無線端末を設定(WPA/WPA2エンタープライズ / EAP-PEAP) : iOS

管理番号:YMHAP-4076

無線LANアクセスポイントの認証方式にWPA/WPA2エンタープライズ(EAP-PEAP)を用いた場合の、iOSから無線LANアクセスポイントに接続を行う方法を説明します。

iOSの設定を行う前に、無線LANアクセスポイントの設定を行ってください。

本設定例は、iOS 12.1.2を搭載したiPhone画像を使用して、無線LANアクセスポイントのSSIDが「Yamaha1」に設定されている前提で説明します。

本設定例は、iOS標準の機能を使用しています。
iOS標準の機能ではなく、無線LANアダプターのメーカーが提供するソフトウェアを使用して接続する場合は、各メーカーのマニュアル等を参照してください。

iOSの設定

ネットワークの接続設定

1.「設定」をタップします。

説明画像

2.「Wi-Fi」をタップします。

説明画像

3.「Wi-Fi」をオンにして、SSIDの表示状況を確認します。

説明画像
接続したいSSIDが表示されている場合

4. 接続したいSSID(本設定例では「Yamaha1」)をタップします。

説明画像

5. ユーザー情報を入力して、「接続」をタップします。

ユーザ名 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したユーザーID
パスワード 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したパスワード
説明画像

6.「信頼」をタップします。

説明画像
接続したいSSIDが表示されていない場合

4.「その他」をタップします。

説明画像

5. 必要事項を入力して、「接続」をタップします。

名前 接続したいSSID(本設定例では「Yamaha1」)
セキュリティ WPA2エンタープライズ
ユーザ名 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したユーザーID
パスワード 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したパスワード
説明画像

6.「信頼」をタップします。

説明画像

接続状態の確認

1. ステータスバーに「Wi-Fi」アイコンが表示されていることを確認します。

説明画像

設定がうまくいかない場合は、「無線LANアクセスポイントの対処方法」をご覧ください。