フレッツ・VPNワイド(端末型払い出し) + IPIPを使用したVPN拠点間接続(2拠点) : NVR500 Web GUI設定

本設定例は、以下の機種に対応しています。

対応機種: NVR500

図 フレッツ・VPNワイドを利用して拠点間を接続する設定例

フレッツ・VPNワイドを利用して、拠点間を接続する設定例です。 本設定例では、IPアドレスが端末型払い出しで提供されるサービスを利用します。 拠点間にIPIPトンネルを張って拠点の複数台端末接続を可能にします。

本設定例は、フレッツ・VPNワイドより拠点1側に 172.16.1.1、拠点2側に 172.16.2.1 の固定IPアドレスが割り当てられる前提で説明します。

拠点1 NVR500(1)の設定例

IPアドレス設定

1.まず、構成図にあわせ、LAN1アドレスを変更します。
「詳細設定と情報」を選択します。

図 NVR500 設定画面トップ

2.LANの設定(IPアドレス、DHCPサーバー)の行にある「設定」をクリックします。

図 詳細設定と情報画面

3.プライマリ・IPアドレスの欄に「192.168.1.1」を入力します。
DHCPサーバー機能の欄で、IPアドレスの割り当て範囲を「192.168.1.2~192.168.1.191」に設定します。
入力ができたら「設定の確定」をクリックします。

図 LANの設定画面

4.内容を確認し、「実行」をクリックします。
コンピュータのIPアドレスの再取得方法については、本製品の取扱説明書の「LAN内のパソコンのIPアドレスを変更する」の項を参照ください。

図 LANの設定画面(確認)

5.「新しいIPアドレスにhttpでアクセスする」をクリックします。トップページに戻ります。

図 LANの設定画面(確認)

フレッツ・VPNワイド接続設定

1.「詳細設定と情報」を選択します。

図 NVR500 設定画面トップ

2.基本接続の詳細な設定の行にある「設定」をクリックします。

図 詳細設定と情報画面

3.設定する行を選んで「追加」ボタンをクリックします。

図 設定可能なプロバイダ

4.「PPPoEを用いる端末型ブロードバンド接続(フレッツ 光ネクスト、Bフレッツなど)」を選択し「次へ」をクリックします。

図 プロバイダの登録1

5.必要事項を記入します。
宛先アドレスに「その他」を選択し、経路のアドレス情報に「172.16.2.1」を設定します。
宛先ドメイン名は「なし」を選択します。

図 プロバイダの登録2

6.「切断タイマ関連」の項目を設定し、「設定の確定」をクリックします。

図 プロバイダの登録3

IPIPトンネルの設定

1.詳細設定と情報をクリックします。

図 NVR500 設定画面トップ

2.VPN接続の設定の行にある「設定」ボタンをクリックします。

図 詳細設定と情報画面

3.設定する行を選んで「追加」ボタンをクリックします。

図 VPN接続の設定画面

4.「IPIPトンネルを使用したネットワーク型LAN接続」を選択し「次へ」をクリックします。

図 VPN接続の登録画面

5.「VPN接続設定の登録」、「経路情報の設定」に必要事項を入力して「設定の確定」をクリックします。

図 VPN接続設定の登録画面

拠点2 NVR500(2)の設定例

拠点1と同様の手順で設定を行ってください。