無線LANアクセスポイント

WLX302生産完了品

  • 希望小売価格:オープン価格
  • JANコード:49 60693 23707 6

小規模なオフィスや店舗などに最適な無線LANアクセスポイント


  • 無線LANの「見える化」機能
  • 無線LANコントローラー機能でお手軽管理
  • ヤマハルーターによる集中管理
  • デュアルバンド対応による高速かつ安定的な無線LAN接続
  • Web GUIによる わかりやすい設定画面に加え、ネットワーク管理機能を搭載
  • ※製品の色は実際の色と若干異なる場合があります。
 

Q1   無線LANの基本的な設定方法を教えてください。

  
WLX302の無線LANの基本設定は、以下をご覧ください。
    WLX302 無線設定ガイド(PDF)

Windows7の設定方法は、以下をご覧ください。
    無線端末を設定(WPA/WPA2パーソナル) : Windows7
    無線端末を設定(WPA/WPA2エンタープライズ) : Windows7



Q2   複数のWLX302のWeb設定画面に簡単にアクセスする方法はありませんか?

  
L2MSを利用すると、ルーターのスイッチ制御画面からWLX302のWeb設定画面にアクセスできます。
詳しくはこちらをご覧ください。
図 Q2



Q3   無線端末がどのWLX302と接続しているか知りたいのですが、方法はありますか?

  
L2MSのホスト検索をご利用いただければ、無線端末が接続しているWLX302を探し出すことができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
図 Q3



Q4   WLX302の設定を以前の状態に復元する方法はありますか?

  
TFTPを使用してPCからWLX302へコンフィグファイルをコピーすることで以前の状態へ復元できます。
また、RT連携機能を利用すると、ルーターのWeb設定画面からWLX302のコンフィグのバックアップおよび復元を簡単に行うことができます。

TFTPを使用する方法についてはこちらをご覧ください。
コンフィグのバックアップ方法はこちらをご覧ください。
コンフィグの復元方法はこちらをご覧ください。
図 Q4



Q5   WLX302を入れ替えた場合に元通りの設定に復帰させることができますか?

  
TFTPを使用して、事前にWLX302のコンフィグをPCにコピーしておき、WLX302を交換した後、PCからWLX302へコンフィグファイルをコピーすることで、交換後のWLX302にも以前のコンフィグを復元することができます。
また、RT連携機能を利用すると、WLX302のコンフィグのバックアップ、および交換後のWLX302へコンフィグの復元を簡単に行うことができます。WLX302のコンフィグをバックアップするとき、ルーターからWLX302への経路を指定してファイルを保存します。交換後のWLX302へのコンフィグの復元にはゼロコンフィグ機能を使用します。

TFTPを使用する方法についてはこちらをご覧ください。
コンフィグのバックアップ方法(経路指定)はこちらをご覧ください。
ゼロコンフィグ機能はこちらをご覧ください。
図 Q5



Q6   WLX302を複数台購入しました。設定は一台ずつ行わなければならないのでしょうか?

  
ゼロコンフィグ機能を利用して、ルーターに接続したWLX302の設定を自動的に行うことができます。複数のWLX302に別々の設定を同時に行うことも、複数のWLX302に同じ設定を同時に行うこともできます。
詳しくは、こちらをご覧ください。
図 Q6



Q7   RADIUS認証で使用するユーザーをすべてのWLX302に設定する必要がありますか?

  
認証方式にWPA/WPA2エンタープライズをご使用になれば、RADIUSサーバーでユーザーを一元管理することができます。WLX302には、簡易RADIUSサーバー機能が搭載されていますので、RADIUSサーバーを別途用意しなくても、ユーザーの認証と管理を行うことができます。
詳しくは、こちらをご覧ください。
図 Q7



Q8   「無線LANに接続できません」 「無線LANの通信が不安定です」

  
トラブルシューティングをご用意しております。
「無線LANに接続できない、うまく設定できない」など無線による通信ができない場合は、こちらをご覧ください。
「無線LANの通信が不安定、頻繁に通信が切断される」などの症状の場合は、こちらをご覧ください。



Q9   GUIの推奨ブラウザーを教えてください。

  
GUIの推奨ブラウザーは、以下をご覧ください。
    ヤマハネットワーク製品 Web GUI のWebブラウザー対応状況



その他、こちらもご参照ください。