スマートL2スイッチ

SWX2200-8PoE生産完了品

  • 希望小売価格:オープン価格
  • JANコード:49 60693 23708 3

ネットワークの信頼性を高め、保守・管理負担を低減するスマートL2スイッチ。
【LANポート数:8】
【PoE(PoE Plus)給電対応】


  • オールギガポート スマートL2スイッチ
  • IEEE 802.3atに準拠した高出力給電
  • セーフティー機能
  • 対応ルーター/ファイアウォールからの集中管理を可能にするルーター/ファイアウォール連携機能
  • 遠隔拠点のスイッチもリモートルーターを経由することで管理が可能
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

インターフェース

LANポート数 8
SFPスロット数 -
microSDスロット -
コンソールポート -
オートネゴシエーション
Auto MDI/MDI-X

PoE

PoE給電可能ポート 8(ポート 1, 3, 5, 7 は IEEE 802.3at 準拠, ポート 2, 4, 6, 8 は IEEE 802.3af 準拠) (※4)
給電方式 Alternative A(データ線 1, 2, 3, 6 利用)
最大給電能力(1 ポートあたり) 30W
最大給電能力(装置全体) 123.2W

性能

スイッチング容量 16Gbit/s
転送能力 (※1) 11.90Mpps
レイテンシー (※2) -/1.9μs/4.0μs/27.5μs(10G/1000M/100M/10M)
最大MACアドレス登録数 8,192
フレームバッファー 176KB
ジャンボフレーム対応サイズ -

リンクアグリゲーション

リンクアグリゲーション -

Layer2

VLAN ポートベースVLAN, タグVLAN(IEEE 802.1Q), マルチプルVLAN
最大VLAN数 256(VLAN ID 1〜4,094)
スパニングツリー -
ループ検出

IPマルチキャスト

Layer2 -

制御

ACL -
QoS リマーキング(DSCP)
フロー制御 IEEE 802.3x(全二重), バックプレッシャー(半二重), HOLブロッキング防止
ストーム制御 -

管理/設定

管理プロトコル -
プログラム管理 L2MSマスター (※5) による更新
ロギング機能 L2MSマスター (※5) へのイベント出力
ログ記憶容量 -
サポート機能 ポートミラーリング, ポートシャットダウン, リンクスピードダウンシフト, パケットカウンタ, 省電力モード, 給電セーフティー機能 (※6), LANケーブル二重化
L2MSマスター (※3) -
L2MSスレーブ (※3) L2MSマスター(※5)からの自動初期設定, Web GUI/コマンドによる設定/状態表示/管理, ネットワーク構成表示, ルーターのSNMP経由の管理, 給電復帰機能
CONFIGスイッチ -
設定手段 L2MSマスター(※5)のWeb GUI/コマンドを使用した設定, PCアプリケーションを使用した設定

ハードウェア

状態表示インジケーター(前面) POWER, MODE, PORT(PORT表示ランプはMODEボタンによりLINK/ACT, SPEED, DUPLEX, STATUS, PoE SETTING, PoE STATE, PoE SUPPLY, TEMPを切替えて表示)
動作環境条件 周囲温度0〜40℃, 周囲湿度15〜80%(結露しないこと)
電源 AC100V(50/60Hz), 電源内蔵(電源スイッチなし), 電源インレット(3極コネクター, C14タイプ)
最大消費電力(皮相電力)、最大消費電流、発熱量 155W(160VA), 1.60A, 558kJ/h
エネルギー消費効率(W/(Gbit/s)) C区分 1.5(省エネ法対象外) (※7)
最大実効伝送速度(Gbit/s) 8.0 (※7)
測定時ポート速度とポート数 1Gbit/s: 8 (※7)
筐体 金属筐体, ファン:2基
電波障害規格、環境負荷物質管理 VCCIクラスA, RoHS対応, 省エネ法準拠
外形寸法 220(W)×44(H)(脚部を含む)×294(D)(突起物を除く)mm
質量(付属品含まず) 2.1kg
付属品 電源ケーブル, 電源抜け防止金具, 取扱説明書(保証書含)
オプション 19インチラックマウント(トレイ型)キット, ウォールマウントキット
仕様対象ファームウェア Rev.1.01.05 (※8)

(※1)フレームサイズ64Byte時(ノンブロッキング)です。

(※2)RFC2544に準じた測定値(ストア&フォワード方式、フレームサイズ64Byte)です。

(※3)L2MS(Layer2 Management Service)は、ヤマハネットワーク機器をレイヤー2レベルで管理する機能です。

(※4)本製品は供給電力を縦2ポート(1と2、3と4、5と6、7と8)毎に区切って管理しています。Class4(30W)に分類される機器を上段のポートに接続した場合、直下のポートには給電されません。Class3(15.4W)以下の機器であれば、上段、下段のポートで同時に2台利用することが可能です。

(※5)L2MSマスターに対応しているルーター/ファイアウォール/スイッチが別途必要です。L2MSマスター対応機種は、技術情報(RTpro)サイトにて公開しております。

(※6)ファンの異常を検知した場合、または、内部温度が60℃以上になった場合、または、供給電力が最大供給能力を超えた場合に全ポートで給電を停止します。

(※7)「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づくスイッチのエネルギー消費効率です。

(※8)最新プログラムは、技術情報(RTpro)サイト上に公開しております。

外観図

前面

  1. POWER 表示ランプ
  2. MODE 切替ボタン
  3. MODE 表示ランプ
  4. PORT 表示ランプ
  5. LAN ポート

背面

  1. 電源インレット
メール

ご相談・お問い合わせ