲湿度 15〜80%(結露しないこと)
電源 AC100~240V(50/60Hz) (※9), 電源内蔵(電源スイッチなし), 電源インレット(3極コネクター, C14タイプ)
最大消費電力(皮相電力)、最大消費電流、発熱量 162W(176VA), 1.8A, 584kJ/h
エネルギー消費効率(W/(Gbit/s)) A区分 1.3(※10)
最大実効伝送速度(Gbit/s) 10(※10)
測定時ポート速度とポート数 1Gbit/s: 10 (※10)
筐体 金属筐体, ファン:2基
電波障害規格、環境負荷物質管理 VCCIクラスA, RoHS対応, 省エネ法準拠
外形寸法 220(W)×42(H)×294(D)(突起物を除く)mm
質量(付属品含まず) 2.2kg
付属品 電源ケーブル(3ピンプラグ), 電源抜け防止金具, 取扱説明書(保証書含), レッグ, ダストカバー(SFPスロット取付け済み)
オプション 19インチラックマウント(トレイ型)キット, ウォールマウントキット, RJ-45コンソールケーブル, SFPモジュール
仕様対象ファームウェア Rev.2.02.14(※11)

(※1)フレームサイズ64Byte時(ノンブロッキング)です。

(※2)RFC2544に準じた測定値(ストア&フォワード方式, フレームサイズ64Byte)です。

(※3)L2MS(Layer2 Management Service)は、ヤマハネットワーク機器をレイヤー2レベルで管理する機能です。L2MSスレーブ対応機種は、技術情報(RTpro)サイトにて公開しております。

(※4)9-10ポートはコンボポートです。LANポートとSFPスロットは排他利用となります。同時にLAN、SFPポートにケーブルを挿入しないでください。誤動作の原因になることがあります。コンボポートのLANポートは1000Base-Tのみ対応します。

(※5)STPおよびRSTPは、MSTPの下位互換により対応します。

(※6)VLAN ID 1はデフォルトVLAN IDです。

(※7)L2MSマスターに対応しているルーター/ファイアウォール/スイッチが別途必要です。L2MSマスター対応機種は、技術情報(RTpro)サイトにて公開しております。

(※8)ブラウザーのバージョンは、最新バージョンにしてご利用いただくことを推奨します。また、最新のWebブラウザー対応状況は、技術情報(RTpro)サイトにて公開しております。

(※9)付属の電源ケーブルを使用する場合は、日本国内AC100Vのみ使用可能です。

(※10)「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づくスイッチのエネルギー消費効率です。

(※11)最新プログラムは、技術情報(RTpro)サイト上に公開しております。

外観図

SWX2310P-10G 外観図