複数の無線LANアクセスポイントを自動的に設定 : コマンド設定

管理番号:YMHAP-4036

本設定例では、ルーターのL2MSマスター機能と無線LANアクセスポイントのL2MSスレーブ機能、L2MSのゼロコンフィグ機能を使用しています。

ルーターの対応機種は、RTX1210RTX1200RTX830RTX810NVR700WNVR510NVR500FWX120です。

無線LANアクセスポイントの対応機種は、WLX313WLX302です。

L2MSマスター(ルーター)とL2MSスレーブ(無線LANアクセスポイント)の対応リビジョンは、 技術資料「L2MS」でご確認ください。

図 構成図

ローミング機能を利用する場合など、複数の無線LANアクセスポイントに同じコンフィグを設定したいことがあります。
本設定例は、L2MSのゼロコンフィグ機能を使用して、ルーターのLAN1インターフェースのポート1とポート2に接続した無線LANアクセスポイントに同じ設定を送信する手順を説明します。
経路は、LAN1インターフェースのポート1を LAN1:1、ポート2を LAN1:2 と表します。

ゼロコンフィグ機能とは、ヤマハルーター(以降、ルーター)内に無線LANアクセスポイントの設定が保存されている場合に、工場出荷状態の無線LANアクセスポイントをルーターと同じネットワークに接続すると、設定が自動的に送信される機能です。複数の無線LANアクセスポイントに同じ設定を行いたいときも、1台ずつ設定を行う必要はありません。管理者は、複数の無線LANアクセスポイントをルーターに接続するだけで、簡単に無線LANアクセスポイントの設定ができます。

技術情報: ゼロコンフィグ機能

無線LANアクセスポイントについて

工場出荷状態の無線LANアクセスポイントでL2MSによりルーターの制御下に入ると、DHCPクライアントとしてIPアドレスを取得します。無線LANアクセスポイントのIPアドレスを設定する場合は、無線LANアクセスポイントのIPアドレスを変更 : Web GUI設定を参照ください。

※無線LANアクセスポイントには電源アダプターが付属されておりませんので、以下のいずれかをご用意いただく必要がございます。

設定手順

本設定例は、以下の流れで設定します。

  1. 事前準備
  2. ルーターの設定
  3. 無線LANアクセスポイントの接続

対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
ルーター RTX1210 RTX1200 RTX830 NVR700W NVR510 コマンド設定例 L2MSマスター機能、
L2MSのゼロコンフィグ機能
無線LANアクセスポイント WLX313 WLX302 L2MSスレーブ機能、
L2MSのゼロコンフィグ機能

事前準備

無線LANアクセスポイントに設定するコンフィグファイルを、ルーターにコピーします。
ファイルをPCからルーターにコピーするために、ここではUSBメモリーとコンソールコマンドを利用する方法を説明します。

この方法の他に、TFTPまたはSFTPを使用してPCからルーターにファイルをコピーすることもできます。
TFTPを使用した方法については、技術資料「RTFS」-「詳細」-「tftpを用いたファイル転送」を参照してください。
SFTPを使用した方法については、技術資料SFTPサーバー機能を参照してください。
  1. PCにUSBメモリーを接続して、無線LANアクセスポイントに設定するコンフィグファイルを、USBメモリーにコピーします。
  2. USBメモリーをPCから取り外し、ルーターに接続します。
    ルーターのUSBランプが点灯します。
  3. ルーターコンソールを開きます。
    [解説]
    ルーターコンソールはシリアルケーブルやtelnetで接続して使用します。
    使用方法については取扱説明書をご参照ください。
  4. 管理者権限でログインし、コマンドでルーターにコピーします。

    copyコマンドを使用します。

    copy (コピー元のファイル) (コピー先のファイル)

    ファイルを指定するパスとして相対パスは利用できません。絶対パスを使用してください。

    USBメモリーのルートディレクトリーから、ルーターの ap_config ディレクトリーに、コンフィグファイルをコピーする場合:

    [ルーターコンソール]
    # copy usb1:/config.txt /ap_config/config.txt
    #
    [解説]
    コンフィグファイルは必ず、ap_config ディレクトリー配下にコピーしてください。
    ap_config ディレクトリーが存在しない場合は、下記のコマンドを実行すると作成できます。
    # make directory ap_config
    copyコマンドの詳細は、こちらをご参照ください。

    USBメモリーの代わりに、microSDメモリーカードを使用することもできます。
    microSDメモリーカードを使用する場合は、「usb1:」に代えて「sd1:」とします。
  5. 無線LANアクセスポイントに設定するコンフィグファイルが、ルーターに正しくコピーされたことを確認します。

    show file listコマンドを使用します。

    [ルーターコンソール]
    # show file list /ap_config
    2013/04/04 15:41:14             624 config.txt
    #
    [解説]
    show file listコマンドの詳細は、こちらをご参照ください

ルーターの設定例

ルーターにコマンドを設定します。

LANポートのIPアドレスの設定 ip lan1 address 192.168.100.1/24
DHCPの設定 dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
無線LANアクセスポイントの設定 switch control use lan1 on
ap select lan1:1
 ap config filename (無線LANアクセスポイントに設定するコンフィグファイル名)
ap select lan1:2
 ap config filename (無線LANアクセスポイントに設定するコンフィグファイル名)

無線LANアクセスポイントの接続

工場出荷状態の無線LANアクセスポイントを、ルーターと同じネットワークに接続します。
コンフィグファイルが自動的に送信されます。

図 説明画像

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。