LANケーブル二重化機能を設定する

管理番号:YMHSW-3745

本設定例では、ルーターのL2MSマスター機能とL2スイッチのL2MSスレーブ機能、LANケーブル二重化機能を使用しています。

ルーターの対応機種は、RTX1210RTX1200(Rev.10.01.45以降)、RTX830RTX810(Rev.11.01.12以降)、NVR700WNVR510NVR500(Rev.11.00.23以降)、FWX120(Rev.11.03.04以降)です。

L2スイッチの対応機種は、SWX2200-8G(Rev.1.00.07以降)、SWX2200-24G(Rev.1.00.07以降)、SWX2200-8PoEです。

L2MSマスター(ルーター)とL2MSスレーブ(L2スイッチ)の対応リビジョンは、 技術資料「L2MS」でご確認ください。

図 LANケーブル二重化機能を設定する01 図 障害発生 図 LANケーブル二重化機能を設定する02

ルーターとSWX2200の間や、SWX2200同士の間でLANケーブルを二重化し、ネットワークの信頼性を向上させる機能です。二重化することで、主ケーブルの断線や抜けによって接続が切れてしまったときに、自動的にバックアップケーブルがリンクアップして、ネットワークを継続して利用できます。
本機能では主ケーブルが接続されている機器間のことをマスター経路、バックアップケーブルが接続されている機器間のことをバックアップ経路と呼びます。

本設定例ではルーターとSWX2200間の経路である、ルーターのLAN1のポート1(lan1:1)をマスター経路、LAN1のポート3(lan1:3)をバックアップ経路に設定しています。
また、LANケーブル二重化機能は、2つのSWX2200間の経路でも使用可能です。
※本機能の設定前にバックアップ経路にLANケーブルを接続するとループが発生してしまうことがあります。LANケーブルの接続は、本機能の設定後に行ってください。

技術情報:LANケーブル二重化機能

対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 コマンド設定例 L2MSマスター機能、
LANケーブル二重化機能
L2スイッチ SWX2200-8G SWX2200-24G SWX2200-8PoE L2MSスレーブ機能、
LANケーブル二重化機能

ルーターの設定例

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.1/24
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
L2MSの設定 switch control use lan1 on
LANケーブル二重化機能の設定 switch control route backup lan1:1 3

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。