L2TP/IPsecを使用したリモートアクセス : ルーター コマンド設定

本設定例では、L2TP/IPsecトンネル機能を使用しています。

L2TP/IPsecトンネル機能(NATトラバーサル使用)の対応機種は、RTX5000RTX3500RTX1210RTX1200(Rev.10.01.36以降)、RTX830RTX810(Rev.11.01.06以降)、NVR700WNVR510(Rev.15.01.03以降)、NVR500(Rev.11.00.38以降)、FWX120です。

本設定例では、特定のL2TPクライアント(アドレス固定)の接続を受け付ける場合と、複数のL2TPクライアント(アドレス不定)の接続を受け付ける場合の2通りの方法をご紹介します。

本機能の対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
特定のL2TPクライアント
(アドレス固定)の接続を受け付ける場合
RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 コマンド設定例  
複数のL2TPクライアント
(アドレス不定)の接続を受け付ける場合
RTX5000 RTX3500 RTX1210 RTX1200 RTX830 RTX810 NVR700W NVR510 NVR500 コマンド設定例  

光回線に接続するためには、別途ONUが必要です。
NVR700WとNVR510は、本体のONUポートに小型ONUを装着することで、光回線に接続できます。

ルーターの設定例:特定のL2TPクライアント(アドレス固定)の接続を受け付ける場合

  • L2TPクライアント情報
    • IPアドレス : 固定
    • IPsec事前共有鍵 : (事前共有鍵)
    • PPP認証のユーザー名 : (PPPユーザー名1)
    • PPP認証のパスワード : (PPPパスワード1)
  • ヤマハルーターのプライベートアドレス : 192.168.100.1
  • L2TPクライアントへ配布するIPアドレス : 192.168.100.10
  • L2TPに関連した設定
    • L2TPトンネル認証 : 無し
    • L2TPキープアライブ : 使用する インターバル10秒 ダウン検出までのカウント3回
    • L2TPキープアライブのログ出力 : 有り
    • L2TPトンネルの切断タイマ : 切断タイマを設定しない
    • L2TPのコネクション制御に関するログ出力 : 有り

L2TP/IPsecを用いてインターネット越しにヤマハルーターのプライベートネットワークへ接続する場合の設定例を、以下に示します。

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

ゲートウェイの設定 ip route default gateway pp 1
LANインターフェースの設定 ip lan1 address 192.168.100.1/24
ip lan1 proxyarp on
WANインターフェースの設定 pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPに接続するID) (ISPに接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
ip pp mtu 1454
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
L2TP接続を受け入れるための設定 pp select 2
pp bind tunnel1
pp auth request chap-pap
pp auth username (PPPユーザー名1) (PPPパスワード1)
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp remote address 192.168.100.10
ip pp mtu 1258
pp enable 2
L2TP接続で使用するトンネルの設定 tunnel select 1
tunnel encapsulation l2tp
tunnel endpoint address (L2TPクライアントのIPアドレス)
ipsec tunnel 101
ipsec sa policy 101 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 1 off
ipsec ike local address 1 192.168.100.1
ipsec ike nat-traversal 1 on # 注釈1
ipsec ike pre-shared-key 1 text (事前共有鍵)
ipsec ike remote address 1 (L2TPクライアントのIPアドレス)
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1
NATの設定 nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 ipcp
nat descriptor address inner 1 auto
nat descriptor masquerade static 1 1 192.168.100.1 esp # 注釈2
nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.100.1 udp 500 # 注釈2
nat descriptor masquerade static 1 3 192.168.100.1 udp 4500 # 注釈3
IPsecのトランスポートモード設定 ipsec transport 1 101 udp 1701
ipsec auto refresh on
DNSの設定 dns server (ISPから指定されたDNSサーバーのIPアドレス)
dns private address spoof on
L2TPの設定 l2tp service on

※プロバイダー接続用のPPインターフェースにフィルターを設定している場合には、以下のフィルター設定を追加する必要があります。
環境に応じて適切な設定を追加してください。
pp select 1
ip pp secure filter in ... 200080 200081 200082 200083 ...
ip filter 200080 pass * 192.168.100.1 esp * *
ip filter 200081 pass * 192.168.100.1 udp * 500
ip filter 200082 pass * 192.168.100.1 udp * 4500
ip filter 200083 pass * 192.168.100.1 udp * 1701

[注釈の説明]

