ホストを検索する

管理番号: YMHSW-3723

本設定例では、ルーターのL2MSマスター機能と、L2スイッチのL2MSスレーブ機能を使用しています。

ルーターの対応機種は、RTX1210RTX1200RTX830RTX810NVR700WNVR510NVR500FWX120です。

L2スイッチの対応機種は、SWX2300-8GSWX2300-16GSWX2300-24GSWX2200-8GSWX2200-24GSWX2200-8PoESWX2100-8GSWX2100-16GSWX2100-24GSWX2100-5PoESWX2100-10PoEです。

L2MSマスター(ルーター)とL2MSスレーブ(L2スイッチ)の対応リビジョンは、 技術資料「L2MS」でご確認ください。

図 ホストを検索する

ルーターを使用して、ホストがスイッチのどのポートに接続されているか検索できます。

ホストを検索する方法として、ルーターのGUIから行う方法と、コンソールからコマンドを実行して行う方法の2通りがあります。本設定例では、コンソールからコマンドを実行して、PCのホスト名からPCがL2スイッチのどのポートに接続されているかを検索する手順を紹介します。

ヤマハルーターのDHCPサーバー機能がオフの場合は、ホスト名からの検索ができません。ホスト名から検索する場合は、DHCPサーバー機能をオンにしてください。

対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 FWX120 コマンド設定例 L2MSマスター機能
L2スイッチ SWX2200-8G SWX2200-24G SWX2200-8PoE SWX2100-8G SWX2100-16G SWX2100-24G SWX2100-5PoE SWX2100-10PoE L2MSスレーブ機能

ルーターの設定例

LANインターフェースの設定
(LAN1ポートを使用)
ip lan1 address 192.168.100.1/24
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
L2MSの設定 switch control use lan1 on

ホストを検索する手順

指定したPCが接続されているSWX2200のポート番号を検索する手順を紹介します。
以下の手順では、まず、PCのホスト名から、PCのMACアドレスを取得します。
その後、PCのMACアドレスをキーワードとして、PCが接続されているSWX2200のポートを検索していきます。

PCの情報を取得する

ルーターのコンソールからshow status dhcp summaryコマンドを実行し、検索対象のPCのホスト名からPCのMACアドレスを取得します。
検索対象のPCのホスト名:rt-test

[ルーターコンソール]
# show status dhcp summary
DHCPスコープ番号: 1
  1:     192.168.100.3:  a4:ba:db:c5:13:81, sample
  2:     192.168.100.4:  00:13:72:6c:9a:6e, rt-test    ★
#

コマンドの実行結果(★印の箇所)から、ホスト名 rt-test のPCのMACアドレスを取得できました。

ルーターのポートから検索する

show status switching-hub macaddressコマンドを実行し、ルーターのスイッチングハブが学習したMACアドレステーブルを表示します。
検索対象のPCのMACアドレス:00:13:72:6c:9a:6e

[ルーターコンソール]
# show status switching-hub macaddress
Searching mac address table ...100%
LAN1 switching-hub dynamic MAC address cache
port 1:3
     a4:ba:db:c5:13:81
     00:a0:de:2a:db:dc
     00:a0:de:2a:db:ae
port 2:4
     00:13:72:6c:9a:6e               ★
     00:a0:de:2a:db:f0
     00:a0:de:7d:82:dd
     00:a0:de:7d:83:02
port 3:0
port 4:0
port 5:0
port 6:0
port 7:0
port 8:0
#

コマンドの実行結果(★印の箇所)から、検索対象のPCは、ルーターのLAN1のポート2に接続されていることが分かりました。
ポート2には、他にも接続されている機器がありましたので、show status switch control lan1を実行して、ポート2に接続したSWX2200を確認します。

[ルーターコンソール]
# show status switch control lan1
[00:a0:de:2a:db:dc]
機種名      : SWX2200-24G
機器名      : SWX2200-24G_X00000339
経路        : lan1:1
アップリンク: 1
設定        : なし

[00:a0:de:2a:db:ae]
機種名      : SWX2200-8G
機器名      : SWX2200-8G_X00000337
経路        : lan1:1-2
アップリンク: 1
設定        : なし

[00:a0:de:7d:83:02]
機種名      : SWX2200-24G
機器名      : SWX2200-24G_S37001016
経路        : lan1:2            ★
アップリンク: 1
設定        : なし

[00:a0:de:7d:82:dd]
機種名      : SWX2200-8G
機器名      : SWX2200-8G_S36001062
経路        : lan1:2-2           ★
アップリンク: 1
設定        : なし

[00:a0:de:2a:db:f0]
機種名      : SWX2200-8G
機器名      : SWX2200-8G_X00000335
経路        : lan1:2-3           ★
アップリンク: 1
設定        : なし
#

コマンドの実行結果(★印の箇所)から、LAN1のポート2には3台のSWX2200が接続されていることが分かります。

SWX2200のポートから検索する

検索対象のPCは、ルーターのLAN1のポート2に接続された3台のSWX2200のうち、いずれかに接続されていることまで判明しました。
ここからは、SWX2200のMACアドレステーブルを検索し、PCが接続されているSWX2200のポート番号を割り出していきます。
ルーターに直接接続しているSWX2200-24G(2)から順にMACアドレステーブルを確認していきます。

switch selectコマンドでルーターが制御するSWX2200を指定してから、switch control function get status-macaddress-addrコマンドを実行し、指定したMACアドレスを学習したポート番号を取得します。

[ルーターコンソール]
# switch select lan1:2
switch(lan1:2)#
switch(lan1:2)# switch control function get status-macaddress-addr 00:13:72:6c:9a:6e
2        ★
1 entry
switch(lan1:2)#
[解説]
switch selectのパラメーターには、show status switch control lan1 の実行結果から得た経路(ここでは lan1:2)を指定します。

SWX2200-24G(2)のポート2に、検索対象のPCのMACアドレスが見つかりました。先ほどの show status switch control lan1 の実行結果を見ると SWX2200-24G(2)のポート2にはSWX2200-8G(3)が接続されていますので、今度はSWX2200-8G(3)についても同様にMACアドレステーブルを検索していきます。

[ルーターコンソール]
# switch select lan1:2-2
switch(lan1:2-2)#
switch(lan1:2-2)# switch control function get status-macaddress-addr 00:13:72:6c:9a:6e
2        ★
1 entry
switch(lan1:2-2)#
[解説]
switch selectのパラメーターには、show status switch control lan1 の実行結果から得た経路(ここでは lan1:2-2)を指定します。

SWX2200-8G(3)のポート2に検索対象のPCのMACアドレスが見つかりました。show status switch control lan1 の実行結果には、SWX2200-8G(3)のポート2に接続されているスイッチはありませんでしたが、念のためSWX2200-8G(3)のポート2に他の機器が接続されていないか確認します。

[ルーターコンソール]
switch(lan1:2-2)# switch control function get status-macaddress-port 2
00:13:72:6c:9a:6e
1 entry     ★
switch(lan1:2-2)#

SWX2200-8G(3)のポート2には検索対象のPCだけが接続されていますので、ホスト名 rt-test のPCは、SWX2200-8G(3)のポート2に接続されていると判明しました。

以上でホスト名からPCを検索する手順は終了です。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。