IP-VPN網を使用した拠点間接続 + ISDNバックアップ : コマンド設定

本設定例は、以下の機種に対応しています。

本社側対応機種: RTX1210 RTX1200 RT250i

支店A、支店B側対応機種: RTX1210 RTX1200

  • メイン回線:IP-VPN網
  • 回線障害時:ISDN網
図 IP-VPN網を使用した拠点間接続 + ISDNバックアップ : コマンド設定

メイン回線にIP-VPN網を使い、回線障害時にはISDN回線でバックアップします。
RTX1200の多彩なインターフェースとバックアップ機能を利用することで安価に信頼性の高いネットワークを実現することができます。

本社

経路設定 ip route 10.1.0.0/24 gateway 10.0.0.2
ip route 10.2.0.0/24 gateway 10.0.0.2
IPアドレスの設定
(LAN側)
ip lan1 address 10.0.0.1/24
IPアドレスの設定
(IP-VPN)
ip lan2 address [本社 IP-VPN接続IP]
BGP4の設定 bgp use on
bgp autonomous-system [プロバイダに割り当てられたAS番号]
bgp neighbor 1 [プロバイダ側のAS番号] [IP-VPN網側接続ポイントのIP]
bgp preference 10001
bgp import filter 1 include 10.0.0.0/24
bgp import [プロバイダ側のAS番号] static filter 1
bgp export filter 1 include all
bgp export [プロバイダ側のAS番号] filter 1

本社バックアップルータ

IPアドレスの設定
(LAN側)
ip lan1 address 10.0.0.2/24
ISDN網へ接続する
インターフェースの設定
line type pri1 isdn-ntt
isdn local address pri1 [本社 ISDN電話番号]
pp select anonymous
pp bind pri1
pp auth request chap
pp auth username [ユーザ名A] [パスワードA] [支店A ISDN電話番号]
pp auth username [ユーザ名B] [パスワードB] [支店B ISDN電話番号]
pp enable anonymous
経路設定 ip route 10.2.0.0/24 gateway pp anonymous name=[ユーザ名B]
ip route 10.1.0.0/24 gateway pp anonymous name=[ユーザ名A]

支店A

経路設定 ip route 10.0.0.0/24 gateway pp 1
IPアドレスの設定
(LAN側)
ip lan1 address 10.1.0.1/24
IPアドレスの設定
(IP-VPN)
ip lan2 address [支店A IP-VPN接続IP]
ISDN網へ接続するインターフェースの設定 isdn local address bri1 [支店A ISDN電話番号]
pp select 1
pp bind bri1
isdn remote address call [本社 ISDN電話番号]
pp auth accept chap
pp auth myname [ユーザ名A] [パスワードA]
pp enable 1
BGP4の設定 bgp use on
bgp autonomous-system [プロバイダに割り当てられたAS番号]
bgp neighbor 1 [プロバイダ側のAS番号] [IP-VPN網側接続ポイントのIP]
bgp preference 10001
bgp import filter 1 include 10.1.0.0/24
bgp import [プロバイダ側のAS番号] static filter 1
bgp export filter 1 include all
bgp export [プロバイダ側のAS番号] filter 1

支店Bも支店Aと同様に設定します。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。