WPA2エンタープライズを使用した無線ネットワークを設定(EAP-PEAP / 簡易RADIUSサーバー機能 + RADIUSクライアント) : RTX1200 + WLX302 Web GUI設定

本設定例は、以下の機種に対応しています。

対応機種: RTX1200 WLX302

図 簡易RADIUSサーバー機能を使用して無線端末を認証する 構成図

簡易RADIUSサーバー機能を使用して、それぞれのWLX302に接続した無線端末の認証を一方のWLX302で行う設定例です。簡易RADIUSサーバーを使用した無線端末の認証を行うために、認証方式はWPA/WPA2エンタープライズを選択します。

複数台のWLX302を使用する場合、1台のWLX302で簡易RADIUSサーバーを有効にし、ユーザー管理を行うことで、管理者の手間を減らすことができます。また、ユーザー管理を1箇所で行いますので、登録ユーザー情報の更新漏れや削除漏れなどセキュリティ上のリスクを減らす効果も考えられます。

本設定例では、2.4GHzの周波数帯を利用する場合を紹介しています。5GHzの周波数帯を利用する場合も同様の手順で設定を行うことができます。

技術情報:簡易RADIUSサーバー

WLX302をお買い上げいただいた状態、または cold start コマンドを実行した直後の状態では、工場出荷設定として LANポートのIPアドレスが 192.168.100.240 に設定されています。WLX302が工場出荷状態でRT連携によりルーターの制御下に入ると、LANポートのIPアドレスはDHCPクライアントとしてIPアドレスを取得する設定に自動的に変更されますのでご注意ください。
WLX302のIPアドレスを設定する場合はこちらを参照ください。

※WLX302には電源アダプタが付属されておりませんので、SWX2200-8PoE または、電源アダプタをご用意いただく必要がございます。

RTX1200の設定例

RT連携機能の設定

1.設定画面を開きます。
(1) RTX1200の電源が入っていることを確認します。
(2) RTX1200のLAN1に接続されているパソコンでWebブラウザを起動して「ファイル」メニューから「開く」を選びます。
(3) インターネットアドレスに「http://192.168.100.1/」と半角英字で入力してから、「OK」をクリックします。
(4) パスワード入力画面が現れたら、「OK」をクリックします。

図 RTX1200 ログイン認証画面

2.RTX1200の設定画面のトップページが表示されます。「管理者向けトップページへ」をクリックします。

図 RTX1200 トップページ

3.パスワード入力画面が現れたら、「OK」をクリックします。

図 RTX1200 管理者認証画面

4.管理者向けトップページが表示されたら「スイッチ連携機能」の「スイッチ制御」をクリックします。

図 RTX1200 管理者向けトップページ

5.「スイッチの管理」項目の「設定」をクリックします。

図 スイッチ制御 1

6.「LAN1」の「使用する」を選択して、「確認」をクリックします。

図 スイッチ制御 2

7.設定内容を確認して、よろしければ「登録」をクリックします。

図 スイッチ制御 3

8.WLX302本体の SLAVE ランプが点灯し、連携機能が動作したことを確認できます。「メイン画面に戻る」をクリックします。引き続き、スイッチ制御画面からWLX302(1)のIPアドレスの設定を行います。

図 スイッチ制御 4

WLX302(1)の設定例

WLX302のIPアドレスを変更する

1.LAN1インターフェースの「実行」をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 1

2.トポロジー画面が表示されます。RTX1200のアイコンをクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 2

3.RTX1200の詳細表示に切り替わります。RTX1200の筐体部分をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 3

4.「スイッチの管理情報」画面が表示されます。「APの管理情報」項目で、1つ目のWLX302のIPアドレス欄にある「変更」をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 4

5.IPアドレス欄の「固定のアドレスを設定する」を選択後、「192.168.100.200/24」 を入力して「設定」をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 5

6.IPアドレスが設定されます。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 6

RADIUSサーバーを設定する

1.「スイッチの管理情報」画面を閉じてトポロジー画面に戻ります。1つ目のWLX302のアイコンをクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 1

