無線端末を設定(WPA/WPA2エンタープライズ / EAP-PEAP) : Windows7

管理番号:YMHAP-4070

無線LANアクセスポイントの認証方式にWPA/WPA2エンタープライズ(EAP-PEAP)を用いた場合の、Windows7から無線LANアクセスポイントに接続を行う方法を説明します。

Windowsの設定を行う前に、無線LANアクセスポイントの設定を行ってください。

本設定例は、無線LANアクセスポイントのSSIDが「Yamaha1」に設定されている前提で説明します。

本設定例は、Windows7標準の機能を使用しています。
Windows7標準の機能ではなく、無線LANアダプターのメーカーが提供するソフトウェアを使用して接続する場合は、各メーカーのマニュアル等を参照してください。

Windows7の設定

ネットワークの接続設定

1. タスクバーの通知領域に表示されている「ネットワーク」アイコンをクリックします。

説明画像

2. SSIDの表示状況を確認します。

説明画像
接続したいSSIDが表示されている場合

3.「ネットワークと共有センターを開く」をクリックします。

説明画像

4.「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。

説明画像

5.「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択して、「次へ」をクリックします。

説明画像

6. 必要事項を入力して、「次へ」をクリックします。

ネットワーク名 接続したいSSID(本設定例では「Yamaha1」)
セキュリティの種類 WPA2-エンタープライズ
暗号化の種類 AES
説明画像

7.「接続の設定を変更します」をクリックします。

説明画像

8.「セキュリティ」タブにて、「ネットワークの認証方法の選択」項目の「設定」をクリックします。

説明画像

9.「保護された EAP のプロパティ」画面で、「サーバーの証明書を検証する」のチェックを外します。

説明画像

10.「保護された EAP のプロパティ」画面で、「認証方法を選択する」 項目の「構成」をクリックします。

説明画像

11.「EAP MSCHAPv2のプロパティ」で、「Windowsのログオン名とパスワード...」のチェックを外して、「OK」をクリックします。

説明画像

12.「OK」をクリックして、「保護された EAP のプロパティ」画面を閉じます。

説明画像

13.「セキュリティ」タブにて、「詳細設定」をクリックします。

説明画像

14.「認証モードを指定する」にチェックを入れて、プルダウンメニューの「ユーザー認証」を選択します。

説明画像

15.「OK」をクリックして、「詳細設定」画面を閉じます。

説明画像

16.「OK」をクリックして、「Yamaha1 ワイヤレスネットワークのプロパティ」画面を閉じます。

説明画像

17.「閉じる」をクリックして、「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」画面を閉じます。

説明画像

18. タスクバーの通知領域に表示されている「ネットワーク」アイコンをクリックします。

説明画像

19. 上の手順で設定したネットワーク名を選択して、「接続」をクリックします。
     本設定例では「Yamaha1」に接続します。

説明画像

20. 必要事項を入力して、「OK」をクリックします。

ユーザー名 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したユーザーID
パスワード 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したパスワード
説明画像
接続したいSSIDが表示されていない場合

3.「ネットワークと共有センターを開く」をクリックします。

説明画像

4.「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。

説明画像

5.「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択して、「次へ」をクリックします。

説明画像

6. 必要事項を入力して、「次へ」をクリックします。

ネットワーク名 接続したいSSID(本設定例では「Yamaha1」)
セキュリティの種類 WPA2-エンタープライズ
暗号化の種類 AES
ネットワークがブロードキャストを行っていない場合でも接続する チェックを入れる
説明画像

7.「接続の設定を変更します」をクリックします。

説明画像

8.「セキュリティ」タブにて、「ネットワークの認証方法の選択」項目の「設定」をクリックします。

説明画像

9.「保護された EAP のプロパティ」画面で、「サーバーの証明書を検証する」のチェックを外します。

説明画像

10.「保護された EAP のプロパティ」画面で、「認証方法を選択する」 項目の「構成」をクリックします。

説明画像

11.「EAP MSCHAPv2のプロパティ」で、「Windowsのログオン名とパスワード...」のチェックを外して、「OK」をクリックします。

説明画像

12.「OK」をクリックして、「保護された EAP のプロパティ」画面を閉じます。

説明画像

13.「セキュリティ」タブにて、「詳細設定」をクリックします。

説明画像

14.「認証モードを指定する」にチェックを入れて、プルダウンメニューの「ユーザー認証」を選択します。

説明画像

15.「OK」をクリックして、「詳細設定」画面を閉じます。

説明画像

16.「OK」をクリックして、「Yamaha1 ワイヤレスネットワークのプロパティ」画面を閉じます。

説明画像

17.「閉じる」をクリックして、「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」画面を閉じます。

説明画像

18. タスクバーの通知領域に表示されている「ネットワーク」アイコンをクリックします。

説明画像

19. 上の手順で設定したネットワーク名を選択して、「接続」をクリックします。
     本設定例では「Yamaha1」に接続します。

説明画像

20. 必要事項を入力して、「OK」をクリックします。

ユーザー名 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したユーザーID
パスワード 無線LANアクセスポイントのRADIUSサーバー(ユーザー情報)で設定したパスワード
説明画像

接続状態の確認

1. タスクバーの通知領域に表示されている「ネットワーク」アイコンをクリックします。

説明画像

2. 設定したSSIDの右横に「接続」と表示されていることを確認します。

説明画像

設定がうまくいかない場合は、「無線LANアクセスポイントの対処方法」をご覧ください。