Amazon VPCとAWS Direct Connectで接続するルーターの設定 : コマンド設定

本設定例は、以下の機種に対応しています。

対応機種: RTX5000(Rev.14.00.18以降) RTX3500(Rev.14.00.18以降) RTX1210(Rev.14.01.11以降) 構成図 Amazon VPCとAWS Direct Connect接続するルーターの設定

ヤマハルーター(以降、ルーター)とAmazon VPCの仮想ネットワークをAWS Direct Connectで接続するための、ルーターの設定を紹介します。

ルーターの設定を行う前に、AWS Direct Connect の設定が必要です。
詳細は AWSのホームページ(外部サイト) をご覧ください。

本設定例について

  • Amazon VPCの仮想ネットワークとの接続を保証するものではありません。
  • AWS Direct Connect に接続するためには、BGP の TCP MD5認証機能に対応したファームウェア が必要です。
  • 2015年12月24日現在の仕様に基づいて記載しています。今後、サービス内容の変更や、仕様変更などによって接続できなくなる可能性があります。
  • Amazon VPCに関する情報および設定方法については、アマゾン ウェブ サービス(AWS)にお問い合わせください。

ルーターの設定

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

LAN1の
インタフェースの設定
ip lan1 address 192.168.100.1/24
LAN2の
インタフェースの設定
vlan lan2/1 802.1q vid=(VLAN番号)
ip lan2/1 address (ルーターのIPアドレス/ネットマスク)
BGPの設定 bgp use on
bgp autonomous-system (ルーター側のAS番号)
bgp neighbor 1 (AWS側のAS番号) (AWS側のIPアドレス) hold-time=30 local-address=(ルーター側のIPアドレス)
bgp neighbor pre-shared-key 1 text (BGP認証キー)
bgp import filter 1 include 0.0.0.0/0
bgp import (AWS側のAS番号) static filter 1
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24

BGPの設定の有効化

ルーターの設定完了後、下記を実行して、BGPの設定を有効化します。

BGPの設定の
有効化
bgp configure refresh