Webレピュテーション:ガンブラーなどのWebからの脅威を防ぐ

正規サイトを改ざん、サイト訪問者を不正なWebサイトに誘導・ウイルス感染に至らしめるガンブラーによる攻撃やダウンローダーによるWebからのウイルス感染、フィッシング詐欺などのWebからの脅威を防ぐ。

2009年から国内でもガンブラーなど、不正なWebサイトへのアクセスを発端としたウイルス感染や情報漏洩被害が多く発生しています。ガンブラーには亜種が登場しており、2009年末から複数の大手企業のWebサイトが連続して改ざん被害にあい、改ざんされたWebサイトをユーザーが閲覧した場合、ウイルスに感染、FTPアカウントなどを不正に盗み取られるなどの被害が報告されています。不正改ざんやWebからのウイルス感染は、ユーザーの目からは判別しづらく、注意だけでは対策が難しくなっています。
最近では、不正プログラム(ウイルス)の亜種が登場・配布されるスピードが非常に速く、通常のセキュリティ対策ソフトで使用されているパターンファイル方式での検知・駆除だけでは完全に被害を防ぐことは困難です。また、これらの亜種はWebサイトを経由して様々な形で配布されることが多く、ユーザー個々の教育や注意だけでは見えづらいWebからの脅威を十全に防ぐことは難しくなっています。

ガンブラーについての説明はこちら
概要    サービス提供会社紹介    Webレピュテーションの導入メリット
WebレピュテーションとURLフィルターとの違い    既存ネットワークへのWebレピュテーション機能の追加

概要

Webレピュテーションでネットワークの入り口で危険なもの不要なものをブロック

ウイルスに感染する可能性のある危険な不正サイトや改竄サイト、フィッシングサイトなどへのWebアクセスを未然に防ぎ、社内ネットワークの安全を守るのに有効なのがWebレピュテーションサービスです。ヤマハはトレンドマイクロとの協業によりFWX120上でWebレピュテーションサービスを提供する機能を実装しました。
(*サービス利用のためには「Trend Micro "Web Security for Yamaha Router"」の契約が別途必要です。)

図1:Webレピュテーションの処理の流れ

図1:Webレピュテーションの処理の流れ

図2:Webレピュテーションの仕組み

図2:Webレピュテーションの仕組み

サービス提供会社紹介

トレンドマイクロ株式会社
製品名「Trend Micro Web Security for Yamaha Router」

Webレピュテーションの導入メリット

Webからのウイルス感染の防止

  • ガンブラーなどのウイルス感染Webサイトへのアクセス防止
  • トロイの木馬が仕掛けられたWebサイトへのアクセス防止

ファーミング詐欺、フィッシング詐欺の防止

  • 偽サイト、フィッシングサイトへのアクセス防止

WebレピュテーションとURLフィルターとの違い

Webレピュテーションがチェックするもの
コンテンツ内容を問わず、セキュリティ脅威が高いと思われるサイト

  • ウイルス感染や改竄履歴
  • フィッシング・ファーミングサイトかどうか
  • スパム送信元か
  • 変更履歴などその他もろもろ

URLフィルターがチェックするもの
コンテンツ内容がどのカテゴリ(掲示板、アダルト、旅行、ブログ/SNS、等々)に属するか

  • どのカテゴリに該当するか
図 WWebレピュテーションがチェックするものとURLフィルターがチェックするもの

Webレピュテーションの目的

  • ウイルスや詐欺サイトなど、Webからの脅威をブロック
  • ダウンローダー(ウイルスの一種)による多重感染をブロック
    ※ダウンローダーとは自らWebサイトにアクセス、別のウイルスをダウンロード・インストールする機能を持つものをさします。
    http://jp.trendmicro.com/jp/threat/glossary/jp-ta/downloader/?ossl=1

URLフィルターの目的

  • 効果的なWebアクセス管理実現による、業務効率の向上
  • 不適切Webサイト閲覧のブロック
URLフィルターの詳しい説明についてはコチラ

セキュリティ提案:社員/利用者の利用するWebサイトをフィルタリングしたい

既存ネットワークへのWebレピュテーション機能の追加

図 FWX120をルーターとしても利用する場合と既存ネットワークに追加導入した場合

FWX120は各種セキュリティ連携機能内蔵の高スループットルーターとしてだけでなく、FWX120でサポートしている「透過型(ブリッジ型)」機能を使い既存のネットワークに変更することなくセキュリティ機能だけを追加(アドオン)して導入することもできます。