2.WLX302の詳細表示に切り替わります。WLX302の筐体部分をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 2

3.WLX302の設定画面のトップページが表示されます。「無線設定」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 3

4.「2.4GHz 基本」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 4

5.必要な設定を選択し、「設定」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 5

6. 2.4GHz帯の基本設定は完了です。

図 RADIUSサーバーを設定する 6

7.「SSID 管理」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 7

8.「追加」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 8

9.「VAP1 設定」に必要事項を入力し、「設定」をクリックします。「認証方式」には「WPA-EAP/WPA2-EAP」を選択してください。選択すると「プライマリRADIUSサーバー」以下の項目が表示されます。

図 RADIUSサーバーを設定する 9

10.SSIDが設定されます。

図 RADIUSサーバーを設定する 10

11.「拡張機能」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 11

12.「RADIUSサーバー」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 12

13.「サーバー設定」項目の「RADIUSサーバー機能」に「使用する」を選択して「設定」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 13

14.RADIUSサーバー機能が動作します。

図 RADIUSサーバーを設定する 14

15.「クライアント一覧」項目の「追加」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 15

16.「クライアントの情報」に必要事項を入力し、「設定」をクリックします。本設定例では、クライアントとしてWLX302(2)を設定しますのでIPアドレスにWLX302(2)のIPアドレスを入力します。

図 RADIUSサーバーを設定する 16

17.クライアントが追加されました。

図 RADIUSサーバーを設定する 17

18.「ユーザー管理」項目の「追加」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 18

19.「ユーザー情報」に必要事項を入力し、「設定」をクリックします。

図 RADIUSサーバーを設定する 19

20.ユーザーが追加されました。

図 RADIUSサーバーを設定する 20

WLX302(2)の設定例

WLX302のIPアドレスを変更する

1.RTX1200の「RT連携機能の設定」を行ったあとに、LAN1インターフェースの「実行」をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 1

2.トポロジー画面が表示されます。RTX1200のアイコンをクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 2

3.RTX1200の詳細表示に切り替わります。RTX1200の筐体部分をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 3

4.「スイッチの管理情報」画面に戻ります。「APの管理情報」項目で、2つ目のWLX302のIPアドレス欄にある「変更」をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 4

5.IPアドレス欄の「固定のアドレスを設定する」を選択後、「192.168.100.201/24」を入力して「設定」をクリックします。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 5

6.IPアドレスが設定されます。

図 WLX302のIPアドレスを変更する 6

RADIUSクライアントを設定する

1.「スイッチの管理情報」画面を閉じてトポロジー画面に戻ります。2つ目のWLX302のアイコンをクリックします。

図 RADIUSクライアントを設定する 1

2.WLX302の詳細表示に切り替わります。WLX302の筐体部分をクリックします。

図 RADIUSクライアントを設定する 2

3.WLX302の設定画面のトップページが表示されます。「無線設定」をクリックします。

図 RADIUSクライアントを設定する 3

4.「2.4GHz 基本」をクリックします。

図 RADIUSクライアントを設定する 4

5.必要な設定を選択し、「設定」をクリックします。

図 RADIUSクライアントを設定する 5

6. 2.4GHz帯の基本設定は完了です。

図 RADIUSクライアントを設定する 6

7.「SSID 管理」をクリックします。

図 RADIUSクライアントを設定する 7

8.「追加」をクリックします。

図 RADIUSクライアントを設定する 8

9.「VAP1 設定」に必要事項を入力し、「設定」をクリックします。「認証方式」には「WPA-EAP/WPA2-EAP」を選択してください。選択すると「プライマリRADIUSサーバー」以下の項目が表示されます。
本設定例では、外部のRADIUSサーバーのアドレスは、WLX302(1)のIPアドレスを入力します。RADIUSシークレットは、本ページの「RADIUSサーバーを設定する」の 16. で設定したシークレットを入力してください。

図 RADIUSクライアントを設定する 9

10.SSIDが設定されます。

図 RADIUSクライアントを設定する 10

無線端末の接続設定

Windows 7 の接続設定はこちらをご覧ください。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。