WAN回線障害時に備える(内蔵無線WANでバックアップ) : コマンド設定

本機能の対応機種は、NVR700Wです。

図 WAN回線障害時に備える(内蔵無線WANでバックアップ) : コマンド設定:正常時 下図:障害発生 / 上図:復旧 図 WAN回線障害時に備える(内蔵無線WANでバックアップ) : コマンド設定:バックアップ時

回線に障害が発生したとき、予備の回線に自動的に切り替わる設定例です。
本設定例では、主に使用するFTTH(光ファイバー)に障害が発生したとき、携帯電話回線に切り替えます。
いつでもインターネットを利用したい方におすすめの構成です。

内蔵無線WAN機能を使用するためには、3G/LTE 携帯電話通信に対応したSIMカードが必要です。使用可能なSIMカードの詳細は、内蔵無線WAN 対応SIMカードをご覧ください。
※SIMカードをNVR700WのSIMカードスロットに挿入するときは、必ず電源を切った状態で行ってください。

光回線に接続するためには、別途ONUが必要です。
NVR700Wは、本体のONUポートに小型ONUを装着することで、光回線に接続できます。

本機能の対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
NVR700W コマンド設定例  

通信制限について

データ通信(パケット通信)の契約が従量制サービスなどの場合、長時間の通信や大容量データのやりとりで高額な料金が発生します。それを防ぐために、通信時間とデータ長に上限を設定できます。上限に達した場合、通信中であれば通信を強制終了し、以降は発信・接続を停止します。
通信制限の設定方法は、内蔵無線WAN 通信制限についてをご覧ください。

NVR700Wの設定例

内蔵無線WANを使用する設定 wwan-module use on
ゲートウェイの設定 ip route default gateway pp 1
LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.1/24
WAN1インターフェースの設定
(内蔵無線WANを使用)
ip wan1 address pdp
ip wan1 secure filter in 200003 200020 200021 200022 200023 200024 200025 200030 200032
ip wan1 secure filter out 200013 200020 200021 200022 200023 200024 200025 200026 200027 200099 dynamic 200080 200081 200082 200083 200084 200085 200098 200099
ip wan1 nat descriptor 2
wan1 bind wwan 1
WAN(ISP)インターフェースの設定
(LAN2ポートを使用)
pp select 1
pp backup wan1 # 注釈1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPと接続するID) (ISPと接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
ppp ipv6cp use off
ip pp secure filter in 200003 200020 200021 200022 200023 200024 200025 200030 200032
ip pp secure filter out 200013 200020 200021 200022 200023 200024 200025 200026 200027 200099 dynamic 200080 200081 200082 200083 200084 200085 200098 200099
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
WWANインターフェースの設定
(内蔵無線WANを使用)
wwan select 1
wwan auth accept chap
wwan auth myname (無線WANのユーザーID) (無線WANの接続パスワード)
wwan auto connect on
wwan access-point name (アクセスポイント名)
wwan enable 1
フィルターの設定 ip filter 200000 reject 10.0.0.0/8 * * * *
ip filter 200001 reject 172.16.0.0/12 * * * *
ip filter 200002 reject 192.168.0.0/16 * * * *
ip filter 200003 reject 192.168.100.0/24 * * * *
ip filter 200010 reject * 10.0.0.0/8 * * *
ip filter 200011 reject * 172.16.0.0/12 * * *
ip filter 200012 reject * 192.168.0.0/16 * * *
ip filter 200013 reject * 192.168.100.0/24 * * *
ip filter 200020 reject * * udp,tcp 135 *
ip filter 200021 reject * * udp,tcp * 135
ip filter 200022 reject * * udp,tcp netbios_ns-netbios_ssn *
ip filter 200023 reject * * udp,tcp * netbios_ns-netbios_ssn
ip filter 200024 reject * * udp,tcp 445 *
ip filter 200025 reject * * udp,tcp * 445
ip filter 200026 restrict * * tcpfin * www,21,nntp
ip filter 200027 restrict * * tcprst * www,21,nntp
ip filter 200030 pass * 192.168.100.0/24 icmp * *
ip filter 200031 pass * 192.168.100.0/24 established * *
ip filter 200032 pass * 192.168.100.0/24 tcp * ident
ip filter 200033 pass * 192.168.100.0/24 tcp ftpdata *
ip filter 200034 pass * 192.168.100.0/24 tcp,udp * domain
ip filter 200035 pass * 192.168.100.0/24 udp domain *
ip filter 200036 pass * 192.168.100.0/24 udp * ntp
ip filter 200037 pass * 192.168.100.0/24 udp ntp *
ip filter 200099 pass * * * * *
ip filter 500000 restrict * * * * *
ip filter dynamic 200080 * * ftp
ip filter dynamic 200081 * * domain
ip filter dynamic 200082 * * www
ip filter dynamic 200083 * * smtp
ip filter dynamic 200084 * * pop3
ip filter dynamic 200085 * * submission
ip filter dynamic 200098 * * tcp
ip filter dynamic 200099 * * udp
NATの設定 nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor type 2 masquerade
nat descriptor address outer 2 primary
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.100/24
DNSの設定 dns server select 1 pp 1 any . restrict pp 1
dns server select 2 pdp wan1 any .
dns private address spoof on

[注釈の説明]

注釈1:
ISPの回線で障害が発生したときに内蔵無線WANへ接続する設定です。

接続状態の確認

・「show status backup」コマンドで、バックアップの状態が確認できます。

[コンソール]

# show status backup

INTERFACE   DLCI   BACKUP                         STATE           TIMER
--------------------------------------------------------------------------
PP[01]             WAN1                           master
[解説]
バックアップ設定されたインターフェースについて、バックアップの状態が表示されます。
バックアップ時には、STATEが「backup」になります。
コマンドの詳細は、バックアップ状態の表示 をご覧ください。

・「show status pp 1」コマンドで、インターネットの接続状態が確認できます。

[コンソール]

# show status pp 1
PP[01]:
説明:
PPPoEセッションは接続されています ★
接続相手:
通信時間: 5分26秒
受信: 1862 パケット [738824 オクテット]  負荷: 0.0%
送信: 621 パケット [176842 オクテット]  負荷: 0.0%
PPPオプション
    LCP Local: Magic-Number MRU, Remote: CHAP Magic-Number MRU
    IPCP Local: IP-Address Primary-DNS(xxx.xxx.xxx.x) Secondary-DNS(xxx.xxx.xxx
.x), Remote: IP-Address
    PP IP Address Local: xxx.xxx.xx.xxx, Remote: xxx.xxx.xx.x
    CCP: None
[解説]
相手先との接続状態が表示されます。xxxの部分は、IPアドレスが表示されます。
内蔵無線WANの接続状態を確認する場合は、「show status wwan 1」コマンドを使用します。
コマンドの詳細は、以下をご覧ください。
各相手先の状態の表示
インターフェースの状態の表示

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。