無線端末を設定(WPA/WPA2エンタープライズ / EAP-TLS) : iOS

管理番号:YMHAP-4084

無線LANアクセスポイントの認証方式にWPA/WPA2エンタープライズ(EAP-TLS)を用いた場合の、iOSから無線LANアクセスポイントに接続を行う方法を説明します。

iOSの設定を行う前に、無線LANアクセスポイントの設定を行ってください。

本設定例は、iOS 12.1.2を搭載したiPhone画像を使用して、無線LANアクセスポイントのSSIDが「Yamaha1」に設定されている前提で説明します。

本設定例は、iOS標準の機能を使用しています。
iOS標準の機能ではなく、無線LANアダプターのメーカーが提供するソフトウェアを使用して接続する場合は、各メーカーのマニュアル等を参照してください。

iOSの設定

証明書のインポート

1. 無線LANアクセスポイントから取得した証明書を解凍して、「cert.p12」をタップします。
    ※解凍パスワードは、ネットワーク管理者にご確認ください。

2.「インストール」をタップします。
    ※パスコード入力画面が表示された場合は、端末のパスコードを入力してください。

説明画像

3.「インストール」をタップします。

説明画像

4.「インストール」をタップします。

説明画像

5. 手順1と同じ「パスワード」を入力して、「次へ」をタップします。

説明画像

6.「完了」をタップします。

説明画像

ネットワークの接続設定

1.「一般」をタップします。

説明画像

2.「設定」をタップします。

説明画像

3.「Wi-Fi」をタップします。

説明画像

4.「Wi-Fi」をオンにして、SSIDの表示状況を確認します。

説明画像
接続したいSSIDが表示されている場合

5. 接続したいSSID(本設定例では「Yamaha1」)をタップします。

説明画像

6.「モード」の「自動」をタップします。

説明画像

7.「EAP-TLS」をタップします。

説明画像

8.「戻る」をタップします。

説明画像

9.「ID」をタップします。

説明画像

10. インポートした「クライアント証明書」をタップします。

説明画像

11.「パスワードを入力」をタップします。

説明画像

12.「接続」をタップします。

説明画像

13.「信頼」をタップします。

説明画像
接続したいSSIDが表示されていない場合

5.「その他」をタップします。

説明画像

6. 必要事項を入力し、「モード」の「自動」をタップします。

名前 接続したいSSID(本設定例では「Yamaha1」)
セキュリティ WPA2エンタープライズ
説明画像

7.「EAP-TLS」をタップします。

説明画像

8.「戻る」をタップします。

説明画像

9.「ID」をタップします。

説明画像

10. インポートした「クライアント証明書」をタップします。

説明画像

11.「ほかのネットワーク」をタップします。

説明画像

12.「接続」をタップします。

説明画像

13.「信頼」をタップします。

説明画像

接続状態の確認

1. ステータスバーに「Wi-Fi」アイコンが表示されていることを確認します。

説明画像

設定がうまくいかない場合は、「無線LANアクセスポイントの対処方法」をご覧ください。