IP電話の音が途切れる : WLX313

管理番号:YMHAP-18158

このトラブルシューティングの対応機種は、 WLX313です。

インデックス

概要

このトラブルシューティングでは、無線LAN環境にてIP電話を使用の際に、通話の音が途切れる場合の対処方法を提供します。
問題を把握し、該当箇所の説明をお読みいただくことで、問題解決への近道となります。
ご使用の無線端末の設定方法については、取扱説明書などを確認してください。

切り分け手順

見える化ツールを確認し、問題の切り分け作業を行います。
1-1 から順に確認してください。

1-1

見える化ツールの動作モードは、「低」になっていますか?

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 設定 > 動作モード
説明画像

NOの場合は
  1. 周辺のアクセスポイントの検出を行うため、無線通信が途切れていると考えられます。
    こちらをご覧ください。

1-2

見える化ツールの端末一覧表示にて、ご使用の無線端末の信号強度、無線断回数を確認します。
信号強度が濃赤であり、無線断回数が濃赤である場合は、「NG」に進んでください。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 端末情報 > 端末一覧表示
説明画像

NGの場合は
  1. 無線端末とWLX313間の電波状態が悪いことが考えられます。
    こちらをご覧ください。

1-3

見える化ツールの端末一覧表示にて、ご使用の無線端末の信号強度、無線断回数を確認します。
信号強度が黄色であり、無線断回数が濃赤である場合は、「NG」に進んでください。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 端末情報 > 端末一覧表示
説明画像

NGの場合は
  1. 頻繁に発生するローミングが原因と考えられます。
    こちらをご覧ください。

1-4

CRCエラーの発生状況を確認します。
以下の条件をすべて満たしている場合は、「NG」に進んでください。

1.見える化ツールのスナップショットに「使用しているチャンネルのCRCエラーが40%以上になりました」
      または「使用しているチャンネルのCRCエラーが40%を超えています」が記録されている。

2.1.の記録が周期的に発生している。
      ※周期性は、CRCエラー率表示画面やログ一覧表示画面で確認できます。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 無線LAN情報 > 状態表示
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 無線LAN情報 > CRCエラー率表示
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > レポート > ログ一覧表示
説明画像

NGの場合は
  1. CRCエラー率上昇が記録されている時間に電波干渉が発生している可能性があります。
    こちらをご覧ください。

1-5

チャンネルの使用率を確認します。
以下の条件をすべて満たしている場合は、「NG」に進んでください。

1.見える化ツールのスナップショットに「チャンネル使用率が40%以上になりました」
      または「チャンネル使用率が40%を超えています」が記録されている。

2.1.の記録が周期的に発生している。
      ※周期性はチャンネル使用率表示画面やログ一覧表示画面で確認できます。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 無線LAN情報 > 状態表示
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 無線LAN情報 > チャンネル使用率表示
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > レポート > ログ一覧表示
説明画像

NGの場合は
  1. 1-6 にお進みください。
OKの場合は
  1. 1-7 にお進みください。

1-6

見える化ツールの状態表示のスナップショットにて、スループットグラフを確認します。
以下の状態に該当するものがある場合は、「NG」に進み、対応する番号の対処方法を試してください。

1.スループットが高い値(IEEE802.11a/gで20Mbps程度、IEEE802.11nで100Mbps程度、IEEE802.11acで
      500Mbps程度)を示している。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 無線LAN情報 > 状態表示 > 対象ログの「表示」
説明画像

2.スループットが低い値(10Mbps 以下)を示している。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 無線LAN情報 > 状態表示 > 対象ログの「表示」
説明画像

NGの場合は
  1. アクセスの集中を分散することで改善することがあります。
    こちらにお進みください。
  2. 同一チャンネルを使用する、別の無線LANアクセスポイントの影響を受けていることが考えられます。
    こちらにお進みください。

1-7

その他の要因として以下のものが考えられます。対処方法はこちらを試してください。

  1. フレームアグリゲーションにより、待ちが発生している
  2. 通信速度の遅い無線端末の影響を受けている
  3. 無線端末の仕様の問題
  4. 無線端末の性能または設定の問題

トラブル対処方法

この項目では、フローチャートで切り分けた各設問の対処方法を紹介します。

◆2-1 動作モード設定を変更する

動作モードが「高」の場合は4秒ごとに200ミリ秒間、「中」の場合は10秒ごとに100ミリ秒間、無線通信が途切れることがあります。動作モード「低」は、手動で更新する設定です。WLX313の動作モード設定を「低」に変更して、状況が改善するか確認してください。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 設定 > 動作モード
説明画像

