LAN側セキュリティー機能を利用する