統計情報の設定

管理番号: YMHSW-3739

本設定例では、ルーターのL2MSマスター機能と、L2スイッチのL2MSスレーブ機能・統計情報の設定機能を使用しています。

ルーターの対応機種は、RTX1210RTX1200RTX830RTX810NVR700WNVR510NVR500FWX120です。

L2スイッチの対応機種は、SWX2200-8GSWX2200-24GSWX2200-8PoEです。

L2MSマスター(ルーター)とL2MSスレーブ(L2スイッチ)の対応リビジョンは、 技術資料「L2MS」でご確認ください。

図 統計情報の設定

ルーターを使用して、ルーターが認識しているSWX2200の設定内容や動作状態を確認することができます。
SWX2200にはポートごとにフレームカウンターとオクテットカウンターがあり、それぞれ受信と送信で個別にカウントすることができます。また、フレームカウンターでは同時に複数の種類のパケットをカウントすることができ、コマンドによってカウントする種類を変更することができます。
SWX2200の設定内容や動作状態を確認する方法として、ルーターのGUIから行う方法と、コンソールからコマンドを実行して行う方法の2通りがあります。本設定例では、コンソールからコマンドを実行して、SWX2200の統計情報を設定する手順を紹介します。

対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 コマンド設定例 L2MSマスター機能
L2スイッチ SWX2200-8G SWX2200-24G SWX2200-8PoE L2MSスレーブ機能、統計情報の設定機能

ルーターの設定例

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.1/24
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
L2MSの設定 switch control use lan1 on

SWX2200の情報を取得する手順

情報を取得するSWX2200を指定する

switch selectコマンドで、情報を取得するSWX2200を指定します。

[ルーターコンソール]
# switch select 00:a0:de:2a:db:dc
switch(00:a0:de:2a:db:dc)#
[解説]
コマンドのパラメーターには、SWX2200のMACアドレスを指定します。
コマンドを実行すると、上記のようにプロンプトが変わります。
SWX2200のMACアドレスは、show status switch controlコマンドで取得することができます。

SWX2200のポートの情報を取得する

switch control function getコマンドを実行して、SWX2200の設定内容や動作状態を取得することができます。

[ルーターコンソール]
switch(00:a0:de:2a:db:dc)# switch control function get status-counter-octet-rx 2
5222
switch(00:a0:de:2a:db:dc)#
[解説]
SWX2200のポート2の受信オクテットカウンターの値が出力されます。

ポートごとの主な情報を取得するコマンドを以下に掲載します。その他、設定内容や動作状態を取得するコマンドについては、コマンドリファレンスをご覧ください。

コマンド 説明
switch control function get status-port-speed (ポート番号) ポートの通信速度および動作モードを取得する。
switch control function get status-counter-octet-rx (ポート番号) 受信オクテットカウンターの値を取得する。
switch control function get status-counter-octet-tx (ポート番号) 送信オクテットカウンターの値を取得する。
switch control function get status-counter-frame-rx (ポート番号) (カウンター番号) 受信フレームカウンターの値を取得する。(*)
switch control function get status-counter-frame-tx (ポート番号) (カウンター番号) 送信フレームカウンターの値を取得する。(*)

(*) 各カウンター番号の初期値については、コマンドリファレンスをご覧ください。

SWX2200の統計情報を変更する

ポートごとの統計情報(フレームカウンター)にどの種類のパケットをカウントするかを設定できます。
switch control function set counter-frame-rx-type コマンド、またはswitch control function set counter-frame-tx-type コマンドを使用します。
例として、次の種類のパケットをカウントする設定を紹介します。

  • ポート3の送信フレームカウンターに、packets数、broadcast数、multicast数、collisions数、drops数を設定
switch select (SWX2200のMACアドレス)
switch control function set counter-frame-tx-type 3 1 packets
switch control function set counter-frame-tx-type 3 2 broadcast-packets
switch control function set counter-frame-tx-type 3 3 multicast-packets
switch control function set counter-frame-tx-type 3 4 collisions
switch control function set counter-frame-tx-type 3 5 drops
[解説]
各カウンター番号の初期値、およびその他の種類のパケットをカウントする設定については、コマンドリファレンスをご覧ください。

本機能の設定を変更すると、当該ポートにおけるすべてのカウンター(送信、受信、フレーム、オクテット) がリセットされます。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。