VPN接続先との通信 (YMS-VPN8ソフトウェアライセンス版 + RADIUSサーバーによるユーザー認証) : コマンド設定

管理番号:YMHRT-23374

本設定例では、L2TP/IPsecを用いたリモートアクセスVPN機能(以降、リモートアクセスVPN機能)とYMS-VPN8ソフトウェアライセンス版、RADIUSサーバー機能を使用しています。

リモートアクセスVPN機能の対応機種は、RTX5000(Rev.14.00.12以降)、RTX3500(Rev.14.00.12以降)、RTX1220RTX830(Rev.11.01.21以降)、NVR700WNVR510(Rev.15.01.03以降)、NVR500(Rev.11.00.38以降)、FWX120(Rev.11.03.08以降)、vRXです。

YMS-VPN8ソフトウェアライセンス版の対応機種は、 RTX5000 (Rev.14.00.12以降)、 RTX3500 (Rev.14.00.12以降)、 RTX1220RTX830 (Rev.11.01.19以降)、 NVR700WNVR510 (Rev.15.01.03以降)、 NVR500 (Rev.11.00.38以降)、 FWX120 (Rev.11.03.08以降)、 vRXです。

RADIUSサーバー機能の対応機種は、SWX3220シリーズSWX3200シリーズ(Rev.4.00.16以降)、SWX3100シリーズ(Rev.4.01.21以降)、SWX2322PシリーズSWX2320シリーズSWX2310Pシリーズ(Rev.2.02.15以降)、SWX2310シリーズ(Rev.2.04.02以降)です。

YMS-VPN8 基本構成

外出先PCから社内ネットワークへ、L2TP/IPsec によるVPN接続をする設定例です。
本設定例では、以下を使用することで、より安全なリモートアクセス環境を構築します。

  • 外出先PCには、YMS-VPN8ソフトウェアライセンス版 をインストールする
  • 外出先PCから社内ネットワークへの接続は、RADIUSサーバーによるユーザー認証をする
    ※YMS-VPN8ソフトウェアライセンス版でRADIUS認証を使用する際は、証明書を使用した認証方式は使用できません。

本設定例は、RADIUSサーバーにクライアント情報として次の内容を設定しています。
※アドレス不定の複数のL2TPクライアントから接続を受け付ける場合、IPsec事前共有鍵は統一する必要があります。

  • L2TPクライアント情報 (クライアントA)
    • IPアドレス : 不定
    • IPsec事前共有鍵 : (事前共有鍵)
    • ユーザー名 : user1
    • パスワード : password1
    • 認証方式 :PAP
  • L2TPクライアント情報 (クライアントB)
    • IPアドレス : 不定
    • IPsec事前共有鍵 : (事前共有鍵)
    • ユーザー名 : user2
    • パスワード : password2
    • 認証方式 :PAP
  • L2TPクライアント情報 (クライアントC)
    • IPアドレス : 不定
    • IPsec事前共有鍵 : (事前共有鍵)
    • ユーザー名 : user3
    • パスワード : password3
    • 認証方式 :PAP
  • L2TPクライアントへ配布するIPアドレス範囲 : 192.168.100.200-192.168.100.210/24

光回線に接続するためには、別途ONUが必要です。
NVR700WとNVR510は、本体のONUポートに小型ONUを装着することで、光回線に接続できます。

本機能の対応機種のうち、設定例を掲載している機種は、以下のとおりです。

機種 掲載内容 備考
本社 RTX5000 RTX3500 RTX1220 RTX830 NVR700W NVR510 NVR500 コマンド設定例 リモートアクセスVPN機能を使用
SWX3220 SWX3200 SWX3100 SWX2322P SWX2320 SWX2310P SWX2310 コマンド設定例 RADIUSサーバー機能を使用
外出先 PC PC(YMS-VPN8ソフトウェアライセンス版) VPNクライアント設定例  

外出先 PC

YMS-VPN8ソフトウェアライセンス版を使用して、L2TP/IPsecによるVPN接続を行います。
接続設定を開いて、以下の設定を行ってください。

[YMS-VPN8ソフトウェアライセンス版の設定]

接続設定画面
設定名 任意の名前を設定します。
事前共有鍵 ルーターの ipsec ike pre-shared-key コマンドの「事前共有鍵」に合わせます。
接続先 IPアドレスで指定を選択し、ルーターの「固定グローバルIPアドレス」を入力します。
認証方式 「PAP」を選択します。
インターネット接続 経路を選択します。
  チェックON : VPN経由で接続
  チェックOFF : 直接接続
ユーザー名、パスワード RADIUSサーバーに登録した、「ユーザー名、パスワード」に合わせます。