◆2-2 電波状態が悪いときの対処方法

◇無線端末またはWLX313を移動する

WLX313の周辺に電波を遮断するコンクリートの壁や柱などの遮蔽物、電波干渉が生じる恐れのある機器があると、通信が不安定になることがあります。無線端末とWLX313の距離を近づけたり、無線端末の向きを変えたりすることで、伝送速度が改善される場合は、WLX313の配置を検討してください。
参考:設置方法とアンテナ選択

◇無線LANアクセスポイントを増設する

WLX313と無線端末の距離が遠いことや遮蔽物によって電波が届きにくい問題は、接続したい無線端末の周辺に別の無線LANアクセスポイントを設置することで改善できます。
ご利用中のWLX313と同名のSSID、セキュリティー設定を行うことでローミング機能をご使用いただけます。無線端末の移動により、接続中のWLX313との通信が途絶えても、他の無線LANアクセスポイントと通信が可能であれば再設定することなく無線LANをご使用いただけます。

無線LANコントローラー機能を使用してアクセスポイントを管理 : WLX313 Web GUI設定」で、ローミング機能の設定を紹介しています。

説明画像

◇無線端末の送信パワー設定を確認する

信号強度が赤・濃赤となる原因として、無線端末の送信パワーが弱いことが挙げられます。このとき、無線端末とWLX313の無線接続が確立していても、通信エラーが頻発してしまい、ユーザーからは接続できていないように見えることがあります。ご使用の無線端末の取扱説明書などを確認いただき、送信パワーを調整する設定項目があれば、送信パワーを上げてください。

◇無線端末の通信性能を確認する

通信速度は無線端末の通信性能に依存します。端末詳細表示画面には、過去の通信で記録したスループットの最大値が表示されています。他の無線端末と比較してみてください。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 端末情報 > 端末一覧表示 > 各端末の「表示」列アイコン
説明画像

◆2-3 ローミングが頻発しているときの対処方法

◇無線端末のローミング設定を変更する

無線端末とWLX313が接続できていても、接続先の無線LANアクセスポイントが頻繁に切り替わり通信が不安定になることがあります。接続する無線LANアクセスポイントを切り替えるタイミングは無線クライアントに依存し、無線LANアクセスポイントでは制御できません。ご使用中の無線端末で、ローミングの積極性を変更できるようであれば、ローミングの積極性を低く設定してください。

◇無線端末を移動する

無線端末の位置を変えてみて、状況が改善するか確認してください。

◆2-4 電波干渉が発生しているときの対処方法

CRCエラー率の上昇が記録されている時間に電波干渉が発生している可能性があります。エラー発生時間に周期性がある場合、その時間に電波干渉する原因が周囲にないか確認してください。
例)昼休みに電子レンジを使用すると、CRCエラー率が高くなり接続できないことがある。

◇チャンネルを変更する

同一チャンネルを使用している無線LANアクセスポイントや、周波数が重なる電波を出す電化製品により、電波干渉が発生している場合があります。電波干渉が起こらない他のチャンネルに変更して、状況が改善するか確認してください。
チャンネルを変更する場合、チャンネル使用状況を確認して、利用の少ないチャンネルから評価することをお勧めします。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 無線LAN情報 > チャンネル使用状況表示
説明画像

以下の設定画面で、チャンネルの設定を行うことができます。
※初期設定の「自動」は、起動時、もしくは設定変更時に他の無線LANアクセスポイントとの電波干渉が少ないと考えられるチャンネルを自動的に選択する設定です。通常は「自動」を選択していただき、特定のチャンネルを選択したいときにチャンネルを変更してください。
※設定変更後は必ず、設定送信 を実行してください。

1.WLX313 Web GUI TOPページ > 無線設定 > 共通 > 基本無線設定
説明画像

◆2-5 アクセスが集中しているときの対処方法

チャンネル使用率の上昇が記録されている時間に、WLX313に接続している無線端末の通信量が増えている可能性があります。チャンネル使用率の上昇が記録される時間に周期性がある場合、その時間にアクセスが集中する原因があります。
例)出勤時や昼休みにアクセスが急増することで、チャンネル使用率が高くなりつながらなくなる。

