自宅とオフィスで使う(1)

本設定例は、以下の機種に対応しています。

対応機種: RTX1210 RTX1200 NVR500

図 自宅とオフィスで使う(1):正常時 下図:障害発生 / 上図:復旧 図 自宅とオフィスで使う(1):バックアップ時

FTTH(光ファイバー)回線でインターネットに接続し、ISDN回線で電話やFAXを利用します。
また、ISDN回線でもインターネットへの接続を契約すれば、FTTH(光ファイバー)回線に障害が発生したときにISDN回線に自動的に切り替え、インターネットに接続することができます。
i・ナンバーに対応しているため、オフィスと家庭で異なる電話番号を使うことができます。
なお、この設定例には、サービス情報サイト(NTT東日本)との接続を想定したPPPoEマルチセッションの設定が含まれています。

RTX1200の設定例

LANのインタフェースの設定
(LAN1、LAN3ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.0.1/24
ip lan3 address 192.168.1.1/24
WAN(ISP1)のインタフェースの設定
(LAN2ポートを使用)
pp select 1
pp backup pp 2 # 注釈1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISP1と接続するID) (ISP1と接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp mtu 1454
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
ip route default gateway pp 1
WAN(ISP2)のインタフェースの設定 pp select 2
pp bind bri1
isdn remote address call (ISP2のアクセスポイントの電話番号)
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISP2と接続するID) (ISP2と接続するパスワード)
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp nat descriptor 1
pp enable 2
サービス情報サイトの設定 pp select 3
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (サービス情報サイトのID) (サービス情報サイトのパスワード) # 注釈2
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp mtu 1454
ip pp nat descriptor 1
pp enable 3
ip route (サービス情報サイトのネットワークアドレス) gateway pp 3 # 注釈3
NATの設定 nat descriptor type 1 masquerade
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp scope 1 192.168.0.2-192.168.0.100/24
dhcp scope 2 192.168.1.2-192.168.1.100/24
DNSの設定 dns server select 1 pp 3 any flets # 注釈4
dns server select 2 (ISP1から通知されたDNSサーバーのIPアドレス) any . restrict pp 1
dns server select 3 (ISP2から通知されたDNSサーバーのIPアドレス) any .
dns private address spoof on
フィルタの設定 ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip filter 1010 reject * * udp,tcp 135 *
ip filter 1011 reject * * udp,tcp * 135
ip filter 1012 reject * * udp,tcp netbios_ns-netbios_ssn *
ip filter 1013 reject * * udp,tcp * netbios_ns-netbios_ssn
ip filter 1014 reject * * udp,tcp 445 *
ip filter 1015 reject * * udp,tcp * 445
ip filter 1020 reject 192.168.0.0/24 *
ip filter 1030 pass * 192.168.0.0/24 icmp
ip filter 2000 reject * *
ip filter 3000 pass * *
ip filter dynamic 100 * * ftp
ip filter dynamic 101 * * www
ip filter dynamic 102 * * domain
ip filter dynamic 103 * * smtp
ip filter dynamic 104 * * pop3
ip filter dynamic 105 * * netmeeting # 注釈5
ip filter dynamic 106 * * tcp
ip filter dynamic 107 * * udp
pp select 1
ip pp secure filter in 1020 1030 2000
ip pp secure filter out 1010 1011 1012 1013 1014 1015 3000 dynamic 100 101 102 103 104 105 106 107 # 注釈5
pp select 2
ip pp secure filter in 1020 1030 2000
ip pp secure filter out 1010 1011 1012 1013 1014 1015 3000 dynamic 100 101 102 103 104 105 106 107 # 注釈5

[注釈の説明]

注釈1
ISP1の回線で障害が発生したときにISP2へ接続する設定です。

注釈2
サービス情報サイトのIDとパスワードは、NTT東日本のホームページでご確認ください。

注釈3
サービス情報サイトのネットワークアドレスは、NTT東日本のホームページでご確認ください。

注釈4
サービス情報サイトをDNS問い合わせするための設定です。

注釈5
NetMeetingを使っていなければ105を設定する必要はありません。

NVR500の設定例

電話を設定します(i・ナンバーの契約があれば、次のように設定します。)

1.「電話の設定」をクリックします。

図 1.「電話の設定」をクリックします。

2.「TELの共通設定」の「設定」をクリックします。

図 2.「TELの共通設定」の「設定」をクリックします。

3.「基本設定」の「設定」をクリックします。

図 3.「基本設定」の「設定」をクリックします。

4.「回線番号の登録」をクリックします。

図 4.「回線番号の登録」をクリックします。

5.TELポート電話番号を設定してから、「設定の確定」をクリックします。

図 5.TELポート電話番号を設定してから、「設定の確定」をクリックします。

6. 2~5と同様の手順でTEL2ポートの設定をします。