本社 ルーター

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

ゲートウェイの設定 ip route default gateway pp 1
LANインターフェースの設定 ip lan1 address 192.168.100.1/24
ip lan1 proxyarp on
WANインターフェースの設定 pp select 1
pp always-on on
pppoe use lan2
pp auth accept pap chap
pp auth myname (ISPに接続するID) (ISPに接続するパスワード)
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp msext on
ppp ccp type none
ip pp address (固定グローバルIPアドレス)
ip pp mtu 1454
ip pp secure filter in 1020 1030 1040 1041 1042 2000
ip pp secure filter out 1010 1011 1012 1013 1014 1015 3000 dynamic 100 101 102 103 104 105 106 107
ip pp nat descriptor 1
pp enable 1
L2TP接続を受け入れるための設定 pp select anonymous
pp bind tunnel1-tunnel3
pp auth request pap
ppp ipcp ipaddress on
ppp ipcp msext on
ip pp remote address pool 192.168.100.200-192.168.100.210
ip pp mtu 1258
pp enable anonymous
l2tp service on
L2TP接続で使用するトンネル1の設定 tunnel select 1
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 101
ipsec sa policy 101 1 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 1 off
ipsec ike local address 1 192.168.100.1
ipsec ike nat-traversal 1 on
ipsec ike pre-shared-key 1 text (事前共有鍵)
ipsec ike remote address 1 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1
L2TP接続で使用するトンネル2の設定 tunnel select 2
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 102
ipsec sa policy 102 2 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 2 off
ipsec ike local address 2 192.168.100.1
ipsec ike nat-traversal 2 on
ipsec ike pre-shared-key 2 text (事前共有鍵)
ipsec ike remote address 2 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 2
L2TP接続で使用するトンネル3の設定 tunnel select 3
tunnel encapsulation l2tp
ipsec tunnel 103
ipsec sa policy 103 3 esp aes-cbc sha-hmac
ipsec ike keepalive use 3 off
ipsec ike local address 3 192.168.100.1
ipsec ike nat-traversal 3 on
ipsec ike pre-shared-key 3 text (事前共有鍵)
ipsec ike remote address 3 any
l2tp tunnel disconnect time off
l2tp keepalive use on 10 3
l2tp keepalive log on
l2tp syslog on
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 3
IPsecのトランスポートモード設定 ipsec transport 1 101 udp 1701
ipsec transport 2 102 udp 1701
ipsec transport 3 103 udp 1701
ipsec auto refresh on
フィルターの設定 ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip filter 1010 reject * * udp,tcp 135 *
ip filter 1011 reject * * udp,tcp * 135
ip filter 1012 reject * * udp,tcp netbios_ns-netbios_ssn *
ip filter 1013 reject * * udp,tcp * netbios_ns-netbios_ssn
ip filter 1014 reject * * udp,tcp 445 *
ip filter 1015 reject * * udp,tcp * 445
ip filter 1020 reject 192.168.100.0/24 *
ip filter 1030 pass * 192.168.100.0/24 icmp
ip filter 1040 pass * 192.168.100.1 udp * 500 # 注釈1
ip filter 1041 pass * 192.168.100.1 udp * 4500 # 注釈2
ip filter 1042 pass * 192.168.100.1 esp # 注釈1
ip filter 2000 reject * *
ip filter 3000 pass * *
ip filter dynamic 100 * * ftp
ip filter dynamic 101 * * www
ip filter dynamic 102 * * domain
ip filter dynamic 103 * * smtp
ip filter dynamic 104 * * pop3
ip filter dynamic 105 * * submission
ip filter dynamic 106 * * tcp
ip filter dynamic 107 * * udp
NATの設定 nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor masquerade static 1 1 192.168.100.1 esp # 注釈1
nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.100.1 udp 500 # 注釈1
nat descriptor masquerade static 1 3 192.168.100.1 udp 4500 # 注釈2
RADIUSサーバーの設定 radius auth on
radius auth port 1812
radius server (192.168.100.240)
radius secret (RADIUSシークレット)
DHCPの設定 dhcp scope 1 192.168.100.2-192.168.100.191/24
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp service server
DNSの設定 dns server (ISPから指定されたDNSサーバーのIPアドレス)
dns private address spoof on

本社 RADIUSサーバー

※ネットワーク機器を安全にお使いいただくために、管理パスワードの変更を奨励します。

下記の設定(Config)を取り出すことができます。
※RADIUSサーバーに関しては、一部の設定だけ確認できます。

RADIUSサーバーの設定   interface vlan1
    ip address (192.168.100.240/24)
    exit
  crypto pki generate ca
  y
  ! # 注釈3
  radius-server local-profile
    nas 192.168.100.1 key (RADIUSシークレット)
    user user1 password1 auth pap
    user user2 password2 auth pap
    user user3 password3 auth pap
    ! # 注釈4
    exit
  radius-server local interface vlan1
  radius-server local enable
  exit
radius-server local refresh

[注釈の説明]

注釈1:
VPN(IPsec)に関係するパケットを通過させる設定です。

注釈2:
VPN(IPsec:NATトラバーサル機能を使用時)に関係するパケットを通過させる設定です。

注釈3:
ルート認証局の作成を確認するためのコマンドです。

注釈4:
認証するクライアントのユーザー名、パスワードを設定するためのコマンドです。

【ご注意】
本設定例は、設定の参考例を示したもので、動作を保証するものではございません。
ご利用いただく際には、十分に評価・検証を実施してください。

メール

ご相談・お問い合わせ