注釈1:
プライベートアドレスが割り振られる場合にはNATトラバーサルの設定が必要になります。

注釈2:
VPN(IPsec)に関係するパケットを通過させる設定です。

注釈3:
VPN(IPsec:NATトラバーサル機能を使用時)に関係するパケットを通過させる設定です。

ルーターの設定例:複数のL2TPクライアント(アドレス不定)の接続を受け付ける場合

  • L2TPクライアント情報 (クライアントA)
    • IPアドレス : 不定
    • IPsec事前共有鍵 : (事前共有鍵)
    • PPP認証のユーザー名 : (PPPユーザー名1)
    • PPP認証のパスワード : (PPPパスワード1)
  • L2TPクライアント情報 (クライアントB)
    • IPアドレス : 不定
    • IPsec事前共有鍵 : (事前共有鍵)
    • PPP認証のユーザー名 : (PPPユーザー名2)
    • PPP認証のパスワード : (PPPパスワード2)
  • L2TPクライアント情報 (クライアントC)
    • IPアドレス : 不定
    • IPsec事前共有鍵 : (事前共有鍵)
    • PPP認証のユーザー名 : (PPPユーザー名3)
    • PPP認証のパスワード : (PPPパスワード3)

※アドレス不定の複数のL2TPクライアントから接続を受け付ける場合には、IPsec事前共有鍵が統一されている必要があります。

  • ヤマハルーターのプライベートアドレス : 192.168.100.1
  • L2TPクライアントへ配布するIPアドレス範囲 : 192.168.100.10-192.168.100.20/24
  • L2TPに関連した設定
    • L2TPトンネル認証 : 無し
    • L2TPキープアライブ : 使用する インターバル10秒 ダウン検出までのカウント3回
    • L2TPキープアライブのログ出力 : 有り
    • L2TPトンネルの切断タイマ : 切断タイマを設定しない
    • L2TPのコネクション制御に関するログ出力 : 有り

L2TP/IPsecを用いてインターネット越しにヤマハルーターのプライベートネットワークへ接続する場合の設定例を、以下に示します。

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

ゲートウェイの設定 ip route default gateway pp 1
LANインターフェースの設定 ip lan1 address 192.168.100.1/24
ip lan1 proxyarp on
WANインターフェースの設定 pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPに接続するID) (ISPに接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
ip pp mtu 1454
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
L2TP接続を受け入れるための設定 pp select anonymous
pp bind tunnel1 tunnel2 tunnel3
pp auth request chap-pap
pp auth username (PPPユーザー名1) (PPPパスワード1)
pp auth username (PPPユーザー名2) (PPPパスワード2)
pp auth username (PPPユーザー名3) (PPPパスワード3)
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp remote address pool 192.168.100.10-192.168.100.20
ip pp mtu 1258
pp enable anonymous
L2TP接続で使用するトンネル1の設定 tunnel select 1
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 101
ipsec sa policy 101 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 1 off
ipsec ike local address 1 192.168.100.1
ipsec ike nat-traversal 1 on # 注釈1
ipsec ike pre-shared-key 1 text (事前共有鍵)
ipsec ike remote address 1 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1
L2TP接続で使用するトンネル2の設定 tunnel select 2
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 102
ipsec sa policy 102 2 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 2 off
ipsec ike local address 2 192.168.100.1
ipsec ike nat-traversal 2 on # 注釈1
ipsec ike pre-shared-key 2 text (事前共有鍵)
ipsec ike remote address 2 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 2
L2TP接続で使用するトンネル3の設定 tunnel select 3
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 103
ipsec sa policy 103 3 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 3 off
ipsec ike local address 3 192.168.100.1
ipsec ike nat-traversal 3 on # 注釈1
ipsec ike pre-shared-key 3 text (事前共有鍵)
ipsec ike remote address 3 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 3
NATの設定 nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 ipcp
nat descriptor address inner 1 auto
nat descriptor masquerade static 1 1 192.168.100.1 esp # 注釈2
nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.100.1 udp 500 # 注釈2
nat descriptor masquerade static 1 3 192.168.100.1 udp 4500 # 注釈3
IPsecのトランスポートモード設定 ipsec transport 1 101 udp 1701
ipsec transport 2 102 udp 1701
ipsec transport 3 103 udp 1701
ipsec auto refresh on
DNSの設定 dns server (ISPから指定されたDNSサーバーのIPアドレス)
dns private address spoof on
L2TPの設定 l2tp service on

※プロバイダー接続用のPPインターフェースにフィルターを設定している場合には、以下のフィルター設定を追加する必要があります。
環境に応じて適切な設定を追加してください。
pp select 1
ip pp secure filter in ... 200080 200081 200082 200083 ...
ip filter 200080 pass * 192.168.100.1 esp * *
ip filter 200081 pass * 192.168.100.1 udp * 500
ip filter 200082 pass * 192.168.100.1 udp * 4500
ip filter 200083 pass * 192.168.100.1 udp * 1701

[注釈の説明]

注釈1:
プライベートアドレスが割り振られる場合にはNATトラバーサルの設定が必要になります。

注釈2:
VPN(IPsec)に関係するパケットを通過させる設定です。

注釈3:
VPN(IPsec:NATトラバーサル機能を使用時)に関係するパケットを通過させる設定です。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。