無線LANコントローラー WLX302からWLX402/WLX313への交換

管理番号:YMHAP-4043

本機能の対応機種は、WLX402WLX313(Rev.18.00.05以降)、WLX302(Rev.12.00.19以降)です。

図 構成図

無線LANコントローラーとして利用中の無線LANアクセスポイント「WLX302」を、「WLX402」または「WLX313」に交換する手順です。
WLX402とWLX313のWeb GUIでは、WLX302から取得した設定ファイルを復元できます。既存の設定を流用することで、無線LANコントローラーを簡単に交換できます。

本設定例では、無線LANアクセスポイントのIPアドレスは 192.168.100.240(初期状態) であることを前提としています。事前に、対象の無線LANアクセスポイントのIPアドレスをご確認ください。

※WLX402およびWLX313には、電源アダプターが付属されていません。以下のいずれかをご用意ください。

本機能の対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
交換前
無線LANアクセスポイント
WLX302 Web GUI設定例
交換後
無線LANアクセスポイント
WLX402、WLX313 Web GUI設定例

設定手順

  1. 交換前:WLX302の設定例:WLX302の設定ファイルを管理者PCに保存します。
  2. 交換後:無線LANアクセスポイントの設定例:WLX302の設定ファイルをWLX402またはWLX313に復元します。

交換前:WLX302の設定例

1. 設定画面を開きます。
(1) WLX302と同じネットワークに接続されているパソコンでWebブラウザーを起動し、「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(2) インターネットアドレスに「http://192.168.100.240/」と半角英字で入力し、「OK」をクリックします。
(3) パスワード入力画面が現れたら、ユーザー名に「admin」と入力し、パスワードは空欄のまま「OK」をクリックします。

図 WLX302 設定ファイルの保存1

2. WLX302の設定画面のトップページが表示されます。「管理機能」をクリックします。

図 WLX302 設定ファイルの保存2

3.「設定(Config)」をクリックします。

図 WLX302 設定ファイルの保存3

4.「設定の保存」の「実行」をクリックします。

図 WLX302 設定ファイルの保存4

5.「保存」をクリックします。

図 WLX302 設定ファイルの保存5

6. WLX302の設定ファイルが保存されました。

図 WLX302 設定ファイルの保存6

交換後:無線LANアクセスポイントの設定例

WLX402の場合

1. WLX302のLANケーブルを外して、WLX402に接続します。
※IPアドレスの重複を防ぐため、WLX302とWLX402は同時に接続しないでください。

2. 設定画面を開きます。
(1) WLX402の電源が入っていることを確認します。
(2) WLX402と同じネットワークに接続されているパソコンでWebブラウザーを起動し、「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(3) インターネットアドレスに「http://192.168.100.240/」と半角英字で入力し、「OK」をクリックします。
(4) パスワード入力画面が現れたら、ユーザー名に「admin」と入力し、パスワードは空欄のまま「OK」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元1

3.「管理機能」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元2

4.「設定(保存/復元)」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元3

5.「設定のリストア」の「参照」をクリックして、保存してあるWLX302の設定ファイルを開きます。

図 WLX402 設定ファイルの復元4

6.「設定ファイルの対応機種」に「WLX302」を選択して、「実行」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元5

7.「OK」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元6

8. 設定ファイルの復元が完了しました。

図 WLX402 設定ファイルの復元7

9.「グループ設定」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元8

10.「設定送信」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元9

11. WLX402のController-APにチェックをつけて、「送信」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元10

12.「送信」をクリックします。

図 WLX402 設定ファイルの復元11

13. 送信が完了しました。以上で、無線LANコントローラーの交換は終了です。

図 WLX402 設定ファイルの復元12

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

WLX313の場合

※一部のコマンドは、WLX302からWLX313にリストアできません。詳細は、設定の変換仕様 でご確認ください。

1. WLX302のLANケーブルを外して、WLX313に接続します。
※IPアドレスの重複を防ぐため、WLX302とWLX313は同時に接続しないでください。

2. 設定画面を開きます。
(1) WLX313の電源が入っていることを確認します。
(2) WLX313と同じネットワークに接続されているパソコンでWebブラウザーを起動し、「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(3) インターネットアドレスに「http://(本製品に設定した IP アドレス)/」と半角英字で入力し、「OK」をクリックします。
(4) パスワード入力画面が現れたら、ユーザー名に「admin」と入力し、パスワードは空欄のまま「OK」をクリックします。

図 WLX313 設定ファイルの復元1

3.「保守」をクリックします。

図 WLX313 設定ファイルの復元2

4.「設定(保存/復元)」をクリックします。

図 WLX313 設定ファイルの復元3

5.「設定のリストア」の「参照」をクリックして、保存してあるWLX302の設定ファイルを開きます。

図 WLX313 設定ファイルの復元4

6. 必要事項を入力して、「変換後の設定を確認」をクリックします。

設定ファイルの対応機種 WLX302
管理パスワードの設定 任意のパスワード
図 WLX313 設定ファイルの復元5

7. 変換内容を確認して、「閉じる」をクリックします。

図 WLX313 設定ファイルの復元6

8.「実行」をクリックします。

図 WLX313 設定ファイルの復元7

9.「OK」をクリックします。

図 WLX313 設定ファイルの復元8

10. 設定ファイルの復元が完了しました。以上で、無線LANコントローラーの交換は終了です。

図 WLX313 設定ファイルの復元9

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。