外部メモリでファイル共有

本設定例は、以下の機種に対応しています。

対応機種: NVR500

図 外部メモリでファイル共有

ファイル共有機能を利用した設定例です。
NVR500に接続された外部メモリ内のファイルを指定のインタフェース、IPアドレスで接続しているホスト間で共有することができます。

NVR500の設定例

ファイル共有の設定

1.「詳細設定と情報」を選択します。

図 1.「詳細設定と情報」を選択します。

2.ファイル共有/同期の設定の行にある「設定」をクリックします。

図 2.ファイル共有/同期の設定の行にある「設定」をクリックします。

3.「基本設定」、「ファイル共有の設定」に必要事項を入力して「設定の確定」をクリックします。

図 3.「基本設定」、「ファイル共有の設定」に必要事項を入力して「設定の確定」をクリックします。

4.続けて、ファイルシステムで使用する外部ストレージ機器を初期化します。
「戻る」ボタンをクリックします。

図 4.続けて、ファイルシステムで使用する外部ストレージ機器を初期化します。

5.ストレージをファイル共有機能で使用できるようにするの行にある「実行」をクリックします。

図 5.ストレージをファイル共有機能で使用できるようにするの行にある「実行」をクリックします。

6.パスワードを入力して「実行」をクリックします。

図 6.パスワードを入力して「実行」をクリックします。

7.最後に、ファイル共有が稼動しているか確認します。
「戻る」ボタンをクリックします。

図 7.最後に、ファイル共有が稼動しているか確認します。

8.「状態の取得」行が「ファイル共有が稼働中です」と表示されていることを確認します。

図 8.「状態の取得」行が「ファイル共有が稼働中です」と表示されていることを確認します。