◇無線端末を他の無線LANアクセスポイントに分散する / 無線LANアクセスポイントを増設する

スループットが高い状態は、WLX313の通信量が多いときに起こります。通信量が多いということは、WLX313に接続している無線端末の合計通信量が増えていることになります。ひとつの無線LANアクセスポイントに無線端末の接続が集中している場合は、無線LANアクセスポイントを増設するなど、他の無線LANアクセスポイントに無線端末の接続を分散することで改善されます。

◇MACアドレスフィルタリングを使用して接続する無線端末を制限する

MACアドレスフィルタリングを使用することで、特定の無線端末だけを接続できるようになります。登録していない無線端末は接続できないため、接続端末数の増加が原因による通信負荷を防ぐことができます。ネットワークに接続する無線端末があらかじめ決定している場合にご使用いただけます。

MACアドレスフィルタリングを使用して無線端末を制限 : 無線LANアクセスポイント Web GUI設定」で、MACアドレスフィルタリング機能の設定を紹介しています。

◇無線端末の接続数を制限して通信負荷を軽減する
1.最大ステーション数を変更する

接続端末数が多いと無線端末の同時通信による帯域分割が頻繁に発生します。あらかじめ、接続可能な端末数を通信負荷に応じて制限すると改善します。
※設定変更後は必ず、設定送信 を実行してください。

WLX313 Web GUI TOPページ > 無線設定 > 共通 > 2.4GHz 詳細
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 無線設定 > 共通 > 5GHz(1) 詳細
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 無線設定 > 共通 > 5GHz(2) 詳細
説明画像

2.接続端末数を確認する

接続端末数を以下の画面で確認できます。SSID:YAMAHA-1に3台、SSID:YAMAHA-2に3台、計6台接続されている例です。

WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 端末情報 > 端末一覧表示
説明画像

◆2-6 その他の対処方法

◇フレームアグリゲーションにより、待ちが発生している

フレームアグリゲーションとは、複数のフレームを連結して送信する機能です。データの高速なやりとりが期待できます。一方で、無線チャンネルの占有時間が長くなり、待ちが発生する(通話が途切れる)可能性があります。フレームアグリゲーションを無効化して、状況が改善するか確認してください。
※設定変更後は必ず、設定送信 を実行してください。

WLX313 Web GUI TOPページ > 無線設定 > 共通 > 2.4GHz 詳細
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 無線設定 > 共通 > 5GHz(1) 詳細
説明画像

WLX313 Web GUI TOPページ > 無線設定 > 共通 > 5GHz(2) 詳細
説明画像

◇通信速度の遅い無線端末の影響を受けている

見える化ツール > 端末一覧 の信号強度や伝送速度が赤色または濃赤色で表示されている無線端末を、別の無線LANアクセスポイントに接続することで、状況が改善することがあります。MACアドレスフィルタリングを使用すると、無線LANアクセスポイントごとに接続する無線端末を制限できます。
MACアドレスフィルタリングを使用して無線端末を制限 : 無線LANアクセスポイント Web GUI設定」で、MACアドレスフィルタリング機能の設定を紹介しています。

◇無線端末の仕様の問題

通信が遅い無線端末の暗号化方式がTKIPだけ対応の場合、IEEE802.11nの設定でも最大伝送速度が54Mbpsになってしまいます。このように無線端末の対応状況や仕様によっては、通信が想定より遅くなることがあります。無線端末の取扱説明書などを確認してください。

◇無線端末の性能または設定の問題

無線端末の性能または設定の問題により、通信が遅いことがあります。

  1. 見える化ツールの端末一覧から、対象無線端末の詳細を表示し、最大スループットを確認します。
WLX313 Web GUI TOPページ > 見える化ツール > 端末情報 > 端末一覧表示 > 各端末の「表示」列アイコン
説明画像
  1. WLX313に対象の無線端末を1台だけ接続した状態でスループット(単位時間当たりの転送量)を測定します。

※スループットの測定には、一般の測定ツールを使用してください。
    使用方法については、ご使用の測定ツールのマニュアルなどをご覧ください。

  1. 無線端末の無線LANドライバーの設定を確認します。

一例として、以下のような設定になっている場合、期待するスループットが出ないことがあります。

  1. 40MHzチャンネル幅非互換が有効になっている。
  2. 2.4GHz用802.11nチャンネル幅、もしくは5GHz用802.11nチャンネル幅が20MHzに設定されている。
それでも問題が解決しない場合は、サポート窓口までご相談ください。
その際、ご使用のOSの製品名とバージョン、無線カードとそのドライバーのバージョンをご確認の上、ご連絡ください。